ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

原ウィルス株の変異について何を思うのか。

2021-01-29 18:44:15 | フクロモモンガ・その他

こんばんわ(*´ω`*)

ちょっと気になったことがあって眠れない夜を過ごしたちゃむです。
みなさまは、良眠されていますか(´ω`*)

しっかり睡眠をとり、しっかり食べる事、そして程度に運動する健康に過ごすための三原則ですよね。

気になったこと。
それは、コロナウィルスの変異について。
現在、確認されているだけで数種にわかれ、変化をしているコロナウィルスですが・・・。
そもそも、ウィルス自体心があるわけではないと思われますけど変異はするものなのです。
何故なのか変異することに意味があるのか、またそれは謎なんですけどね。

ウィルスは自然界のどこにでもあるものです。
強毒性、弱毒性、人に対して危害があるものないもの。
どこにでも存在はしているのですけど・・・。
自然界におけるウィルスの性質として、変化もします。
ただ、ここまで早く変化するウィルスって稀なんじゃないですかね。

つまり何が言いたいのか。
本来のウィルスに対して、別のウィルスを化合させたとしたら・・その性質は変化しやすくなりえる。
ただ、勝手にウィルス同士が融合して1つのウィルスになり得ることはないと思うのですよね。
どこかで人の意図的な手が加わり、作られたウィルスなんじゃないだろうか。

これはあくまでも、ちゃむの脳内での話ですよ?
何かしらの原因で、融合させたウィルスが事故?意図的?に外部へ散布。
当初は、そのウィルスに対しての対応が遅れた中〇だけど・・
その研究内容にてウィルス変貌を予測していたからこそ
今回変異ウィルスに対して驚異的、迅速な対応をしているのじゃないか。
地球人類滅亡計画が・・・・ついに起動?

丑三つ時に、ちゃむの脳内では恐怖の人類滅亡論が頭の中で繰り広げられていました(;´∀`)病んでないですのでご安心を。



お散歩time中、立ち止まるおハルさんの行動には気を付けないと・・・
以前、う〇こ食べてましたからね(´;ω;`)
今日は、猫草っぽい葉っぱをモグモグ。
道草を食う・・・・・意味がちがいますが
一緒にのんびり草花を楽しみながらトコトコするもの楽しいとおもうちゃむなのでした。



そんなに眠いなら、寝ちゃえばいいのに(〃艸〃)一緒にお昼寝しましょうかね。

みなさま、感染は少しづつ減ってきていますが
クラスターの発生した高齢者施設では病院へ搬送されることなく亡くなられた方もいらっしゃるとか・・・
他人事ではなく、ご自身の大切な方を守るためにも今は踏ん張り乗り越えましょうね。


コメント

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)