ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

連鎖を断ち切るための連鎖(; ・`д・´)

2021-01-05 07:38:44 | フクロモモンガ・その他

こんばんわ。(=゚ω゚)ノ

今日は、先にすみません。ちょっとボヤキます毒吐きます。
東京、千葉、埼玉、神奈川と首都圏に再び緊急事態宣言が発令とか。
正直、驚きもしない・・・・。
むしろ遅すぎなんじゃないの?と思うちゃむですが、みなさまはどう感じられましたか?

ってか、政治家さんたちは感染者が1000人超えてから考えましょうとでも思っていたのですかね?
日に日に増えていく感染者。
それもそのはず。

だってインフルエンザウィルスと違って感染症状が出るまえに感染は始まっているのですから。
医療に関わらないちゃむにだってわかることですよ。
PCR検査をうけて陰性となったとしても・・・・発症していません。の証明だけで
潜伏キャリア状態なだけかも知れないですよね。

あくまでも感染していないのではなく、発症していないだけの証明。
潜伏しているその間にも、他者に感染させてしまうコロナウィルス。
発病し、症状があらわれて「陽性」となってから隔離措置をしたとしても・・・
すでに感染させてしまっているのではないですか?
実に単純。

時は1か月ほど前、クリスマス前を期限に「要の3週間」と言われたアレはなんだったのでしょう?
あの時に、感染に減少傾向が見られなかった場合は
「緊急事態宣言を再度発令します」と要の3週間に連鎖させ伝えていたら良かったのではないですか?

感染が減少しなければ、飲食店の営業は夜8時までとし
緊急事態宣言下に住む国民は、不要不急の外出を控え自宅で行えるテレワークなどお願いすることになります。と。
感染に減少が見られれば、それはそれで良しなのですから。

感染が減少しません。次はどうしましょう?と、その都度対策を考えてる時間はもうないですよね。
これでダメなら、次はこうなります。としっかり対策を連鎖させ伝えるべきと思うのはちゃむだけでしょうか。

イキナリ数日の間に緊急事態宣言を考慮します。とか・・
苦渋の策なのかもしれないけど、前もってそうなるかも。と宣言しておけば
緊急事態宣言がだされるエリアに住む方々も少しは対処を考えられるのではないですか。



感染してしまったら、家族として共に暮らすちいさなイキモノたちはどうなるのでしょうか。

家族なんです!と訴えたとしても人命優先の世界。
高度な医療によって人間は救われるかも知れないですが・・
人でない家族は、主以外守ってあげることができない事を忘れないでください。

主が元気でいるからこそ、ちいさなイキモノたちは守ってあげられるのです。
ある意味、運命共同体なのですよね。
ちゃむ家も同じです。
主がいなければ、ももんずさんやハルさんは食べることもできなくなります。
もしもの時、この子たちを守るべき何をしておくべきか。

考えると不安が募り、恐怖さえ感じるちゃむです。
感染染しないことが一番。
でも、いつどこで感染してしまうかわからないほど感染がひろがってしまっている状態です。
感染してしまってからではなく、感染する前から大切なちいさな家族を守れるように手筈を整えておかないとですね。


※書き終えて、ぽちっと「投稿」ボタン押したのに・・・
半分以上消えてました(´;ω;`)
書いちゃいけないこと書いたのかとドキドキしながら再度、投稿ボタンをクリックしたちゃむなのでした。

コメント

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)