ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

セカンドオピニオン

2019-06-24 20:00:54 | フクロモモンガ・その他

こんばんわ(・ω・)

前々より内科の先生から、言われていたので・・
婦人科で診察を受けてきました(;´・ω・)=3

半年に1度は婦人科に行って経過観察はしているのですが
言われる言葉は「じゃぁ、また半年後」
なんの解決にもなっていないじゃないかっ!(笑)

内科の先生に、今通院しているのは産婦人科なのですが
産科が有名な病院だから、婦人科専門の方が良いのかと聞いたら
「病院を変えたほうが良いとは、私からは言えないな~・・」と先生。

まぁ、でも選択肢を増やすという事ではアリじゃないか?という意見もあり
いつも通院している産婦人科とは別の婦人泌尿器科へ。

たまたま通りかかって知った婦人科なのですが・・
女性応援クリニックってネーミングにそそられて(*´ω`*)笑
内科の血液検査結果とお薬手帳を持って受診。

受付終了20分前というのに、院内はすごい患者さんの数。
20~30人?見た瞬間、帰ろうかとも(;´・ω・)=3
まぁ、待つこと1時間ちょっと。

名前を呼ばれて、診察室へ。
子宮内膜症と子宮筋腫と言われ、経過観察のため半年に1度通院していることや
今回の内科の先生から言われたことを伝えました。

気さくな女性の先生で、とても話しやすかったです(*´ω`)



まず、検査結果を見て失笑する先生・・・・。
鉄剤を飲んでこの数値は、経過を見ているとかの状態じゃないですね。
とりあえず、内診するので診察台へ。
婦人か特有のあの診察台で、超音波検査。(//ω//)女性の方ならわかるはず。

「私の初見では、内膜症&筋腫というよりは子宮腺筋症だけど・・」
「少し前までは、腺筋症も内膜症の1種と捉えられていたから、その関係でそう伝えられたのかも。」

治療法としては、ホルモン治療などあるけど、現段階で薬で治療はまず難しい段階。
子宮を温存できるかも難しいかもしれない。
状態をよく把握するためにも、MRI検査を受けてくださいとのことでした。

手術?MRI?Σ(・ω・ノ)ノ!そんな大事になるなんて・・・。
いまいち把握できず「10段階で表したらどれくらいヤバいです?」と質問。
これなら、おつむの弱いちゃむででもわかる(*´ω`*)

「・・7.ん~8かな?」
「貧血が慢性化して体が慣れてるから動けてるのであって、通常なら1人で外出とかできない状態だよ。」
・・・・(;゚Д゚)えー。そんなヤバいの私?

MRIの検査予約をいれ、とりあえずなんかわからない注射を打たれ帰宅。
一応説明は受けたけど・・・(=ω=)貧血に効くやつ?(笑)
この副作用なのか、頭痛と眠気とのどの渇きがひどい。

ちょっと真面目に体と向き合おうと思うちゃむなのでした。

コメント

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)