ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

ご家族さまより嬉しいご連絡( *´艸`)

2019-06-10 19:48:07 | フクロモモンガ・その他

こんばんわ(*´ω`*)

今朝起きると・・・枕元にたくさんのハルさんのおもちゃ(*ノωノ)
そう先週末、職場でぶっ倒れたちゃむです。
ぶっ倒れたと言っても貧血でよろけた時に踏ん張りがきかず
そのままコロっと倒れただけなんですけどね(;´・ω・)=3

あまりの顔色の悪さに、そのまま帰宅して内科で受診。
検査の結果は・・・
内科的治療では、どうにもならないから
検査結果と事情を説明して婦人科で治療するようにとのこと。

とは言っても・・・
半年に1回エコー検査はうけていて
また半年後にと言われるだけなのですが
内科の先生は、通常の生活に支障が出るほど貧血が進行しているのに
放置しておくことは危険。

今までお世話になっている産婦人科ではなく、婦人科の専門に
相談してみようと思います。

さて、今日は・・・。
5月にちゃむ家より新しいご家族さまにお迎えされた娘っこたち。
嬉しいご連絡がありました( *´艸`)

ーーーーーーーーーーーーご家族さまよりーーーーーーーーーーーーーーー

今回、念願だったフクモモちゃんをお迎えさせて頂きました。

女の子で「こむぎ」と「あずき」といいます。

フクモモちゃんをお迎えしたいと思って、ずっとちゃむ家さんのサイトをチェックしていた時
一瞬にして心奪われ一目惚れだった2匹。
その2匹をお迎え出来た喜びを毎日噛みしめてます( ´ ▽ ` )

我が家に来て2週間が過ぎ、すっかり家族にも慣れ、ご飯もモリモリ食べすくすく成長中‼️
朝方になると、遊んでくれ〜とケージに2匹へばりついて
寝ている私達を「目ヂカラ👀」で起こします(笑)
毎日いろんな姿を見せてくれて家族みんなが成長を楽しみ、癒されています。



2匹をお迎えするまでの間、ちゃむ家さんには、
フクロモモンガの生体のこと、飼育環境からお迎えするのに必要な物など
たくさん相談させてもらい、お迎え後もご飯の量や温度管理の事も細かく教えて頂きました。

生き物を飼う=命を預かるという事。

ちゃむ家さんは命をとても大事にしているブリーダーさん。
ちゃむ家さんはどの子にも愛情たっぷり注いでフクモモちゃん達を育ててくれるブリーダーさん。

私達もちゃむ家さんだから安心してお迎えが出来ました。
次お迎えする時は絶対‼️ちゃむ家さんにしたいです( ´ ▽ ` )
次⁉️ ムフフフッ(#^.^#) まずは2匹がすくすくと成長するように家族全員で愛情たっぷり注いでいきます。



これからも宜しくお願います。

何をするのもいつも一緒なんです(#^.^#)



ホント2人仲良しなんです。顔もだんだん似てきた感じがします。
間違いなく姉妹ですね💕
この子達のいる生活は楽しくて幸せです(*^_^*)

お迎えまでの走行距離、1500km走っちゃいました変態家族より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ものすごい愛情を感じますよね。
大切に、大切に育ててくれていることが感じられるご連絡に感謝です( *´艸`)

素敵な時間をありがとう。
とは言っても、ちゃむはまだお会いしたことがないので・・
里帰りお待ちしております(*´▽`*)

コメント

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)