福島木工家具店

製作した家具の紹介と日記

大きな地杉テーブル製作 その3

2021-07-29 08:09:01 | 製作記録

加工を終え、ペーパー仕上げをし、塗装の工程に。

塗料は自然塗料のオイルを使用。

1回目は、板材の吸い込みが多いので、塗料を多めにたっぷりと。

 

濡れ色となり、パッと鮮やかに輝きます ↓

 

 

2回目の塗装 ↓

あと、もう1回塗装したら完成。

 

連日の雨と高温多湿、塗装に不向きな日が続いている中どうしているのか?

仕事場のエアコンを活用して、塗装環境を整えているのです。

塗装を始める数時間前からエアコンをつけて湿度調整。

 

エアコンを効かした仕事場で、時々換気をしながらの塗装作業なのですが、

乾いた風が吹く中で、塗料(オイル)を拭きあげるタイミングが難しい。

特に今回の天板ように大きな面積の場合、均一に仕上げるのに苦労しました。

 

 

 

そして、いよいよ納品。

妻に手伝ってもらい、軽ワゴンに積み込んで出発。

 

こちらが天板設置前の事務テーブル ↓

 

 

天板を設置して完成!

紅一点、事務所の雰囲気がパッと明るくなりました。

 

緩やかなカーブとR加工しているので和みます。

 

このような事務所だからこそ、無垢の木製品は映えますね。

事務所にこそ無垢の家具。

オススメです。

 

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント

summer has come

2021-07-27 19:25:21 | 日記

夏が来た!

 

梅雨明けしても、ずーっと雨の日が続いていましたが、

今日、やっと晴れました。

長いトンネルを抜けたような感じ。

 

素直にうれしく、ワクワクします。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

コメント

大きな地杉テーブル製作 その2

2021-07-22 21:54:00 | 製作記録

前回、7枚の板を接いで天板をつくりました。

天板サイズは 幅1900mm × 奥行き1080mm と、やや大きめのテーブルよりさらに一回り大きなテーブル。

 

このサイズの天板となりますと、1人で持つことはできません。

重量としては 30kg もないと思われ、成人男子なら持てる重さなのですが、

その形が平たく広く、両手で抱えることが出来ないことから1人で持てないのです。

 

個人事業であるから、従業員に手伝ってもらうわけにはいきません。

こういう場合、どうするのかというと妻に声をかけて手伝ってもらいます。

幸い、仕事場の目の前に自宅があるので、天板を移動したい時に呼びに行くのです。

 

とはいっても、自分のペースでさっさと出来ないのが歯痒いところ。

 先日の天板クランプを終えてからの、養生するため別室への移動

 板接ぎ後のペーパーがけするために、軒下への作業台への移動

 墨付けするために屋内への作業台への移動

 墨付け後のカットをする埃の出る作業をするため、再び軒下の作業台への移動などなど・・・

 

その他、ことあるごとに移動を手伝ってもらうために、私は自宅へ呼びに走るのでした。

しかも、妻はパートに出たりするために、自宅にいる時間に合わせて、こちらも作業の段取りを組まなくてはいけないので大変なのです。

自ずと作業効率も悪くなり、事業としてよろしくありません。

 

ジグソーでオーバル型にカットしているところ(天板の裏面です) ↓

ジグソーカットは、ブレードが曲がりやすいので、墨付け線より外5mm 前後を余分にカット

 

 

5mm をペーパーで削るのは大変ですが、手がんなで削れば結構早く綺麗に加工できます ↓

 

 

シュルルっと心地よい音と共に美しい曲線が現れてきます ↓

 

台風の影響で、雨風の強い日が続き、

島へのフェリーが、連日欠航しています。

 

梅雨明けして、晴れの日が続くと思ってスケジュールを組んだのですが、

作業はまったく予定通りに進みません。困ったものです。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント

大きな地杉テーブル製作 その1

2021-07-20 22:09:19 | 製作記録

梅雨は明けたのだけれど、ジメジメした蒸し暑い日が続きます。

天気も雨が降ったり止んだりと落ち着きがありません。

暑いのは苦手なのですが、カラッとした夏が早く来て欲しいです。

 

タイトルの通り、大きな地杉のテーブルを製作中。

どのくらいの大きさかというと、

幅 1900mm × 奥行き 1080mm

6人が余裕でつかえるサイズですね。

 

今回のテーブル製作は、天板のみをつくることになっています。

事務所の既成事務テーブルの上に、新たに天板を載せるというご依頼。

 

その事務テーブルのサイズが 幅 1800mm × 奥行き 900mm あるので、

製作するサイズはそれよりも一回り大きくしたということです。

 

長さ2mの板を接いでクランプ ↓

 

 

奥行き1080mm の天板をつくるのに7枚の板を分割して接ぎました ↓

 

「屋久島らしい地杉で」とのご要望でしたので、

色が濃く、木目も勢いのある板材を選んで組み合わせました。

 

屋久島の地杉は個性豊かなので、このような材料選びには結構な手間隙がかかります。

保管してある板材を引っ張り出して、並べて、色、木目、重さ、硬さ、反りなどをチェックします。

特に色については見た目だけではわかりにくいので、部分的にカンナをかけて確認したりします。

 

確認したつもりでも、機械(手押しかんな、自動かんな)を通してみると、

予想していたのと違う木目や色が出たりすることもあり、一筋縄ではいきません。

 

落ち着かない天気の合間をみながらの作業がつづきます。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント

屋久杉座卓の修理

2021-07-17 22:01:36 | テーブル ・ 机

たまに家具の修理依頼があったりします。

ものを大事にしたいとの気持ちに嬉しくなるものです。

 

ただ、修理内容によっては、新規でつくるよりも手間がかかることもあるのが現実。

修理途中で想定外のことがでてきて、予算をオーバーしてしまうことも珍しくありません。

 

こちらも依頼者の気持ちを尊重し、費用対効果のことも考えながらの仕事となります。

修理について、現実的に難しい内容や予算面などから、不本意ながらお断りする場合もあります。

 

 

・・・と前置きが長くなりましたが、今回修理したのはこちら ↓

屋久杉の座卓

 

屋久杉の座卓のイメージといえば、天板が分厚い(5〜6cm)、天板の形はダイナミックな感じなどなど、

屋久杉の生命力を表現したような座卓が多いのですが・・・

今回の座卓は写真のとおり、ともて端正(私好み)。

天板の厚みも1寸(約3cm)もありません。

 

そして、これが特徴的なのですが、天板の周囲をヤマザクラの角材で囲ってあります。

これは修理でペーパーがけしているときにヤマザクラのあまーい香りがしてわかりました。

屋久島ではヤマザクラが自生していて、古くから木工品として利用されています。

 

粗いペーパーで大きな傷を落とし形を整え、細かいペーパーで仕上げていきました。

そして、塗装は屋久杉テーブルで一般的なウレタン塗装でなく、私が普段しているオイル塗装。

オイルは、通常のものと、仕上げに耐水性のあるもの2種類を使用。

天板なので、塗膜をいつもより厚めになるよう塗装しました。

 

もともとの屋久杉の素材が良いのも合わさって、とても綺麗にしっとりと自然な感じで仕上がりました。

私が好んでオイル塗装をするのは、その仕上がりの質感。

素材の手触りが好きです。木と触れ合っている感じ。

 

お客様も大変喜んでくださり、これからもずーっとこの座卓を大事にしてくれることでしょう。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

 

コメント

秀逸

2021-06-29 02:35:50 | 日記

手塚治虫 作品

 

 

 

 

 

 

温故知新・・・

 

クリエーターに感服です

コメント

スツール座面加工と塗装

2021-06-22 21:51:15 | 製作記録

スツールの座面材料(8脚分)

座面はスノコ状となります

ある材料の中で、木目や色をみながら、組み合わせを考えていきます。

パッと見た感じに、違和感のない自然な感じとなるように。

 

 

座面の型を合わせ、墨付け

 

 

座面裏 幕板がくるところに墨線とナンバリング

 

 

 

線に合わせて長さをカットしたのち、座面端に30°のベベルカット

 

 

粗加工が終わって、

 

 

ベルトサンダーでペーパーがけ × 2回

 

 

そして塗装 × 2回

 

ブログでは紹介し切れませんが、結構大変な作業が続きます。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

 

コメント

ボール盤の集塵 その後

2021-06-13 19:30:00 | 製作記録

先月のブログ記事「ボール盤の集塵」で、

集塵ホースを取り付けて作業環境を見直して、穴あけ作業が快適になったことを書きました。

その後しばらく使用しているうちに、集塵口がすっきりしていないことが気になってきました。

 

というのも、ドリルチャックと集塵口が干渉することが多々あり、

穴あけ作業しているドリル間近までホースを近づけることができないのです。

そのため、作業内容によっては、集塵が十分にできないこともありました。

 

課題として

  • ホースの口径を今よりも小さくすること
  • 穴あけしているドリルの近くまで容易に集塵ホースを設置できること

 

解決策として、適したサイズの自在ホースを使うことなのですが、

大きいサイズしか見当たらずあきらめておりました。

 

ですが、やはりどうしても気になり、何とかならないかといろいろと考えて過ごしていたところ、

いいものがあることを思い出しました。

 

コレ↓

 

 

カクダイ洗濯機専用排水延長ホース

Amazonで900円ちょっとで購入

 

 

これに集塵ホースジョイント(写真右黒色)を組み合わせ

新しいホースクランプをホース径に合わせてつくって

 

こんな感じになりました

 

 

早速、取り替え

色もマッチし、違和感なく納まりました

 

 

集塵口がコンパクトになり、ドリルチャックを深くおろしても干渉しにくくなりました

 

 

 

集塵機ホースとの接続は、上から差し込むだけ

これでまたまた作業環境がよくなりました!

 

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

コメント

スツール製作風景いろいろ

2021-06-12 20:50:00 | 製作記録

製作記録として写真をいくつか残しておきます。

 

幕板(主に椅子座面を支える前後の板)のホゾ加工

 

加工漏れがないか、その都度チェック

 

 

ホゾはテーブルソー(スライド付き)でつくります

 

 

テーブルソーで加工できないところは、ボール盤のドリルで

 

 

先日つくった集塵ホースが役に立っていますが、まだ改良の余地あり

 

 

ドリル跡はノミで削ぎ落とします

 

 

幕板はこんな感じに

ここでも反りかんなを使って加工します。

かんなを当てる面は、角度が斜めについているので、均等に反りかんなをかけるのには経験が要ります。

 

 

こちらは脚にビスの下穴を開けているところ

ひとつひとつ加工していく順番を考えての作業。

複雑な工程がつづいて気が抜けません。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

 

コメント

研ぎたてはよく切れる

2021-06-10 21:35:00 | 製作記録

久しぶりに刃物を研いだ。

一応、まだ切れるという理由で、長いことだましだまし刃物を使ってきた訳です。

 

以前、人前で「木工において、切れる刃物を使うのは大事」

「切れない刃物を使うことは、危険だけでなく、木工の魅力も半減してしまう」

などと偉そうなことをいったことを思い出し、反省しているところです。

 

 

 

専用の研ぎ場はありませんが、仕事場の表に流し台があるので、ここで研いでいます。

長らく研いでいないと、研ぐ刃物も多くなる。

写真の刃物を研ぐのに1時間半かかってしまった。

 

 

 

十分乾燥させた後、椿油をコーティング。

一仕事終えた安堵感と同時に、早く使ってみたいという衝動がわいてくる。

 

 

写真右奥に見えるのが反りがんな(台の下が反っている)

 

スツールの脚(緩い曲線となっている)

バンドソーで墨線より1mm 外側をカットしたのが写真手前。

奥の3本は反りがんなをかけたもの。

研ぎたてなので切れ味はすごく良く、かんなをかけるのが楽しい。

 

かんながけ終了

 

数が多くて結構大変でしたが、よく切れるのでそれほど疲れなかった。

切れ味の悪いかんななら、2倍以上の労力を要したと思う。

 

 

 

↑こちらの杉は、写真ではわかりにくいですが、すごく色艶の良いものです。

油分を多く含んでおり、触った感じはしっとりしながらモチっとしており、

透明感があり、とても高貴な雰囲気を出しています。

 

屋久島の植林では、屋久杉の種子を採取して苗を作って(すべてではありませんが)いますので、

地杉の中には、育った環境にもよると思いますが、屋久杉の特徴が色濃く出ているものがあります。

 

特にかんなをかけると、その肌感は際立ちます。

見た目の色艶だけでなく、触った感じは格別で、とても杉とは思えない。

この感じ、言葉では説明できないのがもどかしい。

このような特別な杉はあまり多くは見られませんが、

機会があれば是非皆さんにも五感で感じて欲しいと思ってしまいます。

 

切れる刃物は、木材の魅力をより引き出すことができると、改めて実感しました。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント

スツールの治具づくり

2021-06-08 13:30:55 | 製作記録

現在、スツールの製作をしているところ。

 

スツールといえば、気軽に使える腰掛けですね。

軽くて移動も楽なのが特長の一つといえます。

 

そのようなスツールをつくるには、スッキリとしたデザインではあるけれど、

安心・安全に使えなくてはいけません。

 

まずは、設計が大事

見た目も大事ですが、何より人の体重がかかるものですから、

それに耐えるしっかりとした強度と構造が求められます。

かかる荷重は、垂直方向だけでなく水平方向にも耐えられるように。

 

次に、材料選び

軽量化のため、脚まわりは細い材をつかいます。

単純に硬い材を使えば強くて丈夫ということはありません。

単に硬いだけの材は割れやすいことがあるので脚には向かないのです。

ではどんな材が良いのかというと、粘りのある材です。

そういう材は、かかる力をしなやかに受けて折れることがありません。

人の心と共通しているのがおもしろいですね。

 

最後に、加工精度

いくら設計と材料が優れていても加工に狂いがあれば成り立ちません。

特に脚物(あしもの)といわれる家具(椅子やテーブルなど)は、

脚のガタつきがあると、ホゾ組が緩んでくる原因となります。

1箇所のホゾが緩み始めると、他のホゾも連動して、グラグラ家具になってしまいます。

私も幾度も失敗を重ねてきました。

まだまだ修行の只中です。

 

ずいぶんと前置きが長くなりましたが、

スツール脚の墨付け(加工箇所のマーキング)をするための治具をつくりました↓

 

ここに脚の材料をセットして墨付けします。

高さが違うのは、ホゾ穴の加工箇所は2面にあるため。

 

 

写真中央手前の脚は見本。右奥はスツールの見本。

久しぶりに製作するので、間違いがないよう見本で確認しながらの作業。

 

普段は注文家具なので、毎日同じものをつくることはないため、いつも緊張しています。

気が緩んで他ごとを考えながらの作業は、間違いをすることが多々あり。

 

特に墨付けでは、定規などのメモリの読み間違え、よくあるのが5mmずれてマーキングしてしまうこと。

加工した後に気づき、多大なるショックを何度も経験しました。

 

製作中のスツールは、屋久島町ふるさと納税返礼品となっていることもあり、

今後の製作に備え、今回ようやく治具をつくることにしたのです。

 

s

墨付けだけでなく、脚の斜めカットの治具としても活用。

便利で大助かり。

やはり、治具は大事ですね。

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

 

コメント

VADANIAさん提供のスライドレール

2021-05-29 12:05:21 | 製作記録

スライドレールを扱っているVADANIAさんより、

ロック付きスライドレールのご提供をいただき、クランプ収納をつくってみました。

 

製作の様子やスライドレールのレビューについては、前回のブログをご参照ください。

ブログ記事 2021.5.28 クランプ収納の製作

 

今回は、そのスライドレールを使って製作したクランプ収納の写真と動画を紹介。

 

完成写真・・・仕事場の一角にちょうど良い場所があり、そこをクランプ収納にしました

左右の青いレバーを下げ、ロック解除して引き出します

 

 

木工で使うクランプ6本を収納 ↓

重量: クランプ6本と抽斗を合わせて 約25Kg

動作: 90cm 引き出してもスムーズに動きます

 

 

設置場所の都合でスライドレールは抽斗の上部に取り付け。

通常は、下部へ取り付けた方が安定感が増すと思います。

 

 

かんたんな紹介動画をつくってみました ↓

 

 

VADANIA 公式ホームページ はこちら↓

VADANIA スライドレール各種(住宅用・工業用)

スライドレールの他にスライド蝶番などのヒンジもあります。

 

今回紹介したスライドレールは Amazon でも取り扱っています ↓

VADANIA Heavy Duty 引き出しスライドロック付 900mm 重量用スライドレール VD2053 完全スライド 左右1セット

 

 

 


 

 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント

クランプ収納の製作

2021-05-28 17:36:55 | 製作記録

木工の製作風景で、度々登場するクランプ。

板材をはぎ合わせて、棚板やテーブルなどをつくる時に必須の道具。

 

 

私が主に使っているクランプは、BESSEYというメーカー ↑

アタッチメントで、角度(15°まで)つけてクランプできるパットを常時取り付けているため、収納スペースがそれなりに必要な代物。

 

いままでは壁面に引っ掛けていたけれど、① 見栄えが良くない、② ホコリをかぶる、③ クランプ作業の場所から離れていて取りにいくのが大変などの問題がありました。

いつかは快適なクランプ作業ができるよう何とかしたいと思っていたのですが、なかなかそんな余裕がないまま年月が経っていたのですが・・・

 

■ メールが届く

どういう巡り合わせ、縁なのかはわかりませんが、海外の金具販売店よりメールが届きました。

メールには、福島木工家具店のブログで、他社のスライドレール紹介の記事を見たとのこと。

そして、「弊社のスライドレールを無償提供するので、あなたのブログに載せてほしい」という内容でした。

 

最初は失礼ながら、こういう上手い話は怪しいと思いましたが、

日本に拠点を持ち、HPもあり、Amazonでも販売しているとのことなので恐る恐る承知した次第。

 

希望するスライドレールの型番と、発送先住所をメールすると、90分後に発送しましたとの返信!

すごく迅速な対応に驚く。

 

2日後、スライドレール到着 ↓

(Amazonギフト券が入っていた)

 

 

先方からは、ブログに載せるだけという条件だったので、

こちらからは「スライドレールの品質については正直にコメントさせて頂きますのでご了承ください」と伝えておきました。

 

クランプ収納の設置場所(取り付け前)はこちら ↓

ツールキャビネット上のスペースを活用します。

 

抽斗(ひきだし)箱の部分を仮組みし、クランプを仮置きしてみた ↓

うん、よい感じ。

抽斗の底板は不要なのでありません。

 

本組、接着の様子 ↓

底板がないので、変形しやすい。

実際、組んでみたら直角が出ていなかったので、

曲尺を当てながら、直角になるようクランプで矯正しているところ。

 

 

こちらはスライドレール本体側を取り付けているところ ↓

 

■ スライドレール取り付け方法

取り付け穴は1箇所につき3つあります。

手順として、まずは真ん中の上下に楕円となっている穴に、仮止めのビスで固定。

仮止めの状態で、抽斗を取り付けて、スムーズに動作するか、取り付け高さが左右均等かなどチェックします。

右と左で高さが違えば、どちらかのビスを緩めて調整。

位置が決まれば、仮止めの左右にある本留め用の穴にビスを打ちます。

 

このスライドレールは重量用仕様のためか、ビス固定部分は皿頭になっていますね。

しっかりとセンターにビス留めすれば、重みで下がってくることはないと思います。

左右2箇所に本留めすれば相当な力に耐えることができるでしょう。

 

■ 耐荷重は?

ちなみにこのスライドレールの耐荷重は、L900mmの場合、57Kg。

*スライドレールの長さが短いほど、耐荷重は高くなります・・・ 例)L300mmは120Kg

実際に収納するクランプ重量は、約3Kg × 6本 = 18Kg + 抽斗重量約7Kgで、合計約25Kg なので余裕ですね。

 

 

こちらは抽斗側のビス取り付け

仮止めの際、こちら側が少し下がっていたので、墨線よりやや上にしてビスの本留めをしました。

抽斗側のビスは、適当な長さの皿頭がなかったのでナベネジで固定。

写真を撮った後、念の為、左右ともにしっかりとビス留めしておきました。

 

スライドレール取り付け終了

3段引きスライドレールなので、抽斗の奥まで引くことができます ↑

 

 

クランプを収納してみた ↓

 

収納後、実際に開け閉めを何度もして念入りに動作確認。

 

レビュー

  • しっかりした品質 25Kgの重量でも片手で開け閉めできるほどスムーズに動く
  • L900mmと長いスライドレールを初めて使ってみたが、想像よりグラつきは少なく精度は良い
  • コスパについて 国内メーカーで相当品を探しましたが類似している商品を見つけられなかったので何とも言えません
  • 仮に相当品があったとしても、ロック付きで同じ仕様なものを作った場合、やはり国内メーカーの方が高くなるでしょう
  • ロックなしでの比較:L700mm以下(900mmで相当品見つからず)の場合は、国内メーカーでコスパの良いものが揃っている
  • ロック付きの利点:勝手に開いたり閉まったりしないことから車載におすすめ。また、安全対策(小さな子ども)にも対応
  • 要望として、プッシュオープンタイプはL600mmまでそろっているが、もっと長い(例:L900mm)スライドレールがあれば嬉しい

 

 

次回は、完成品としてあらためて紹介する予定です。

 

紹介記事アップしました ↓

ブログ記事 2021.5.29「VADANIAさん提供のスライドレール」

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント

お知らせ

2021-05-24 17:12:09 | 日記

あさって放映されるTVにて、

屋久島特産品の一つとして、屋久島町ふるさと納税返礼品(JTBふるぽ)として出品している、

福島木工家具店の家具を紹介する予定とのお話をいただき、その家具の写真提供依頼がありました。

 

こちらがそのTV番組↓

はっけんTV ▽初夏屋久島 シャクナゲ見ごろ

NHK 総合 5月26日(水)午前 11 時 40分 〜

 

ただし、写真提供先のJTBさんより、

※実際の放送に使用されるかは、最終テレビ局判断の為、お約束ができませんのでご了承くださいませ」とのことでした。

 

 


 

 

屋久島の地杉でつくった家具にご興味のある方はこちら↓

屋久島町ふるさと納税  JTBふるぽ(工芸品)

 

どこでもスツール(特産品コンクール受賞品)・・・現在品切れ中ですが、6月下旬に出品予定です。

 

 

森のイージーチェア・・・こちらは在庫あります。

 

 

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

コメント

ボール盤の集塵

2021-05-12 18:21:40 | 製作記録

ボール盤とは

木材などに、ドリル等で穴を開ける工作機械のことです。

家具づくりにはそれほど出番はないように思えますが、私の場合、使用頻度の高い機械の一つ。

 

 

ボール盤(ドリル)で穴を開けると、当然ながら削り屑がでます。

一つだけの穴あけ作業ならそれほど気にならないのですが、

たくさんのピースを連続して穴あけ作業する場合、屑がたまり、それが干渉して加工精度が狂ってきます。

同じ位置で加工していく場合、加工材をフェンスに沿わせたり、ストッパーに押し当てたりするため、

そこに削り屑があると加工位置がズレてしまうのですね。

 

上の写真では、ボール盤の下にマキタの集塵機を設置しています。

今までは、集塵ホースをその都度、ワイヤーで固定したり、クランプなどで調整していたのですが、

これが結構面倒なことで、微調整も難しかったのです。

 

そこで今回、突貫ですが、とりあえず集塵ホースを任意の場所で固定でき、微調整も容易にできるようにしてみました。

 

↑ 集塵ホースの口が大きく、吸い込みが悪かったので、ホースを斜めにカットしたのち、1/3を残して塞ぎました。

ホースの口からの伸びている白い紐を引っ張って、ホースの形状をJ型にしてドリルに近づけています。

本当は自在ホースがあればいいのですが、このサイズでは見つかりませんでしたのでとりあえず。

 

 

ノブ + 六角ボルト + 鬼目ナットの組み合わせで任意の位置で固定できるようにしてあります。

 

これで穴あけ作業が快適になり楽しくなりました。

もっと早く作ればよかった。

 

 

マキタの集塵機は、ボール盤のほかに、ビスケットジョインターや、

下の写真にあるトリマーでも使用でき、重宝しています。

 

 

その後、改良しました ↓

ブログ記事 2021.6.13「ボール盤の集塵 その後」

 


 

 

福島木工家具店

オーダー・造作家具 木製品設計製作

〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間752

mail :  fukumoku1@gmail.com

T/F :  0997-47-2695

木育ブログはこちら → 家具職人の木育ブログ

 

 

コメント