福島木工家具店

製作した家具の紹介と日記

「やくしま満喫商品券」対象商品 ペン立て 紹介

2020-07-31 17:51:19 | やくしま満喫商品券

価格: 3,000円 + 税




厳選した屋久島産の地杉と、広葉樹のイスノキを組み合わせてつくりました


仕上: オイルフィニッシュ(自然塗料)



鉛筆からマジックペンまで立てられる3つの大きさの穴を開けてあります


数量限定商品となります



「やくしま満喫商品券」について、詳しくはこちらをクリック → 「屋久島町観光消費型プレミアム付商品券事業」


コメント

長雨

2020-07-09 14:57:00 | 日記
梅雨に入ってから雨ばかりです。

しかも今年は特に異常な大雨が多い。

各地で甚大な被害が続いており、雨がやんでいても土砂災害が発生する可能性が予想されています。


私の住んでいる尾之間地域のハザードマップ



↑ これはインターネットで、 【重ねるハザードマップ】 というもので調べました。


マップ左上にある、 洪水 土砂災害 津波 道路防災情報 4つを重ねてみることが出来ます。

上の尾之間周辺マップはその4つをすべて重ねた状態。

さらにマップ左上にある画面情報をスクロールしていくと、それぞれの解説凡例が見られます。


我が家周辺は警戒区域に指定されていませんが、尾之間中心部を始め、河川周辺は警戒区域、特別警戒区域に指定されています。

また、道路冠水想定場所として、 黄色の マーク が一箇所道路上に表示されていました。

自宅が大丈夫でも車などで移動することがあるので、生活圏のハザードマップは要チェック。

ニュースでも、車で移動中に流されるケースが多く見受けられます。

離れて暮らす大事な人 (親 兄弟 友人 など ) 周辺のハザードマップをチェックしておくのも備えになるかと思います。



ところで、木工仕事の方は、この長雨と高湿度で進みません。

前回のブログで紹介したエアコンがあるのですが、我が工房は一般住宅に比べると機密性は高くないので、

エアコンをつけている間はいいのですが、止めると、たちまち湿度が高くなってしまうのがネック。

電気代の経費を考えると連日つけっぱなしも出来ないので長雨にはお手上げ状態。

その代わり、デスクワークに勤しむ毎日が続いています。


コメント

梅雨

2020-06-25 17:53:45 | 日記
貴重な梅雨の晴れ間が2日ほどあって、加工途中の材料を乾燥した空気にさらしたり、

荒カンナをかけてシーズニングしておいた材料を二度挽きしてドラムサンダーにかけたりと、天気に左右される日が続いております。


梅雨時は、木材が湿気で膨張しており、この時期に加工を進めすぎてしまうと、乾燥した際に狂いが出やすくなるので要注意です。

よって、製作スピードも遅くなり、思うように仕事が進まない モヤモヤした日々が続くのです。



梅雨時の仕事をどう進めるか?

特に屋久島の場合は雨が多く高温多湿の日が多いので、木材加工、家具製作には大変なのです。







天候や季節に翻弄されてばかりでは仕事が成り立たないということで、

我が工房には、たいへん贅沢なことにエアコンが設置されております ↓




作業する人の快適よりも、木材をととのえるためですョ!

例えば、家具組立前の環境づくり(湿度調整)、板矧ぎ、塗装後の乾燥、シーズニングでの材の狂い出しなどなど・・・

但し、機械加工などでホコリが立つ作業をする時にはエアコンが埃で詰まってしまうので、

機械作業と手作業を分けて加工の工程を考えています。

色々と大変ですけど、やはり四季があるのはいいですね。


コメント

「やくしま満喫商品券」対象商品 やくしまつみき 紹介

2020-06-18 08:56:55 | やくしま満喫商品券
この度、 「やくしま満喫商品券」 取扱店として登録させて頂きました。

対象商品第一弾として、 【 やくしまつみき 】 の紹介です。

価格: 18,000円 + 税 やくしま産の 針葉樹、広葉樹でつくった手作りつみき


詳しくはこちらをクリック → やくしまつみき














焼ペンによるBD・ネーム入れサービスも承っております


電話/FAX: 0997-47-2695 *作業中は電話に出られないことがあります。 折り返しお電話致しますので留守電に連絡先をお願いします。
e-mail:  fukumokukagu@mail.goo.ne.jp



「やくしま満喫商品券」 は、下記販売場所にて購入できます。



詳細はこちらをクリック → 屋久島町観光消費型プレミアム付商品券事業
コメント

ふるさと納税「ふるさとチョイス」 森のイージーチェア 紹介

2020-06-15 01:05:55 | ふるさと納税
屋久島町観光まちづくり課より、ふるさと納税返礼品として採用頂いております


「ふるさとチョイス」 詳しくはこちらをクリック ⇒ 森のイージーチェア






-------------------------------------------------------------------------------------------

【 屋久島町ふるさと納税の活用方法 】

■ 世界自然遺産をはじめとする地域の環境保全に関する事業
■ 子育てや教育に関する事業
■ 人口減少への対策となる事業
地域の活性化を支援する事業
■ 地域の消防・防災対策に関する事業

-------------------------------------------------------------------------------------------






新型コロナウィルスの影響により、屋久島町の観光産業は深刻な状況となっております。

この度、屋久島町では、観光関連事業者に支援金を給付することになりました。

ふるさと納税もその財源として活用されているそうです。










よろしければこちらもご覧下さい
     ↓
「ふるさとチョイス」 屋久島町

コメント

ふるさと納税「ふるさとチョイス」 どこでもスツール 紹介

2020-06-10 00:15:00 | ふるさと納税
屋久島町観光まちづくり課より、ふるさと納税返礼品として採用頂いております


「ふるさとチョイス」 詳しくはこちらをクリック ⇒ どこでもスツール 【DS-04】 オイル 仕上



【 鹿児島県熊毛地域特産品コンクール 最優秀賞受賞モデル 】




拭き漆タイプもあります 詳しくはこちらをクリック ⇒ どこでもスツール 【DS-02】 拭き漆仕上


写真はイメージです





-------------------------------------------------------------------------------------------

【 屋久島町ふるさと納税の活用方法 】

■ 世界自然遺産をはじめとする地域の環境保全に関する事業
■ 子育てや教育に関する事業
■ 人口減少への対策となる事業
地域の活性化を支援する事業
■ 地域の消防・防災対策に関する事業

-------------------------------------------------------------------------------------------




よろしければこちらもご覧下さい
     ↓
「ふるさとチョイス」 屋久島町
コメント

ふるさと納税「ふるさとチョイス」 kotori スツール 紹介

2020-06-06 23:09:42 | ふるさと納税
屋久島町観光まちづくり課より、ふるさと納税返礼品として採用頂いております


「ふるさとチョイス」 詳しくはこちらをクリック ⇒ kotori スツール




この kotori スツールは、安房の武田館に隣接する YAKUSHIMA BLESS (木工体験)へ納めさせて頂いたものと同モデルとなります。




-------------------------------------------------------------------------------------------

【 屋久島町ふるさと納税の活用方法 】

■ 世界自然遺産をはじめとする地域の環境保全に関する事業
■ 子育てや教育に関する事業
■ 人口減少への対策となる事業
地域の活性化を支援する事業
■ 地域の消防・防災対策に関する事業

-------------------------------------------------------------------------------------------



よろしければこちらもご覧下さい
     ↓
「ふるさとチョイス」 屋久島町

コメント

ふるさと納税「ふるさとチョイス」 森のスツール 紹介

2020-06-03 22:23:17 | ふるさと納税
屋久島町観光まちづくり課より、ふるさと納税返礼品として採用頂いております


「ふるさとチョイス」 詳しくはこちらをクリック ⇒ 森のスツール MS-01





ブログ紹介 ⇒ 屋久島 森のスツール

製作風景  ⇒ スツールの製作


-------------------------------------------------------------------------------------------

【 屋久島町ふるさと納税の活用方法 】

■ 世界自然遺産をはじめとする地域の環境保全に関する事業
■ 子育てや教育に関する事業
■ 人口減少への対策となる事業
地域の活性化を支援する事業
■ 地域の消防・防災対策に関する事業

-------------------------------------------------------------------------------------------


新型コロナウィルスの影響により、屋久島町の観光産業は深刻な状況となっております。

この度、屋久島町では、観光関連事業者に支援金を給付することになりました。

ふるさと納税もその財源として活用されているそうです。


よろしければこちらもご覧下さい
     
「ふるさとチョイス」 屋久島町



コメント

神具 八脚案 (組み立て式)

2020-05-02 22:34:29 | その他作品


↑ 神社より3台のご注文を頂きました

寸法 幅1200mm 奥行き300mm 高さ750mm・900mm・1050mm






↑ 脚の納まり 向かって正面から見たところ






↑ 脚の納まり 後ろ側 






↑ 天板は柾目材の板矧ぎ

  反りにくいように配慮したつくりとなっております




遠方へ発送できるように組み立て式としてあります。

天板と脚との接合には、伝統技法 吸い付き蟻残と補助的にボルトを使用します。

そのため、組み立てには叩きこむ玄能(又は木槌・ゴムハンマーなど)とプラスドライバーが必要となります。

本格的な木組みを最大限に残し活かすため、組み立てには多少の手間がかかりますことをご了承ください。


組み立て手順はこちら → 神具 八脚案 組み立て手順



神社設計者の方より写真を頂きました。

コメント

神具 八脚案 組み立て手順

2020-05-01 09:32:24 | その他作品
この度、島外へ出荷することになりましたので、一般の方でも組み立てができる八脚案を考案しました。





↑ 伝統技法 吸い付き蟻残






↑ 必要な道具と金具

左から ボルト(一台の八脚案につき2本使用)、中央上 当て木、中央下 プラスドライバー、右 玄能(木槌でもゴムハンマーでも良い)

* ボルトと当て木は同梱包されています






↑ 組み立て準備

天板と脚それぞれに番号と左右が明記されたテープが張ってありますのでペアにして用意します。

組み立ては、天板を裏側にしますが、その時に必ず傷つき防止のためにきれいな養生マットなどを敷いてください。

地下置きや、マットなどにゴミなどがついていると、脚を打ち込む際に天板側に傷がつく恐れがあります。






↑ ペアの番号を確認して、この向きで最初は手で差し込んで行きます






↑ その時の湿度や個別差もありますが、手で押し込むとこのくらいまで入ります






↑ 付属している当て木を使って叩いて納めていきます

当て木はL型になっている面にフェルトを張ってありますので、フェルト面を差し込んだ脚の木口に当てます。

叩く時は小刻みにコンコンと少しずつ叩いてください。勢いよく強く叩くと脚のホゾが抜けてくる恐れがあります。






↑ 番号のテープがピタッと合うところまで少しずつ叩きます。

行きすぎた場合は、反対側から叩いて戻してください。

誤差は1mm以内でお願いします。誤差が大きいとボルトが上手く入りません。

また、天板の収縮を考慮して、脚は天板より0.5~1mm内側で納まるようにしてあります。






↑ お手持ちのプラスドライバーで付属のボルトを締めていきます。

締め付けは、程よく固定する程度で、強く締めすぎないようにご注意ください。

吸い付き蟻残はそれぞれの凹凸に勾配(先細り)がついており、ピタッとおさまりますので、このボルトは補助的に緩み防止をするだけです。






↑ この度は、低・中・高の高さの八脚案のご注文を頂きました。





コメント

神社 賽銭箱 2019年製作

2020-04-27 18:16:51 | その他作品
神社拝殿を新しく建替えのに際してご注文頂きました。




寸法:幅750mm 奥行き480mm 高さ650mm

材料:屋久島産 地杉  仕上:拭き漆





↑ 鍵付き抽斗タイプ・・・ご要望に応じた鍵を取り付けられます。







↑ 天枠は框組






↑ 拭き漆で仕上げています。

正面の文字はレーザーカットしたものに漆の塗り立て黒仕上げをしてあります。

受注製作品となりますので、寸法や仕様については相談しながら制作することができます。




製作記録はこちら → 神社 賽銭箱 製作記録



コメント

神社 賽銭箱 製作記録

2020-04-23 07:36:07 | 製作記録
賽銭箱の製作依頼があり、その記録を残して置きます。






↑ こちらは賽銭箱土台板部分

框組の内側に溝を彫り、27mm厚の底板を嵌めこみます。

底板には縦に落とし込むための溝が掘られています。

また、四隅の柱材のホゾ穴も加工してあります。






↑ 土台部分と天部分の框組をクランプ

このクランプはドイツBESSEY社のもので毎度のことながら大変重宝しています。

もっと本数を増やしたいのですが、1mサイズのクランプで価格が10,000円前後と高価なのでそれなりの決断が必要です。






↑ 先ほどクランプした土台部分の裏側

ご依頼主の要望でキャスターを取り付けました。

タイヤはウレタン素材を採用・・・ウレタン (熱可塑性), 耐摩耗性・耐油性に優れ、床面汚染の心配がないなどゴム車の幾つかの欠点を補いながらも多少の弾性を有します(メーカーHPより)。


今回の賽銭箱は拭き漆仕様としました。

拭き漆はこちらからの提案です。

賽銭箱は拝殿の軒下に置かれますが、外気に触れるのはもちろん、日差しに当たったり、雨風の強い時には濡れることもあるでしょう。

通常の漆は工芸品や食器類に良く使われますが、紫外線には弱く劣化すると言われることから、

屋外などの太陽光と雨のあたるような場所にはあまり使われていないと思います。

こうした理由から、半屋外で使われる賽銭箱には積極的には使えなかったのですが、

MR-S漆というのを知り、今回は拭き漆の仕上げ塗りに採用することにしました。

天然漆MR-S・・・従来の精製とまったく違う3本ロールミル製法による漆(特許製法)で、漆に含まれている成分を細かく分散させた漆で、

・粘度が低く、艶が高い・透明性が良くにごりが無い・耐久性、耐候性、耐光性に優れているという特長があります。

実際に使ってみると、今までの漆とは別物というくらいのものでした。言葉では言い表せないのですが、さらっとしながらも心地良い弾力のある粘性で高純度高品質といった感じでしょうか。

塗り味も気持ちが良く、更に楽しい作業となります。でも価格が高い! 100gで3,500円くらいします。






↑ 仮組中

賽銭箱内側は塗っていないように見えますが、一度塗りはしてあります。

また、雨に濡れることを想定して溝の底と内側部分、板材木口にも塗ってあります。


中の構造の写真も撮ったのですが、防犯上、あまり詳しくは載せれないので控えます。

賽銭箱は、防犯と実用性(使いやすさ)の両立があるのでなかなか奥が深いです。






↑ こちらは梱包の様子

当初、木枠梱包を考えていたのですが、開梱作業が大変と思っていたところに、ストックしてある段ボールを探していたところ、

偶然にもほぼジャストサイズの厚手で丈夫な段ボール箱(家庭用電気耕運機)がありましたので、それを使わせて頂くことにしました。

一品一品手づくりの木工品は決まった形ではないので、いつも梱包作業には結構な手間と時間がかかります。

ですので、島外へ出荷する場合には送料の他に梱包手数料を頂くことにしておりますので、どうかご了承ください。








コメント

AKIRA... that's my name

2020-04-17 03:56:11 | 日記
十代の多感な頃、影響を受けた作品(原作漫画)の一つ

今思えば、色々と示唆に富んでいます。

2020年東京オリンピック記念動画 『AKIRA』


漫画は基本的に買ったり 読まなかったのですが、唯一最後まで買って完結した一つ。
屋久島に移住してから手放したのですが、深く記憶に染みついています。

大友克彦作品として、「AKIRA」の次に特に印象に残っているのが 「童夢」
当時、アニメ化や映画化されることはなかったのですが、何故かBGMのカセットが先行発売されたのをレア感で購入し、幾度も夜な夜な聴いていた記憶があります。

中学生だった頃の青春の1ページ

空想の世界が現実化してきているのに戸惑いながら緊張感を覚える今日この頃です。









もう一つ

2020年東京オリンピック中止動画『AKIRA』スサノオ


薬にも毒にも

安保闘争・・・  右とか左とか

昭和 から 平成 そして 令和

依り処は、 自身の胸のこころにあることを忘れないように


コメント

Keith Newstead is one of my respects

2020-04-10 00:07:15 | 日記

Jacob and the Angel automata made from card


Automata is wonderful
コメント

組立式 low desk

2020-04-01 11:31:34 | テーブル ・ 机
引っ越しを控えたお客様よりご依頼頂きました。

この春から始まる新しい生活にと、座って使用する机として製作。


天板のサイズは 900mm × 600mm 

高さは450mm と座卓にしてはやや高めの設定。

脚が痛くならないよう座るのにクッションなどを使うそうです。


材料は、すべて屋久島産の地杉。

新天地でも屋久島で育った杉に触れながら勉学に励めるのは幸せなことだと思います。

また、今回は無塗装でのご依頼で、塗装はご自身でされるとのこと。 特別な一品になりそうですね。

大変な時期ですが、新生活応援しています。

















↑ ボルトの固定箇所


組立はプラスドライバーが必要です。

ボルト4箇所の固定




最近、3Dソフトを採用しました。

制作前にお客様に確認して頂くには大変助かるツールです。








コメント