福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

六月十七日は興教大師覚鑁上人のご生誕の日です

2022-06-17 | 法話

六月十七日は興教大師覚鑁上人のご生誕の日です。
川崎大師等では興教大師降誕会が行われます。

興教大師覚鑁上人は、嘉保2年(1095)6月17日、肥前国藤津庄(現在の佐賀県鹿島市)にお生まれになりました。父君は総追補使伊佐平次兼元、母君は橘氏の娘の三男として誕生され、幼名を弥千歳と名付けられました。10歳で父君に死別、13歳の夏、仁和寺寛助大僧正のもとで出家、20歳の時、東大寺戒壇院で受戒、名を覚鑁と改められました。
 のちに高野山に登って青蓮、明寂の両師について真言の奥義をきわめられ、瑜伽観を修されて約10年、当時衰微しつつあった高野山の復興をされます。大治元年(1126)32歳の時、平為里から法会供物料として紀州石手庄を寄進され、そこに神宮寺を創建されました。
 長承元年(1132)には鳥羽上皇の庇護で「大伝法院」と「密厳院」を建立され、大伝法会を復興。長承3年(1134)、高野山金剛峯寺の座主をつとめられたのち保延6年(1140)根来山に移り、康治2年(1143)12月12日、49歳で入滅されました。 この間、覚鑁上人は一密成仏(古義は三密成仏)や大日弥陀同体、極楽浄土と密厳浄土は同処であると説かれました。



コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日は鎌倉大仏建立の日です | トップ | 今日は後奈良天皇が天下大疫... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法話」カテゴリの最新記事