福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は海軍上等兵 西村英吉命が愛児を残して東支那海にて戦死された日

2022-11-12 | 先祖供養
靖国神社社頭掲示より「海軍上等兵 西村英吉命(昭和十九年十一月十二日、東支那海にて戦死。大阪市出身。三十八歳。) 明子へ 父は軍人の本分を盡して護国の人柱となる。明子は父の死を知り寂しく悲しく思ふだろうが 決して心配せぬ様にして欲しい。 父は死しても魂は明子と共に毎日一緒に暮らしてゐる。明子が立派な人になる様に、病気もせず元気に学校に行ける様に神様に祈っている。父が応召に際して書き付けた訓をよく守 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「穀味を厭い、専ら禅定を好まれ」始めた日です

2022-11-12 | 法話
今日は大師が入定に備えて「穀味を厭い、専ら禅定を好まれ」始めた日です。天長7年11月12日から、大師は穀味を「厭い、専ら禅定を好ま」れるようになっています。(御遺告に「・・われ去んじ天長九年十一月十二日より深く穀味を厭ひて専ら坐禅を好む。皆是令法久住の勝計、幷びに末世後世の弟子門徒のため也。・・われ入滅せんと擬するは今年三月二十一日寅刻なり・・」とあります。) . . . 本文を読む
コメント

東京裁判結審の日

2022-11-12 | 法話
1948年(昭和23年)11月12日は東京裁判結審の日です。途中で日本語通訳が行われなかったところがあります。 このような背景で押し付けられた憲法を半世紀以上後生大事に守っているのです。 https://www.google.co.jp/search?sxsrf=ALeKk00OPOgg5ERDC6XG_Z9p01v6gddAOQ:1620441460763&source=univ&a . . . 本文を読む
コメント

今日は後水尾天皇の第一皇女文智女王が圓照寺住職となられた日

2022-11-12 | 法話
今日は後水尾天皇の第一皇女文智女王が圓照寺住職となられた日 後水尾天皇の第一皇女文智女王は、寛永十七年(1640)、22歳で仏頂国師を師として出家、大通文智尼となる。大通文智は翌寛永十八年(1641)、京都の修学院の地に草庵を結んだ。これが圓照寺の始まりであり、寛文九年(1669)十一月十二日現在地に移転とのこと。 円照寺は、三島由紀夫の『豊壌の海』では『月修寺』のモデルと言われています。 . . . 本文を読む
コメント

今日は守覚法親王の孔雀経法により、安徳天皇が出生された日です。

2022-11-12 | 法話
今日は守覚法親王の孔雀経法により、安徳天皇が出生された日です。仁和寺諸師年譜に「喜多院御室法親王守覚。後白河院第二皇子なり・・・勅請に応じ、修法すること十三箇度、効験これ多し。就中治承二年十月二十五日、宮中御産所に二十口の伴僧を引率し孔雀経法を修す。同年十一月十二日皇子誕生、翌日御感あり。勅書にいわく、先に三条殿においてこの法を修するの時、霊験殊勝なり、いままたかくの如し。謝する所なし云々。今に至 . . . 本文を読む
コメント

今日は天武天皇妃の不豫が薬師寺建立で平癒した日

2022-11-12 | 頂いた現実の霊験
  「「日本書紀・天武九年680十一月」「癸未(12日)皇后不豫。則ち皇后の為に誓願して初めて薬師寺を興つ。仍りて百僧を度したまふ。是に由りて安平なることを得たり。是の日罪を赦したまふ。」   天武天皇の皇后は鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ・天智天皇皇女で後の持統天皇) お薬師様の効験あらたかであったということです。 - . . . 本文を読む
コメント