福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日2日は慈眼大師忌です

2022-10-02 | 頂いた現実の霊験
今日2日は慈眼大師忌です。慈眼大師天海は寛永20年10月2日(1643年11月13日))108歳で死去と言われています。寛永寺開基・江戸の都市計画策定・家康を日光に東照大権現として祀る等江戸幕府の黒幕的存在・怪僧と言われますが江戸をこれだけ栄えさせ安全な街にした功績はあると思われます。寛永寺の近くに下宿したりして当寺とご縁の深い自分としてはなにか懐かしい気がします。 . . . 本文を読む
コメント

今日は鎌倉時代に弘智法印が入定された日

2022-10-02 | 法話
今日は鎌倉時代に弘智法印が入定された日長岡市寺泊の西生寺生寺ホームページに「弘智法印即身仏御縁起」より、として以下のようにあります。「弘智法印は、鎌倉時代に、千葉県八日市場市(現在の匝瑳市)大浦の鈴木五郎左ェ門の次男「音松」として生まれ幼少のころに、同じ大浦村にある「蓮花寺」に出家。「真諦」となる(「弘智」となるのは、西生寺「奥の院」で即身仏と成るための修行を始めた頃から)。50代はじめで蓮花寺を . . . 本文を読む
コメント

「完治のきっかけは『自分は不幸』をやめたこと」(追加)

2022-10-02 | 頂いた現実の霊験
「10年以上苦しんだ過敏性腸症候群 完治のきっかけは『自分は不幸』をやめたこと」という記事がありました。 この方は、勧められて神社を初めて参拝して、「自分の人生は不幸前提の視点で見ると不幸に見えていたけれど、幸せ前提の視点で見ると幸せであった」と気が付いて10年以上苦しんだ過敏性腸症候群が治ったということです。 「人生が行き詰るのではない  自分の思いが行き詰るのである」という安田理深師の言葉 . . . 本文を読む
コメント

障害児は『福子』であること

2022-10-02 | 法話
障害児は『福子』であること 一、Mさんから「障害児を明治以前の日本社会は『福子』と呼んだ。彼は其の家や地域に福を齎す存在で、彼を疎略にすると、その人に対しては彼が疫病神や貧乏神に転じる」という素晴らしい記事のご紹介がありました。https://ameblo.jp/chousyu-jin/entry-12521049913.html 2,「古事記」によれば、「ヒルコ神」(後の民間伝承で恵比寿様と . . . 本文を読む
コメント

今日は疱瘡平癒の為宮中で薬師法を修した日

2022-10-02 | 法話
史料綜覧 巻五 / 弘長二年(1262)十月二日条「二日 薬師法ヲ禁中ニ修シテ 御疱瘡ヲ祈ル」天皇は亀山天皇。鎌倉幕府は宗尊親王、執権は北条長時。 . . . 本文を読む
コメント

今日は皇太后が京都の貧民に銭米を施された日

2022-10-02 | 法話
三代実録 / 貞観二年閏860十月二日戊申条「二日戊申 使者を分遣して  京師の貧窮者に銭米を賜ふ  今日皇太后宮斎講畢を以ての故也」天皇は清和天皇。皇太后は藤原明子。御斎講は宮中の年中行事の一。正月8日より14日までの7日間、大極殿(のちには清涼殿)で国家護持・五穀成就の祈願をした法会。衆僧を召して斎食ときを設け、金光明最勝王経を講じさせた。奈良中期に始まり、平安時代には重要な儀式となった。 . . . 本文を読む
コメント

今日は阿蘓大神から兵疫起こるべしとの託宣を受け般若心経三萬巻を転読した日

2022-10-02 | 先祖供養
今日は阿蘓大神から兵疫起こるべしとの託宣を受け般若心経三萬巻を転読した日 三代実録(貞観八年866二月) 「十四日庚申、神祇官奏して言さく『肥後阿蘓大神 怒気を懐蔵す。是に由りて疫癘発し、隣境の兵を憂ふべし』と。勅す『國司は潔斎し至誠奉幣幷に金剛般若経千巻般若心経萬巻を転読せよ。城山四王院(注1)に於いて金剛般若経三千巻般若心経三萬巻を転読し、以て神心に奉謝し兵疫(注2)を消伏せよ。』」 天 . . . 本文を読む
コメント

菩薩名を稱するに何が故に脱苦と苦を脱せざるとある耶

2022-10-02 | 諸経
法華玄論卷第十 「問。菩薩名を稱するに何が故に脱苦と苦を脱せざるとある耶。 答。至心なれば則ち脱す、不至心なるが故に脱せず。 問。菩薩自ら應に之を救ふべきに何ぞ須らく至心ならんや。 答。至心を以ての故に則ち罪滅す。菩薩は方に之に應ずるを得る耳。故に須く至心なるべし。二は罪輕ければ則ち苦を脱す。罪重ければ則ち苦を脱せず。三は習因に厚薄あり。薄は苦を脱し、厚は苦を脱せず。四は業に定・不定あり。 . . . 本文を読む
コメント