大瀬崎観察日記

五島列島・福江島の野鳥

お知らせ

福江島でのハチクマの渡りが確認されてから30年目の今年 9月23日に講演会、24日に観察会が開催されます。 くわしくはこちら(五島市ホームページ) http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/living/event_detail.php?content_id=5193

10月8日

2014-10-08 | 野鳥日記
天候:快晴

井上さん長期の調査お疲れさまでした。
今期もいろいろとお世話になりました。ありがとうございました。

今日の大瀬山は視界良好、島山島の北部から飛び出すハチクマ(点にしか見えませんが)もよく見えます。

朝の渡りが終了した9:30以降は少し暇になりましたが、午後にはハチクマがぱらぱらと飛来、ミサゴ、
ハチクマ、サシバ、オオタカが同時に大瀬山上空で飛翔したりして、結構楽しめました。(出口)

今日のハチクマ観察数・142羽、渡りは94羽

141008hatij2
ハチクマ幼鳥(出口)

141008hatimesu2
ハチクマ♀成鳥(出口)

141008hatij22
午後に飛来したハチクマ幼鳥(出口)

141008hatij3
午後に飛来したハチクマ幼鳥(出口)

141008akatumi

141008akatumi3

141008akatumi2
アカハラダカに突っかかるツミ 3枚目の写真はわかりにくいですが、ツミがアカハラダカの尾羽を足で
つかんでいます。(出口)



コメント (4)

10月7日

2014-10-08 | 野鳥日記
天候:晴れのち曇り

台風の風がようやく収まり、快晴の穏やかな朝を迎えた。

ハチクマはもう数が少ないが、それでも大瀬山に飛んでくる個体もいる。

珍しくサシバの群れ・・?(5羽と8羽)が飛来したり、アカハラダカもまだ残っていて成鳥・幼鳥を
観察できた。そのほかノスリ・オオタカ幼鳥・ツミ・ハイタカ・チョウゲンボウ・ハヤブサ・ミサゴ・トビと
多彩な顔ぶれが勢ぞろいして青空を舞う楽しい渡りを観察できた。

本日で井上が担当した大瀬山の渡り調査を終了します。渡りデータや観察日記をご覧いただき有難うございま
した。渡り調査は引き続き、福江島在住の出口さんが行います。

都合で連続調査はできませんが、データや写真をお楽しみください。(井上)
 
ハチクマ:本日の観察個体数は45羽・このうち渡り個体は33羽. 

141007hinode
大瀬山から望む日の出  雲の広がりが無く朝焼けは見られなかったが、太陽を背景の雲の影が
綺麗だった。

141007sasibaj
大瀬山上空に飛来したサシバ サシバは南に渡るのが通常だが、ハチクマと同じく西に渡って行った。
どこかで軌道修正するのかな?

141007hatij
順光側に行って旋回するハチクマ・幼鳥



コメント

10月6日

2014-10-06 | 野鳥日記
天候:晴れ

12m/s前後の北風が吹き荒れ、強風が治まらない。

そのせいか飛び立ちは遅く7時30分を過ぎた頃、パラパラと出現して強風の中を渡って行った。

午後も風が治まらず、電線がビュービュー鳴っている。ハチクマの群れはやって来ない。
各地のデータをみてもハチクマは少ないので、今年は早くも最終段階かと思われる。(井上)

ハチクマ:本日の観察個体数は60羽・このうち渡り個体は55羽.

141006cfune

141006cfune2
玉之浦湾に台風避難した中国漁船。玉之浦湾は国際避難港に指定されている。尖閣問題以降は入港しなくなっていたが、今回は4隻だけ避難していた。

141006meter
大瀬山に来はじめて3年目に購入した車をまだ使っている。購入から18年目の今年、大瀬山で走行49万Kmを迎えた。



コメント

10月5日

2014-10-05 | 野鳥日記
天候:晴れのち曇り

朝、車に乗り込んだらフロントガラスが夜露が降りたように真っ白だ。潮風で運ばれた塩粒だった。
台風18号の接近で強風が吹き荒れている。大瀬山は強風で居られないので下の駐車場で観察する。

強風にあおられながら数羽のハチクマが飛来するが、すぐに降下して引き返したいった。渡りは確認できず・・
大瀬山にも塩粒がたくさん飛んできて車は塩漬け状態だ。早々に調査を中止する。(井上)

ハチクマ:本日の観察個体数は13羽・このうち渡り個体は0.


141005hatij
強風にあおられながら飛翔するハチクマ(10月3日)

141005tobi
飛翔するトビ(10月3日) 大瀬崎ではトビの飛翔もなかなか格好よく撮れる

141005oosezaki1

141005oosezaki
うねりと高波で大荒れの大瀬崎灯台。青い海に波立つ白波が綺麗だった。



コメント

10月4日

2014-10-04 | 野鳥日記
天候:晴れ

ハチクマの渡りはポツポツと静かでした。

台風の影響と思われる風だけがビュービューと騒がしく吹いています。三脚が吹き飛びそうです。
唯一の救いはクロビタイハリオアマツバメが飛んでくれ、全員が確認できたことくらいでしょうか。(井上) 

ハチクマ:本日の観察個体数は119羽・このうち渡り個体は94羽.

141004kurohari1

141004kurohari2

141004kurohari3
大瀬山上空を飛翔するクロビタイハリオアマツバメ。昨日も1羽だけ飛んだのだがカメラの準備がまだで撮影できなかった。今日は下面・上面・側面の撮影ができた。

141004hanebiro
関西のNさぁ~ん・こんなトンボもいましたよ。

141004kurohari4

141004kurohari5
クロビタイハリオアマツバメ(撮影:9月17日・撮影者:Tさん)

昨年の鳥学会誌の報告に続く国内2例目の観察記録になるのではとのことです。
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo/63/1/63_49/_article/-char/ja/

撮影者のTさんに許可をいただきましたので掲載します。お名前は匿名でとのことでした



コメント (3)