大瀬崎観察日記

五島列島・福江島の野鳥

10月28日

2013-10-28 | 野鳥日記
天候:晴れ一時曇り

一週間ぶりの大瀬山です。
冬鳥が増えてきました。ツグミ、シロハラ、マヒワ、ミヤマガラス初認です。
数はツグミ210羽、シロハラ29羽、マヒワ9羽、ミヤマガラス21羽、アトリは592羽でした。

10月も終盤だし、ハチクマは0羽かな?と思いきや渡り10羽、滞在1羽で、うち7羽が成鳥でした。
成鳥がこんなに遅くまでどこで道草を食っていたのやら(ハチクマは草は食わないと思いますが・・・汗)。

また、大瀬山ではツミ、ハイタカとも幼鳥が多いのですが、今日は2種とも成鳥♂、成鳥♀を観察することができ
たのがうれしかったです。ちょっと遠かったので写真は撮りませんでしたが。

大瀬山からの帰りの農耕地巡りでは、ツリスガラ、タヒバリ、コクマルガラス、チョウゲンボウなどを観察。
しめくくりは家の前でジョウビタキ♂がお出迎え。これも初認です。(出口)

131028hatij2
大瀬山の北側斜面から飛び立ったハチクマ幼鳥(出口)

131028asagi
ツワブキの花にとまるアサギマダラ(出口)



コメント

10月20日

2013-10-20 | 野鳥日記
天候:曇りのち晴れ

タカの渡り数速報は本日をもちまして終了です。

ハチクマの渡り数が14000羽に届かなかったのが残念。
200羽の渡りを2回落としたのがひびきました。

また、いつもは10月の第2週に入るとハチクマの渡り数は2桁や1桁になることが多いのですが
今年は100羽台の渡りが続いたのが印象的でした。

瀬戸内海沿岸や九州北部を西進したハチクマに加え、本州太平洋側や四国を通過したハチクマが
九州を横断して福江島に入ってきたのかも?(出口)

131020nosurij
ノスリ幼鳥  幼鳥は好奇心が強いのか、近寄ってきてこちらを見たあと飛び去ります。
人間が野鳥に観察されている・・・(出口)

131020hatij
ハチクマ幼鳥  今年は体格の良い幼鳥が多かった気がします。ハチの発生が多かったのかなぁ?(出口)

131020asuka2
夜が明ける頃、大瀬崎沖を航行する豪華客船「飛鳥Ⅱ」(出口)



コメント (3)

10月17日

2013-10-17 | 野鳥日記
天候:晴れ時々曇り

今日の渡りはサシバ22羽、ハチクマ15羽と大瀬崎では珍しくサシバのほうが多かったです。

飛去した方角も北西(済州島方向)12羽、西2羽、南西(男女群島方向)8羽とさまざま。
いったいどこへ行くのやら。あとツミ7羽、ミサゴ1羽が西へ渡りました。(出口)

131017hatimure
環天頂アーク(気象光学現象)とハチクマの群れ(右に3羽:汗) 15羽くらいの群れで現れてほしかった・・・(出口) 

131017akaasij
アカアシチョウゲンボウ幼鳥(岐宿町二本楠)(出口)

131017akaasij3
アカアシチョウゲンボウ幼鳥(岐宿町二本楠) 草むらに飛び込んでキリギリスらしき昆虫をとらえた(出口)

131017kantentyou
環天頂アーク  アカアシチョウゲンボウを撮影している時に現れた(出口)

131017hinode
今日の日の出(出口)



コメント

10月14日

2013-10-14 | 野鳥日記
天候:快晴

風も弱く、快晴で穏やかな朝です。今日は地元の方2名が観察にこられました。
ハチクマ観察は初めてとのことでしたが、10月も中旬なので出てくれるのは20羽か30羽くらいで
遠い所を飛ぶかも・・・と思っていましたが、なかなか飛び立ちが始まりません。

7:30すぎに大瀬山の北、崖を背景にした谷から飛び立ちが始まりました。
これは大瀬山上空に飛来するパターンです。大瀬山の東斜面などからもハチクマが飛び立ち、上空を低く旋回し
渡っていきました。数はさすがに少ないですが、大瀬山らしい光景です。

その後もハチクマが飛来し、10:30~11:00までの30分間を除き、14:30過ぎまで空のどこかに
ハチクマが飛んでいる状態でした。

結果的には141羽が渡り、滞在したのは200羽と10月中旬とは思えない数です。
滞空時間が長かったので、感覚的には1000羽くらい見た感じがしました(喜)。

131014hatij
大瀬山の北、崖を背景にした谷から上昇してくるハチクマ幼鳥(出口)

131014hatij2
大瀬山の東側を飛翔するハチクマ幼鳥(出口)

131014hatimure
ハチクマの群れ(出口)

131014hatijtan
大瀬山山頂に人がいるのに気がついたのか、山頂上空で急に反転するハチクマ幼鳥(出口)

131014haitakaj
ハイタカ幼鳥 首を120度ほどひねっています。上空にハヤブサがいたので、それを見ていたのかも(出口)

131014akaasij
アカアシチョウゲンボウ幼鳥(岐宿町二本楠) 今年もやってきました。(出口)

131014hinode
今朝の日の出 たった2日で出る位置がだいぶ南側になりました(出口)



コメント

10月12日

2013-10-12 | 野鳥日記
天候:快晴

今日は出勤前の観察なので観察時間は3時間と短いです。

快晴で、70km先の男女群島もよく見えて視界良好ですが、まともに立っていられないほどの
強風で、電波塔を支えるワイヤーや電線がゴーゴーとうなりをたてています。

また、昨日までの暑さがうそのように涼しくなり、それとともに小鳥達もたくさん入ってきたようで
海上に飛び出したハチクマを双眼鏡で追跡していると、視界を色々な小鳥が横切っていきました。

そろそろ農耕地にアカアシチョウゲンボウが入ってこないかなあ。(出口)

131012hatij
海上に飛び出したものの、強風の中を引き返してきたハチクマ幼鳥(出口)

131012hinode
今朝の日の出(出口)

131012hatij11
11日の「七ツ岳を背景に飛ぶハチクマ幼鳥」の下面(出口)



コメント