大瀬崎観察日記

五島列島・福江島の野鳥

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月25日

2017-09-25 | 野鳥日記
天候:晴れ一時曇り

草ぼーぼーだった大瀬山山頂(展望台)はYさんの草刈りですっきりしました。感謝!

さて、今日のハチクマの渡りは一言で言うと「どーっと来てさーっと渡っていった」というところでしょうか。
特に風は強くありませんでしたが、大瀬山に群れが飛来したかと思うと、あっという間に西海上へ。
6:00〜7:20までの間に本日の渡り数の80%ほどが渡りました。


朝日を受ける西海上のハチクマの群れ  玉之浦町大瀬山


午後に大瀬山上空に飛来したハチクマの群れ  玉之浦町大瀬山


ぱっと見ると♂と間違えそうなハチクマ成鳥♀  玉之浦町大瀬山


ハシブトガラスに追われるハチクマ  玉之浦町大瀬山


コンパクトデジカメで撮影したハチクマの群れ 画面のゴミのような点がハチクマ  玉之浦町大瀬山


今日の朝焼け(5時57分)  玉之浦町大瀬山
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 9月23日 | トップ | 9月26日 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デジカメでも (なんちゃって)
2017-10-05 21:58:48
デジカメでも撮れる時は、ソコソコに撮れていますよ。
ゴミのような。。。ってハチクマに失礼かと。

私は熱心な愛鳥家ではありませんが
ハチクマが西へ意を決して?!飛び立つ姿に
切なくもなりますが、元気を貰っています。
訪問ありがとうございます (出口)
2017-10-06 19:11:48
なんちゃってさん、初めまして。
表記はしていませんが、当ブログではコンパクトデジカメで撮影した写真も使っています。

この群れの写真は、「大瀬山に行ったことはあるが、ハチクマの群れなどは見たことがない」
という人もおり、画面下に島山島が写っていて、こんな感じに見えるということと、望遠付き
一眼レフを持っていなくても群れの写真は撮れるということが伝われば、と思い掲載しました。

また、ハチクマやアカハラダカの群れの写真を見て、「モニターについたゴミかと思った」と
いう人もいて、失礼な!と思いつつ面白いのでそれを使いました。

10月も半ば近くになると、巣立って二ヶ月経つか経たないかであろうハチクマ幼鳥がたった
1羽で西海上に飛び出していく姿が見られます。生まれつき渡る方向を知っている不思議さや
無事に海を超えてほしいという複雑な思いがします。
賑やかさはありませんが、ツミやハイタカなどのタカ類、渡るチョウ、トンボなども見られる
最盛期とは違った大瀬山です。
大変失礼しました(^_^;) (なんちゃって)
2017-10-06 21:52:20
出口様へ
大変失礼しました(^_^;)
そういう事だったのですね。
愛鳥家さんの懐の深さ、いや余裕から来る表現だったのですね。
あ~本当に良かったぁ。本当に安心しました。
実は結構ショックを受けておりました。

いつもキレイに鳥さん達を撮って説明してくれている人が
“ゴミ”と表現していたので、正直ガーーーーン((+_+))と凹んでおりました。しばしば拝見していたので。

ちなみに私は、どうにか撮れた写真を知人に見せて“ゴマ粒”と説明しております(笑)

コンパクトデジカメも撮れる時は撮れるのですが
ボケているのが多いです。
今年は、よっしゃ~!背面撮れた!と思ったら。。。
⌒⌒こんな状態でした。
2年前に最初に撮ったのが一番良く撮れていました。
ビギナーズラック??だったのか??
知人に自慢がてら見せたら本当にハチクマか??と言われたりもしましたが。
先週の30日の1枚目、3枚目のような模様のハチクマの写真が前に撮ったのとそっくりでコレコレ!同じでしょ!って見せました。
なかなかソックリな写真を見つけきれず本当か?と聞かれたら自信激減で。微妙に模様や色が違うと全く違って見えてしまって。
2年間、自分でも合ってるかな?と自信がなく思っていたので、うれしくなってしまいました。

幼鳥たった1羽で飛び立つ・・・本当に不思議ですよね。
誰が教える訳でも無いのに。野生の本能の凄さ。
段々と離れて小さく消えていく様子を見ながら、この先大きなシケに遭いませんように。。。無事に渡れますようにと願いつつ、ハチクマ頑張れ!私も仕事頑張る!ってハチクマ応援しながら戒めております。
ほんと凄いなぁと思います。

誤解していて、申し訳ありませんでした。
また安心して拝見(訪問)して楽しませて頂きますね。
ありがとうございました。
ほっとしました (出口)
2017-10-10 19:23:43
わかっていただけてホッとしました。
ちなみに去年の記事を見たら「ごま粒」と書いていました。
さらに遠いと「けし粒」です(笑)。
また当ブログの写真が少しでもお役に立てたのなら嬉しい限りです。

写真はなかなか思うようにいかないですよね〜。やったー!と思ったり
うまくいかなくてがっかりしたり・・

ハチクマの渡りも終盤です。小雨でも強風でも渡る時は渡りますが、北東の風でよく晴れて
いても渡らない時もあり、不思議なことがいっぱいです。毎年観察してもその年のドラマや
感動があり飽きることはなく、また来年無事に帰ってこいよ!と願ってやみません。
やはり終盤ですね。 (なんちゃって)
2017-10-10 21:35:40
時々、拝見させて頂いておりますが
読んでいて確かに天候で左右されそうなのに
そうでも無い時があるようですものね。
長年観察されていらっしゃる師匠でさえ、
いつもハラハラ?ドキドキ?されていらっしゃるのが
伝わってきます。

拝見しながら今日は天気が悪いからまだ島内に
いるかな??と思えば、飛び立ったと書いてあったり
するので、週末は居ないかな??と予想したり
ブログ拝見しながらズルしております(笑)
本当にごめんなさいm(__)m

しか~し、毎年ほとんど終わったみたいって
アップされていたら断念しますが、
そうじゃない限り望みがありそうで
寝坊しなかったら
週末は眺めに行くようにしております。
運動にもなりますし。

先日の連休もブログの様子から見れる可能性が
あるなぁと思って行きたかったのですが
風邪ひいてしまい、おとなしくしておりました。
山は肌寒くなるかと思うので師匠も
お気を付け下さいませ。

今年は、“ケシの実”が量産されております(笑)
“ゴマ粒”以上の『スイカの種』はコリャ来年だな!(笑)
それより自分の目に焼き付いているんですけどね。
でも、やっぱりカッコイイ写真撮りたい!!!
 (コンパクトデジカメだけど)
ハチクマの行動も不思議ですが、
写真も思うようには、いかないのですね。
プロがそうおっしゃるんだもん
ド素人の私は、本当に“運”ですね。

昔からすると減った、といつぞや書かれていましたが
これより多かった時代は、圧倒されるくらいの
光景だったんだろうなぁと思いながら見ております。

以前は、表がありましたよね?
いついつ何羽飛来の何羽出発で残り個体数何羽って
表を頼りに増減見て眺めに行っておりました。
それでも減った感じが伝わりました。

余談ですが、コウノトリが福江島に飛んで来るとは
知りませんでした。これもビックリしました。

と、こんな風に結構、楽しませて頂いております。
頼りにしているので、今後ともよろしくお願いします。





コメントを投稿

野鳥日記」カテゴリの最新記事