『名も無く豊かに元気で面白く』

読んだ本、ニュース、新聞、雑誌の論点整理、備忘録として始めました。浅学非才の身ながら、お役に立てれば幸いです。

お出かけ前に、路面をワンタッチで犬の肉球のやけど予防

2018-07-23 08:34:45 | 日記

22日岐阜県と愛知県では、岐阜県郡上市八幡で39.8℃、愛知県名古屋市千種区で39.5℃を観測するなど両県あわせて6観測地点で最高気温が39℃を超えるなど猛烈な暑さとなっています。この暑さでは更に10℃以上熱くなる地面により近い、小さな子供や犬の散歩も要注意です。火傷事故を未然に防ぐため「お出かけ前に、路面をワンタッチで火傷を予防」は常識となるでしょう。

以下抜粋コピー

「夏の炎天下、道路の温度は60度」「アスファルトで肉球を火傷する子が増えています」

「体が地面に近いため、熱を持った地表温度の影響を受けやすく熱中症の原因にもなります」

「夏のお散歩は地面が冷えてから行きましょう」

同会は、Facebookでも次のように呼びかけている。

「真夏 犬を連れて散歩をしている飼い主さん、に 見て貰いたいポスターです。シェアをお願い致します。ご近所に 可哀想な犬が居ても 中々話しはしにくいものだと思います。

そんな時に 啓蒙啓発の為のチラシなどを 近くに貼ってみたり 、ポスティングしてはいかがでしょう。

誰かが助けなければ 日々苦しいだけの生活をする犬達が沢山居ます 愛のある優しい手を差し伸べて下さる様お願い致します」

気温が30度でも、路面やマンホールの温度はさらに上昇し、60度を超すこともある。そんなときに犬と出かければ、肉球などにやけどを負わせることになりかねない。ポスターは、その危険性を呼びかけている。お出かけ前に、路面をワンタッチで火傷を予防

一方、犬の靴・靴下専門店「docdog」(ドックドッグ)が犬の肉球のやけどを防ぐために、「#わんタッチ」活動を2017年から始めている。

犬と外出する際、飼い主が手の甲で5秒間ほど地面をさわり、地表面の熱さを確認することで、火傷を未然に防ぐのが狙い。
また、ペットの医療保険会社の「anicom」は、犬の熱中症を防ぐための注意点を10項目にまとめ、普段の様子や犬種などで該当することがあれば、注意を呼びかけている。


コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「米政権が仕掛けた各国との... | トップ | ❝広島カープ27日にも球団史... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
拷問ですな (夏目三四郎)
2018-07-23 13:16:10
朝九時犬の散歩多数見かける。夏の散歩は犬にとっては拷問では。運動不足は良くないが夏は散歩ダメでしょう。家でクーラーの部屋で休みのが犬には良いでしょう。かわいそうに主人の自己満足で夏に散歩に連れだされる犬には拷問ですな。合掌。ラッシー君。ダックス君、

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事