かけだし鬼女の、今が日本の一大事~よければ一緒に凸しよう!~【コチラは旧居です】

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とパソコン片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

強制退去命令の不法滞在外国人が「日本にいさせて」要望書!谷垣法相に「お帰りいただきましょう」の凸だっ

2013-05-21 19:31:48 | 反日本勢力に激怒の日々
「ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加しています!
ご来場早々お手数ですが、2種類の応援クリックをお願いします(土下座)

*INポイントでランキングされます*
このブログ直接訪問→バナークリック→人気ブログランキング(にほんブログ村)に跳ぶルートがINポイント。
図々しいですが、お気に入り(ブックマーク)もしくは検索で訪問していただけたら幸いです(再び土下座)


↓ ブログランキングはコチラ ↓


↓ にほんブログ村はコチラ ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

=====

うをおおおおおおお!「過去エントリもリアップしよう♪」なんて思ってたが、
次々凸マストの案件がクルーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(激怒)

せっかく投票の〆も終わって、お礼も兼ねたエントリしようと思ってたのにいいいいいいい(激怒)

今日3本目のニューエントリっ(激怒)

外国人ら「ずっと日本に」在留特別許可求め活動
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130520/trl13052017530006-n1.htm

入管当局から強制退去命令を受けた不法滞在の外国人ら約30人が20日、都内で記者会見し
「家族をばらばらにしないで。ずっと日本にいさせて」と在留特別許可を求めた。
支援者を含む約50人が24日まで、東京入国管理局(東京都港区)前で座り込みなどの要請活動をし、
同日に谷垣禎一法相に要望書を手渡す。
在日外国人の支援団体「APFS」(東京)によると、ほとんどが日本で生まれた子供がいたり、
20年以上日本に定住したりしており、法務省のガイドラインでは在留特別許可が認められる可能性があるという。
1989年に来日し、妻と長男(11)と埼玉県三郷市で暮らすフィリピン国籍の
トレス・アルマンドさん(56)は
「子供は日本語しかできず、他の国で生活できない。子供のために残してほしい」と訴えていた。
(2013.5.20 17:51 記事ココまで)
=====

なにが

>「家族をばらばらにしないで。ずっと日本にいさせて」

だよっ(激怒)お望みどーり家族バラバラにしません、家族みんなでフィリピンにカエレゴロア(激怒)

>「子供は日本語しかできず、他の国で生活できない。子供のために残してほしい」

それは正当な手続きもせずにずっと不法滞在を続けていたてめーらの都合(激怒)
日本に要望書を提出して居座ろうなんて図々しいんだよゴロア(激怒)
子供を盾にしたら何でも通ると思いやがって!

フィリピンって公用語英語だっけ?それともタガログ語?(ググる)
へえ!英語とフィリピン語(←1987年に採用された新言語だって!)
いい機会じゃん!英語を子供に習わせたら、子供の未来も拡がるわー、ガンバッテね(棒)

また、彼奴らを支援する「APFS」とやらのHPを覗いてみたら
■■ 緊急シンポジウム ■■「日本の入管政策を問う」なるものを過去開催していたが、言い分はこう
http://www.jca.apc.org/apfs/event/event20050730.htm

2004年9月21日、10年以上もの長い期間、日本で就労し、日本国内に強固な生活基盤を形成している
長期滞在者7名(バングラデシュ国籍)が東京入国管理局に、在留特別許可を求めて集団で出頭しました。
彼らの思いは非正規ではあるものの、長きにわたって真面目に仕事をし、
日本社会の産業の一旦を担ってきた存在を認めてほしい、というものでした。
しかしながら、彼らの懸命の心の叫びに対する法務省の返答は、国費による突然の強制送還という仕打ちでした。
グローバル化、少子高齢化による人口減少に直面する中で、日本の外国人政策は大きな転換期を迎えています。
将来に向けた新たな外国人政策を議論すると同時に、これまでの政策を批判的に検討することも含めて、
みなさんと一緒に考えてみたいと思います。
(抜粋転載ココまで)
=====

>非正規ではあるものの、長きにわたって真面目に仕事をし、
>日本社会の産業の一旦を担ってきた存在を認めてほしい

不法滞在に不法就労してたんだろゴロア(激怒)
「長きにわたって真面目に」は免罪符にならないの!ちゃんとした手続きを経て、
日本に滞在して労働しろ!つうてるのが、間違ってるのかよ被害者ヅラしやがって(激怒)

>グローバル化、少子高齢化による人口減少に直面する中で、日本の外国人政策は大きな転換期

不法滞在の外国人サイドから、日本の外国人政策を語らないでください。

>法務省のガイドラインでは在留特別許可が認められる可能性がある

ん????????
強制送還でスッキリ解決じゃねーの!と思って法務省HP見てみたら!

「法務省HP」1 在留特別許可について
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan25.html

入管法第50条に規定する在留特別許可は,法務大臣の裁量的な処分であり,その許否判断に当たっては,
個々の事案ごとに,在留を希望する理由,家族状況,生活状況,素行,内外の諸情勢その他諸般の事情に加え,
その外国人に対する人道的な配慮の必要性と他の不法滞在者に及ぼす影響とを含めて,総合的に判断しています。
在留特別許可制度については,これまでにも上記の観点から適切な運用を図ってきており,
在留特別許可処分の透明性を高めるため,平成15年以降各種の事例を公表しているところですが,
更に在留特別許可処分の透明性を高めるとともに,各種事例の内容を分かりやすくするため,
今般,平成20年以降に在留特別許可された事例36件,在留特別許可されなかった事例36件について,
主な事案別(在留を希望する理由別)に分類の上,次の2のとおり公表します。
(抜粋転載ココまで・個別事例はこのページにありますので興味ある方はご高覧あれ)
=====

>在留特別許可は,法務大臣の裁量的な処分

ええええええええ!だから、谷垣法相に直談判すんのか(激怒)

↓ 類似事件:カルデロン一家事件についてはコチラのエントリに ↓
7月9日から!住民基本台帳改正&外国人登録法廃止&新在留管理制度の意味とは?
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/62f9e2999c23d0a7667b0798e6659008

>人道的な配慮の必要性と他の不法滞在者に及ぼす影響

日本のすべきことは、人道的に、一家仲良く全員、母国に返して差し上げることだ。
日本が法律に則って粛々と不法滞在者に対処することが広まれば、
不法滞在&就労者に対するカウンターになるし、今後も不法に居座る外国人が減る筈だ。

谷垣法相に、凸をしとうございます。

谷垣さだかず法務大臣 お問い合わせ
http://tanigaki-s.net/inq.php
衆議院第二議員会館210号室
電話 03-3508-7012 ・FAX 03-3597-0895  
〒620‐0056 福知山市厚中町

自民党 ご意見(谷垣法相宛に送れます)
https://ssl.jimin.jp/m/contact
〒100-8910東京都千代田区永田町1-11-23
TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855

凸凸凸 文例 凸凸凸

強制退去命令を受けた不法滞在の外国人ら約30人が在留特別許可を求めて
谷垣禎一法相に要望書を渡す予定だそうです。
在留特別許可は,法務大臣の裁量的な処分とのことですが、
彼らは個別の事情を訴えておりますが、日本は法治国家です。
入管法に乗っ取って、不法滞在・就労者には粛々とお帰りいただくのみです。
ここで温情をかけて特別許可の例を重ねると、
日本の強制退去命令は甘いという認識が不法滞在の外国人に拡がりかねません。
断固と、不法滞在外国人及び家族全員に母国に帰国いただくよう、判断、お願いいたします。

=====

ガッキー!たのむぜっ!!!!!!!!

【継続はチカラ也!時間があったら凸っちゃおう!~デイリー3凸のコーナー~】

↓ 群馬の朝鮮人追悼碑を撤去だっ ↓
【緊急凸依頼・文例アリ】群馬にある「記憶 反省 そして友好」の朝鮮人追悼碑を撤去するチャンスだっ!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/f3b91ed6c61686da0e5f88f6705846d1

↓ TPP反対 ↓
【再・集中抗議要請】百害あって一利なし!メリット不明のTPPに抗議しよう!「いつやるの?」「今…略」
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/b6b60742ce23598d5ed48127e9b1e3d5

↓ 通名禁止 ↓
通名のせいで、全ての犯罪が在日朝鮮人の仕業と思っちゃうの!濡れ衣は悪いから、通名禁止がいんじゃね?
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/064570544acf1461fb602160c83fea81



にほんブログ村 政治ブログへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ


コメント (30)   この記事についてブログを書く
« 下朝鮮記者「広島長崎原爆投... | トップ | 年商1億の朝鮮人がナマポ不... »
最新の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
橋下の正体?? (自衛官)
2013-05-21 20:36:48
下チョウセンが先手として国をあげて各国在外チョン達にロビーやらせて外国人の感情を煽り、既に日本に批判の目が向けられている状況で、
後手の日本の議員が子供の喧嘩みたいな発言したら反感を買い事実を受け入れられ難くしているだけ。
特別永住外国人に配慮をと言ったり西村議員に辞職を求めたりした反日橋下徹の計画的犯行。

橋下さんは、残念ながら、韓国(在日)のスパイだと思います。
なぜなら、同じ維新党員の中山議員が、3月8日の国会質疑で、慰安婦問題について、「1次資料に基づいた強制連行なし」の見事な説明をされました。
また、同時に朝日新聞の捏造の問題にも触れられました。
なのに、マスコミは、この事実をどこも報道しませんでした。
いつも騒ぎ立てる韓国も知らぬふりでした。
私なら、先日(5月19日)の、テレビ朝日の生出演の時にでも、これがチャンスとばかりに、その資料を中山議員から借りて、
維新の会の党首として「1次資料に基づいた強制連行なし」の説明をしたいと思います。
私でも考えつくような、【マスコミや韓国をやり込める方法】、それをあえて避けているので、
上記の結論になりました。
反日勢力にトドメを刺そう!! (自衛官)
2013-05-21 21:05:47
いま米国はボロボロで韓国を助ける暇も余裕も無いぞ…
この二週間で十年に一度位の大政治問題が三つも発生しとるw

①リビアのベンガジ:国務省の隠蔽がばれる。裏でヒラリーが暗躍。初の女性大統領に暗雲。

②司法局の違法盗聴:議会承認及び政府報告ガン無視。AP,CNN等被害機関多し。
安保情報漏洩の為と言いながら選挙前に報道機関の公表前に何故か政府が先手を打った発言が時系列上存在。

③国税局ウヨ妨害:選挙活動の税控除受理を茶会にはせず。
最初茶会は白人極右だからとの理由で幕引きを狙ったが昨日中南米系ウヨへの妨害も発覚。
選挙前に共和党候補(ラムニー)の税申告内容について下院院内総務(ハリーリード,ネバダ民主)が正確に問題点を予想したが後にラムニーはそれが正しい事を認めた。

選挙結果に大きく影響を与えたがどうして知っていたのか?
で最近銃規制法案の件で民主党は党を挙げて規制推進だったのにこの院内総務は選挙区民が嫌がるので慎重の立場を表明
通常なら大統領も出てきて袋叩きにする筈なのに何故か全員スルーw
リビアの件でも議会召喚予定だったヒラリーが脳震とうを理由に現れずw

違法盗聴の件でも普段から煩い政府が知らない筈が無いと言い出した元役人が多数現れる等おかしな事だらけ。

例え全ての潔白が明らかになったとしてもオバマは支持失ってレームダック化すると言われ始めたが。韓国政府よタイミングが悪いよ。w

さらに↓
そういえば、朝日新聞の証人喚問まであと一歩らしいぞ。
世論の高まりが決め手なんだって。政府にメール送れってこと?
朝日から芋づる式に反日集団を潰すのかな。
ドンドン強制送還をしてもらいたい! (いちご)
2013-05-21 21:21:37
かけだし様のランキングUPが嬉しいです。

嬉しいけど、不法滞在外国人の国外追放は当然のことです。

不法外国人の国外追放には、私たちの血税を使ってでも強制送還してくださいとメールしました。

明日も明後日も頑張りましょう。


デフレ大魔王の与謝野馨の復党も絶対に反対です。
《維新は参議院選挙の「みんなの党」との争点を「慰安婦」問題にせよ》 (Unknown)
2013-05-21 21:25:13
●超拡散希望《維新は参議院選挙の「みんなの党」との争点を「慰安婦」問題にせよ》

■みんなの党の渡辺善美党首は、永田町で国家観(歴史観)がないことで有名ですので、維新は参議院選地方区の複数区で「みんなの党」との争点を、「慰安婦」問題を訴えかけると勝算がでてきます。

また、街頭演説の会場で3月8日の衆議院予算委員会で中山成彬先生が、使用したパネルのチラシ(神奈川世論の会作成)を配布できれば、一気に一般国民を覚醒させることができる可能性がでてきました。

これを実現させるには、維新の参議院選挙立候補者に、そのチラシの効果を説明したものを送って上げれば、今までの保守活動の枠が一挙に拡大する可能性がでてきました。

★予約受付中!
ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神

※ ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
Unknown (sabang)
2013-05-21 21:39:48
一般的に強制送還の場合、国費ではなく私費です。
航空運賃がない場合は、牛久の収容所等で1日当り、確か5000円程の日当で袋はりのような内職をして、運賃を貯めてから送還になりますよ。
当り前のことですけど。

入管行政は厳格に運用しなければ差別になります。
殆どの場合、強制送還処分になると適用されてます。
だから余計に腹が立つのです、在日には!

日本で殺人を犯した893在日でも、強制送還された話しは聞きませんから。
日本で真面目に働いていた人が在留資格がないことで強制送還となっているのに、日本人を殺したり、レイプした罪人が強制送還にならないのは著しく差別だと思います。

人道とか差別とかは加害者にはない。
被害者側家族の気持ちも考慮しろと言いたい。
外人と害人は区別すべき (読者)
2013-05-21 21:53:45
私の友人にイラク出身の柔道家がいます。
長い付き合いになりますが、戦乱の影響で帰れなくなってしまったそうです。日本人の妻との間に子供もいますが
母国の家族はみな連絡が取れないというのです。
彼も長いこと日本の風習やしきたりが理解できず苦労したそうですが、いまは並の日本人よりも硬派な男ですよ。
よく武道や歴史の話をしていていると
逆に彼に教わってしまう事すら多いものです。
「何で俺が知らなかったのか・・・!」と思わされます。
このような人なら友人として遇するべきですが
日本に住みながら恨みを垂れ流すようなバカ者は
「即刻退去!」ですよね。

なお読者の皆様、更なる応援クリックを願います。
はじめまして (uematu tubasa)
2013-05-21 21:59:37
大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaと申します。

凸しますよ。これは駄目でしょう。不法滞在ですもの。

突然ではございますが、反TPPブログとして貴ブログを紹介させていただきました。

是非、拙ブログへお越しください。

応援クリックさせていただきます。
裁量とか・・・ (ルイジアンナ)
2013-05-21 22:08:47
ばんわ~!ランキング急上昇に併せ、仕事量も半端ないっすね、嬢!お疲れ様です。
さて、俺は裁量・ジャッジ・レフェリング等々が嫌いです。フィギュアスケートに始まり、サッカー・ラグビー・野球等々でもレフェリーたちの主観が必ず入るので、「おかしいだろそれ!」が絶対に発生します。
相撲やラグビーではVTR確認が導入されましたが、それでもゲーム中の細かいところでは審判が神。

さて、今エントリーでの救いは自民党が与党ってところですか。ただ、裁量+報道+ウヨウヨ居る市民団体とかいうヤツらの圧力が・・・。
コツコツにも限度ありますよねぇ~。
西村慎吾先生応援のお知らせ (愛信)
2013-05-21 22:38:26
西村慎吾先生応援のお知らせ
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi

【要請書送信先国会議員一覧】に
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi
無諸(衆)__ 西村 慎吾 近 畿 大阪17 -回 tokyooffice@n-shingo.com
を登録しましたのでお知らせいたします。
(立候補(衆/参)選挙区など確定しだい変更いたします。)

西村眞悟ホームページ・ネット献金・浄財募集!は
http://www.n-shingo.com/kenkin/application.php
こちらからどうぞ。

尚、メールアドレスが登録されましたので、
【国政に対する要請書】から要請書を西村先生へ送信できます。
http://www.aixin.jp/ysk.cgi
みんなの声【国政に対する要請書】コメント一覧はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

【関連情報】
H25/4/16 衆院予算委・西村眞悟【外交・安保等集中審議】
ttp://youtu.be/kM-ZhkvzyQM
(動画)

今度の選挙7月21日からインターネット選挙戦と成りますので、有志の応援をお願いいたします。
西田vs三橋 経済対談 (ルイジアンナ)
2013-05-22 00:00:55
その1→  http://www.youtube.com/watch?v=IdQ0ERv9N4c&feature=player_embedded#! ←まで

その2→  http://www.youtube.com/watch?v=bwgKzDs-DLc&feature=player_embedded ←まで

その3→  http://www.youtube.com/watch?v=2_1mMuj6MwY&feature=player_embedded ←まで

反日本勢力に激怒の日々」カテゴリの最新記事