○△□ ∞ 鶴千亀万 人間百年

『鶴は千年、亀は万年、人間は百年へ』

memo ∞「カンナの奇跡① Canna Project since 2004 by Riho Tachibana」

2017-01-27 | 雑記

FBからの転記です。日本のファーストレディとして、随分と活躍されていますね〜 歴代の首相夫人の中では国内海外共に抜きん出た活躍ぶりです。

安倍昭恵

 

124 ·

 

「カンナ・プロジェクト」の橘凛保さんと久しぶりにお会いしました。

 

広島に原爆投下されてから約1ヶ月後、絶望の中で咲いたカンナの花。

凛保さんはカンナの球根を各地に届け、カンナの花を日本全国、そして世界各地で咲かせています。

カンナの花と共に、平和が広がりますように・・・

 

http://canna-project.com/


カンナの奇跡① Canna Project since 2004 by Riho Tachibana(カンナ・プロジェクト10年を10分の動画にまとめました)

2014/08/26 に公開

「カンナ・プロジェクト」とは

「カンナ・プロジェクト」は、橘凛保(Riho Tachibana)が2004年から10年間自費活動で、原爆投下から一ヶ月で咲いたカンナの忘れられた事実を伝え、子どもたちとカンナの花を咲かせています。

1945年8月6日、世界で始めて核爆弾が広島に落とされました。瓦礫の焦土と化した大地には75年は花は咲かないだろうといわれていました。ところが、爆心地820mからというところにたったひと月余りで咲いた花がありました。真っ赤なカンナの花です。放射能にも負けずにわずかひと月で芽を出し咲かせた花カンナ。人々は生きる力をもらったと思います。しかし60年の年月は人々の記憶からこの大切な真っ赤なカンナを忘れ去らせてしまいました。橘凛保は2004年原爆資料館でカンナの写真と出あい感動し、取材をして、物語りとしてカンナに再び命を吹き込みました。周知活動を展開する中で、未来に向けて、子供たちと一緒にカンナを植えています。カンナを植えながら、平和の花カンナの講演もしています。

キーワード
■ 爆心地820m
■ 原爆投下からわずか1ヶ月
■ 真っ赤なカンナ
■ 花言葉は『堅実な未来』
■ キャッチフレーズ     『希望をつなぐ真っ赤なカンナのリレー!』
  『 世界中の人の心に平和と希望の花を咲かせましょう!』

http://canna-project.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月26日(木)のつぶやき | トップ | 1月27日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事