どうして枕木が必要なの?

2018年08月16日 09時39分30秒 | 日記
この前寝ている時に電車の出てくる絵本を読んでいたら、りょうちゃんが線路の絵を指差して、

「どうしてまくらぎがひつようなの?」

「せんろだけでも、いいんじゃない?」

と聞いてきた。

うっ、ママが苦手なジャンルの質問、来たね

石が敷いてあるのは、冬に下の土に霜柱が立った時に線路が持ち上がらなくていいとか、そんな話を聞いたことがあるような気がしたけど、じゃあコンクリートのところなら石もいらないんじゃないかとか考えたり、そもそも聞かれているのは枕木のことだし、なんて思ってたりしたら混乱してきたので、宿題とさせていただいた。

で、調べたら、枕木なしで地面に線路を敷いたら、電車の重みで地面に線路がめり込むんだそうだ。なるほどね〜。石にも、重さがかかる力の方向を分散する働きがあるらしい。それから、一見、地面に線路が直接敷いてあるように見える路面電車も、実はコンクリートの下に枕木があるんだそうだ。全然知らなかった‼️

りょうちゃんのおかげで、ママも勉強になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 凄腕ボランティアさん、素晴... | トップ | 新幹線で大宮の鉄道博物館へGO‼️ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。