そういう子、いるよね😅

2019年04月23日 09時38分00秒 | 日記
りょうちゃんは、やんちゃな子は好きだけど、乱暴な子はあんまり好きじゃない(当たり前か😅)。小学校に入ってから同じクラスになったお友達の中に、どうやら乱暴な子がいるらしく、その子がまた背の順に並ぶと1列の時は後ろ、2列の時は隣で、パンチ👊をしたり、蹴ったり、押したり、「バーカ」と言ったりするんだそうだ。
 
もしかして、それもあって学校が嫌だった? と聞いたら、
 
「そう。やめてって言っも、やめてくれないから」
 
と憮然とした顔で言っていた。
 
そうか。いったいどんな子なんだろう?
 
小学1年生とはいえ、意地悪な子は本当に意地悪だということは、ママは経験からよく知ってる。私が12年の時に同じクラスだった女の子2人組が本当に意地悪で、私は早生まれで背も低かったし、内弁慶で学校ではおとなしかったから、格好のターゲットだと思われたんだろうけど、まぁよく嫌なことを言われたりした。ある時なんか、いつも意地悪なその子が休みの日に電話をかけてきて、3人で遊ぼうと言うので、気が弱くて断ることもできず、渋々出かけた。その子の家はちょっと遠くて道がわからないから、小学校で待ち合わせして連れてってもらったんだけど、最初は仲良く遊んでたのに、やっぱり途中から意地悪になって、学校まで道がわからないから送ってくれる約束だったのに、途中で、「ここからは一人で帰って」と言われて置き去りにされた。泣きながら歩いてたら、知らない女の人が声をかけてくれて、小学校まで連れてってくれたから良かったけど、いま思えば誘拐とかされてたらどうするんだよ‼️ と思う。あんなに心細かったら、知らない人がおうちに連れてってあげるよ、なんて言ったら、多分付いて行ってしまってたかもしれないから。
 
そんな訳で、意地悪な子じゃないといいなぁと思いつつ、授業参観は、その子を見て話しかける絶好の機会だと思っていた。
 
さて、参観当日。たまたま最初に到着した親が私で、2番目が、例のお友達のお母さんだった。挨拶してちょっと話してたら、その子のお母さんだと分かったんだけど、普通に感じの良い方だったので、ちょっと安心した。
そして、りょうちゃんと、その子の様子を見ていたら、親に見られるという意識があったせいかもしれないけど、とりあえず、その子が乱暴にすることはなかった。でも、りょうちゃんの背中とか肩をちょこちょこ触ってて、おやおや、だいぶ甘えんぼっぽいなと思った。
 
なるほどね。いるね、こういう子。
 
その子はちょっとぽっちゃり体型で、だいたいそういう子は力が強い。そして、実際に、ちょっと乱暴なところもあるんだろう。でも、決して意地悪なんじゃなくて、どちらかというと構ってほしいタイプなんじゃないかな。
 
とりあえず、その日にその子に挨拶して、私がりょうちゃんのママだと認識してもらった。その後も、朝の登校で顔を合わせるんだけど、よく私に話しかけてくるので、やっぱり構ってほしいタイプみたいだなぁと確信を深めた。
 
りょうちゃんは、兄弟がいないから、殴り合いの喧嘩の経験もほとんどないと思うけど、私が子供の頃は、姉弟3人で毎日何かしら喧嘩してた。ぶたれることなんてしょっちゅうだから、ある程度免疫があるけど、りょうちゃんにしてみたら、幼稚園にもそういう子はあんまりいなかったし、嫌なんだろうと思う。でも、こういう子って、これからもきっと、クラスに1人くらいは普通にいると思う。これから、何度も何度も同じような経験をするだろう。そんな時に、そういう苦手なタイプの相手にどう対処していくかも、大人になるまでに身につけていかないといけない大事なことだ。
 
そういう子は、やられっぱなしの子にはますます乱暴にすることがあるし、別のお友達によると、実際保育園ではそういう感じたったらしい。こっちから聞き出したわけでなく、子ども同士で、「●●君はすぐにパンチするからな〜。保育園でもいつも▲▲君のことパンチしてたし」とか話してて、あ〜、やっぱりね、と思った。
 
だから、りょうちゃんには、やられたらやり返していいよ、と言っておいた。相手に痛い思いをさせたら自分も痛い思いをするのは当然のことだから。それを知るのも、子どもにとっては大事なことだ。
 
今朝も、その子はりょうちゃんがどんなオモチャを持ってるか、どんなテレビを見てるか聞いていて、少なくとも、りょうちゃんに普通に関心があって、まだ知り合ったばかりだけど、お友達だと思ってるんだなぁと思った。
りょうちゃんは答えてはいたけど、ちょっと態度が冷たかったから、もう少し打ち解けるようにらちょっと話をしてみよう。アイツ嫌い、と思っているより、アイツ面白いヤツだな、と思えた方が、学校が楽しいもんね。
 
まぁ、本当のこと言うと、無理に友達になる必要もないんだけどね。
コメント

カメムシ事件

2019年04月23日 08時52分00秒 | 日記
土曜日に、小学校からいったん帰って歯医者に行くまでの間に、洗濯物を家の中に入れてそのまま出かけ、夜に帰ってから取り込もうとしたら、洗濯物のハンガーを引っ掛けていたカーテンの近くに、何やら緑色の虫が。
 
あっ、これは、カメムシだ‼️
 
カメムシって、外で見かけたことはよくあるけど、家に入ってこられたのは初めて。刺激すると臭いと聞いていたので、パパにビニール袋を手にはめてつかまえてもらおうとしたら、うっかり落下。その瞬間、りょうちゃんが、
 
「臭い‼️
 
と叫び、パパも、
 
「うぉ、臭いな」
 
と言いながら、なんとか次は落ちてるカメムシを無事に捕獲することができた。は〜、やれやれ。
 
ところで、鼻が悪いママは、全然臭わず。本当に臭いの?
なんか、草っぽいにおいがするけど、これのこと?
 
りょうちゃんは、
 
「ちがうよ、腐ったメロンの臭いがする〜」
 
とリビングから逃走。パパも、臭い臭いと自分の部屋に退避。りょうちゃんは、リビングに戻って来たかったので、水でカメムシが落ちたカーペットの部分を洗おう‼️ とか張り切ってるけど、水をぶちまけられたらたまらない。
 
それで、リセッシュが効くかどうかわからないけど、とにかく、部屋の臭いを取るスプレーだからと説明したら、カーペットだけでなく、部屋のあちこちにスプレーし始めた。
 
途中からすっかり楽しくなって、目的がスプレーすることに変わってますけど💦
 
それにしても、自分でも鼻が悪い自覚はあったけど、カメムシの臭いが分からないなんて思わなかったなぁ。昔、クサヤの臭いが分からなくて、あれ? 嗅覚がなくなってるかも、と気づいたことがあった。その年は、花粉症がひどくてひどくて、花粉症シーズンが終わってもしばらく鼻が麻痺してたんだけど、日常のにおいは記憶が補ってるみたいで、においがしてないことに気づかなかったんだよね。
 
でも、今回は、料理中のにおいとか、りょうちゃんのオナラとかは分かるから、カメムシの臭いが自分にとって嫌な臭いじゃないとかなのかな? 調べたら、成分自体はパクチーとかのハーブと同じものが含まれてるらしいから、たいして臭いと思わなかったのかも。たしかに、草っぽいにおいはするなぁと思ったし。りょうちゃんとパパには、「そんなもんじゃない‼️」って言われたけど😅
コメント