ロボット作りが楽しい‼️

2019年04月22日 18時33分00秒 | 日記
りょうちゃん、今回のロボット教室は、1回の授業で1つの作品を作ることができた。作ったのは電動のマジックハンドで、たしかにちょっと小さめな作品だけど、たいしたもんだなぁ。
 
これまで、2回で1つ、遅いと3回かかることもあったけど、どうやらずいぶん早く作れるようになってきてるみたい。お手伝いをしてもらうことも少なかったらしくて、どんどん自信もついて楽しくなってるみたいだし、とってもいいことだ😄✨
 
あんまり嬉しくて、教室を出てすぐに、
 
「ちょっと改造する」と言って、休憩スペースでアレコレやり始めたのにもちょっとびっくり。今までそんなことは一度もなかったのに。
 
さて、公園に向かう前にジイジの家に寄って自転車をとってこようと思ったら、バアバが具合悪くて寝てたので、りょうちゃんは寝ているバアバに何度もロボットが動いているのを見せていた。元気が出ると思ったんだよね。
それから、ロボットをバアバのお布団のところに置いておいてあげたら、具合の悪いバアバが遠くのものを取るのに助かるし、喜ぶと思ってたらしく、本当は公園に持ってってお友達に見せようと思ったのに、持っていくのはやめたんだよね。
 
お布団の所に置くと、バアバが寝返り打ちづらいから、別のところに置こうねと言ったら、
 
「わかった」
 
と言ってだけど、公園に持ってく? と聞いたら
 
「もっていかない」
 
とのことだった。多分、家に置いておけば、役に立つと思ったんじゃないかな?
 
りょうちゃんは、時には誰かのために我慢しようという気持ちがある。役に立ちたいという気持ちもあって、まだ小さいのに、本当に偉いなぁと感心する。人の役に立つのは嬉しいことだっていう気持ちがあるんだよね。
 
だからついつい、ママも甘くなっちゃうんだよなぁ。
今度のゴールデンウィーク、どこに連れてってあげよう、とかね😅
コメント

はじめての授業参観

2019年04月22日 09時39分00秒 | 日記
土曜日は初めての授業参観で、朝顔の種まきをすることになっていた。本当は、できれば休み時間にどんなふうに過ごしているのか、つまりは、「ポツンと一人でいるのか」「新しい友達と話したりしているのか」を見たいので、事前に学校に電話で、昼休みの様子を見ていいのかを聞いたら、「全く問題ありません」とのことだったので、早めに学校に行った。
 
ところが、学校に着いて中庭に自転車を停めようとしたら、すでに1年生がそこに集合してて、りょうちゃんとバッタリ会ってしまった。
あちゃー、そうか、1年生は昼休みもなしなんだ。早めに準備してたんだね。残念。
 
仕方ないので、自転車を停めて、1年生のクラスについて行くことに。少し待って、そのまま授業参観が始まった。
 
朝顔の種まきは、専用のケースに土を半分入れて、肥料を入れて、残りの土を全部入れて、水をまき、指で穴を開けて種を蒔く、ということで、たいした作業ではないので取り立てて何事も起こらずあっという間に終了。幼稚園の授業参観よりシンプルだったな😅
 
そして、教室に戻り、持ち帰る荷物を準備して、「帰ります。さようなら」の挨拶で終わり。う〜ん、あっけない。
 
そのあとは、子どもたちは校庭で遊びながら、もしくは図書館で絵本の読み聞かせをしてもらいながら待っている間に、親は保護者懇談会。もちろん、りょうちゃんは外遊びへ。ただ、懇談会と言っても、配られたプリントを読むだけだったので、30分ほどで終了。早くて良かったけど、たいして内容もなく、プリントさえもらえれば別に参加しなくても大丈夫な内容だった。
 
さて、外に出ると、りょうちゃんはれん君と走り回って、すっごく楽しそうに遊んでいるのを見つけた。そうだよね、外遊びは楽しいよね。早く1年生も外遊びさせてくれたらいいのに。どうしてダメなんだろう。発散する場がなくて、本当にかわいそうだ。こんなに楽しそうなのに。りょうちゃんのお友達のお母さんにも聞いたら、みんな「学校はつまらない」と言ってるらしい。休み時間は、毎日折り紙を折るくらいしかさせてもらえないから。そんなんで、本当にいいのかな? 「学校楽しい‼️」と思わせるのが、最初は一番大事だと思うのに。
 
 
それはともかく、15時半までしっかり校庭で遊び、いったん帰宅。16時に歯医者、そのあとジイジの家に行ってみんなで夜ご飯を食べ、ママは18時〜の学童の保護者懇談会にも向かった。こちらもたいした内容はなく、まぁ、顔合わせの意味合いが強いんだろうから、仕方ないね。
 
りょうちゃんを迎えに戻り、スーパーで買い物して家に着くと20時半近く。仕事の日より帰りが遅くなったよ😞
コメント

オナラ大魔王

2019年04月22日 08時37分00秒 | 日記
先週の木曜日の帰り、自転車を押しながらりょうちゃんと家に向かって歩いていたら、
 
「ご飯を食べ過ぎてお腹が苦しい」
 
とボヤいてたりょうちゃんが、
 
「お腹痛くなってきたから、自転車に乗りたい」
 
と言い出したので、途中で自転車に乗せて家に帰った。
 
帰るとすぐにコタツに横になっていたので、ここのところ毎日ウンチは出てるし、どうしたんだろう? メンタルからくる腹痛じゃないといいんだけど。。。と心配してたら、少しして、
 
「もうお腹痛いの治ってきた」
 
と言うので、とりあえずお風呂で湯船に浸かってお腹を温めることにした。
 
すると、
 
「ママ、みて」
 
と湯船を指差すので、覗き込むと、ボコボコボコ〜と大きな泡が。
 
あ、オナラしたね‼️ と言うと、
 
「そう。くっさ〜」
 
と楽しそう。
 
それでお腹が痛かったんだね、出て良かったね😄 と話していたら、なんと、そのあと「ブーッ」とか「プス〜」とオナラを連発。
 
寒くないように換気扇を止めた狭い密室の中で、10回以上オナラをするもんだから、まぁ、臭いのなんの。
その度に、「うわっ、クサッ」「オナラ大魔王だ‼️」とか言いながら2人で大笑いした。
 
いったい何が邪魔してたのか知らないけど、それだけオナラが詰まってたら、そりゃお腹も痛くなるよね。
 
ああ、おかしかった(笑)
 
コメント