YUUの女性画ギャラリー

オリジナルの美人画をめざして....

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女性画 vol.29

2017-06-26 23:16:59 | 鉛筆画  
A4ケント紙 2B~3H鉛筆



今回もいろいろと問題はありますが完成にします。
次の絵にとりかかります。



コメント (4)

たまには人物以外も...

2017-06-21 22:20:28 | 日記
B4スケッチブック HB鉛筆、色鉛筆、パステル



以前に描いた菜の花スケッチ。
たまには女性以外の絵を描くのもいいのかも....




コメント (2)

自分の絵と比べる

2017-06-19 21:15:46 | 日記
A4ケント紙 2B~3H鉛筆



この絵は3年程前に描き、以前にもアップしたのですが、
少し修正して再度アップしました。
ブランクがあり、今年に入ってからまた本格的に絵を描き始めましたが、
毎回試行錯誤でいろいろ悩みながら描いています。
そんな中でこの絵は出来はともかく、顔の各パーツ、指や髪の毛の表現などなど
ヒントや参考になるところがたくさんある絵です。
もちろん他の方々の人物画(ネット上のブログには素晴らしい鉛筆画がたくさんあります!)や
プロの画家の画集を見たりして、
真似をしてみたり参考にしたり何かを感じたりすることが大切だと思いますが、
自分の絵と比べることも大切な気がします。
描いて終わりではなく、常に自分の描いてきた絵を間をおいて見る。
よく観察して今描いている絵と比べる。
そんな作業も必要なのかもしれません。





コメント

NGT48 vol.3 2017 総選挙大躍進!! そして おぎゆかの感動スピーチ”

2017-06-18 16:51:14 | NGT48
6月17日、シングル曲を歌う16人の選抜メンバーを決める、
AKB48グループの「選抜総選挙」が沖縄で開票されました。
地元新潟を拠点とするNGT48は、13位に村上出身の本間日陽さん、10位にキャプテンの北原里英さん、
そして5位に荻野由佳さんと3人も選抜入りに選ばれました。
更に、選抜入りの3人を含め「当選」の80位以内に10人ものメンバーが選ばれるという
NGT大躍進の結果となりました。

翌日の地元新聞の記事です。


地元密着の地域に根差した地道な活動が、総選挙2回目にしてようやく花開いたという感じです。
朱鷺のように羽ばたき、さらなる飛躍をとげ、もっと全国にNGTを、そして新潟を発信していただきたいと思います。
これからも応援し、見守っていきたいと思います。

速報1位だったおぎゆかさん。さすがに上位4人には及びませんでしたが、
73000票を集め堂々の5位に輝きました。
前回の記事でも紹介しましたが、AKBオーディションに落ち続け、仮研究生、バイトAKBを経て、
ドラフト会議で指名を受けNGTメンバー入りし、ようやくアイドルの道が開けたという「苦労人」です。
拾ってくれたNGT(本人談)で地道にひたむきに努力を続け、そして前回の総選挙95位からいきなり選抜入りという
「シンデレラガール」の誕生です。

そしてなによりも今回は、素晴らしく感動的なおぎゆかさんのスピーチが印象に残りました。
飾った言葉ではなく自分自身の言葉で、
アイドルになりたいという想いを持ち続け、挫折しそうになりながらも努力してきた
彼女の姿勢や気持ちがひしひしと伝わり、
何と言うか言葉の重みがすごすぎて、久しぶりに涙が出てきました。
さほど興味のない妻も泣いていましたし、
MCの宮根誠司さんも泣いていましたね。
それだけ聞く人の心を揺さぶるスピーチでした。


私は「努力は必ず報われる」を今証明できていますか?
無名の私をここまで押し上げてくれて、本当に本当にありがとうございます。
そして私をアイドルにしてくれて、本当にありがとうございました。






コメント (2)

女性画 vol.28

2017-06-18 13:46:58 | 鉛筆画  
A4ケント紙 2B~2H鉛筆



問題はまだまだありますが、完成にします。
上手くいかないところは描き続けながらということで、
次の絵に取り掛かります。


コメント (4)

女性画 vol.27 オードリーヘップバーン

2017-06-06 18:50:06 | 鉛筆画  
A4コピー用紙 2B~HB鉛筆



今回も以前に描いた鉛筆画です。
ストックしてある絵はどんどん掲載していきます。
人様に差し上げたりして、もうほとんどありませんのでそろそろネタ切れとなります(笑)
少しずつ見えてきた方向での、新作を描き続けるきっかけになります。
描いた絵は、家族や友人に見てもらって感想を聞いていますが、
それとは別に、ブログを通じて様々な方達に見て頂くことも、
描き続けるモチベーションになっています。

コメント (2)

美人画考察③ ひとつのイメージ 女性画vol.26

2017-06-05 21:04:42 | 美人画考察
スケッチブック 2B~2H鉛筆



自分なりの美人画を目指して女性を描き続けています。
以前に描いた絵ですが、和歌(恋歌)と女性の組み合わせです。 (スキャンの跡が....)
ただ単に組み合わせただけの絵ですが、ひとつのイメージです。
 
和歌そのものを理解できるか、現代語訳で意味は分かっても、本当にその心情が理解できるか。

そもそも、その心情を描き切るだけの女性画を描けるのか。
残念ながらそんな技術はない。

何かを見て女性を描くことはある程度できても、多少のアレンジはできても、
何も見ずにイメージした女性を描くことはできない。

課題だらけであります(笑)

まあ、しばらくは自分好みの顔立ちの女性を描きつづける(独学の限界は多分あるでしょう...)
日々、人の気持ちを理解するように努める(本当の意味でこれは難しいことです...)
 
そんなことを考えています。



















 


コメント (8)

NGT48vol.2 荻野由佳 2017総選挙速報1位

2017-06-04 14:08:34 | NGT48
5月31日AKB48グループ「選抜総選挙」の速報発表が行われ、
地元新潟を拠点とするNGT48の副キャプテン”おぎゆか”こと荻野由佳さんが1位となりました。

荻野由佳さんを紹介します。
埼玉県出身の18才
第13期,14期のAKBオーディション不合格。
2013年 第15期の仮研究生となるも正規メンバーには昇格できず、短期契約のバイトAKBを経て
2015年5月AKB第2回ドラフト会議で、NGTキャプテン北原里英さん、AKB兼任柏木由紀さんの指名を2巡目で受け
発足を控えていたNGTメンバーとして加入。
ようやく、念願の「アイドルになりたい」という彼女の道が開けました。
紆余曲折を経た、かなりの「苦労人」です。

キャッチフレーズは「何があってもへこたれない!」
”おぎゆか”さんのこれまでの思いを体現した言葉だと思います。

誠心誠意アイドルとして、ファンとNGTの活動にひたすらストイックに向き合っています。
副キャプテンとして自身の今までの様々な経験を生かし、チームのため、新潟を盛り上げるため
一生懸命ひたむきに努力を続けている女性の一人です。




速報結果は、夕方の地元ローカル番組ですべての局がトップニュース扱いで取り上げました。
もちろん地元新聞も大きく取り上げてくれました。
新潟日報の記事です。



さすがAKBグループでは特徴的な「地域密着グループ」のNGT48です。
おぎゆかさんが獲得した55,000票は、速報段階での過去最高得票を更新しました!
”選抜入り”は確実ではないでしょうか

余談ですが、この票数がネット上で様々な憶測を呼んでいますね。
まあ、無視していい内容だと思います^^
ただ、「正規の方法」で一部のコアなファンの方達が、推しメンのおぎゆかさんに大量投票をされた。
そういう事はあるとは思います。
そもそもそれがAKBの総選挙の一面であり、議員さんを選ぶ選挙とは違うのですから。
自分達の投票で、推しメンの子達のアイドルとしての人生を変えることができる。
それもAKB総選挙の一面だし、別に悪いことではないと思います。
それも彼女の今までのひたむきな努力が生んだ結果です。

おぎゆかさん以外にも上位100位に10人がランクインしたNGT48
地元新潟での活動を中心に、新潟のローカル番組、CMに出演し、地域の行事に参加するなど
結成されてから約2年、新潟に根差した活動スタンスと草の根の地道な努力が
ようやく実った結果だと思います。

自分の為でなく、メンバーと新潟の為に頑張っている”おぎゆか”さん。
県民として、NGTと共に応援し見守りたいと思います。




 






コメント (2)

女性画 vol.25 NGT48奈良未遥さん

2017-06-02 21:43:26 | 鉛筆画  
A4ケント紙 2B~2H鉛筆



今回は似顔絵に挑戦してみました。
AKB48姉妹グループで、地元新潟を拠点に活動しているNGT48の研究生奈良未遥さんです。
ご存じない方がほとんだと思います(笑)
結局似ているのか、似ていないのか最後はわからなくなりましたが、
とても勉強になりました。
特徴を捉えることの難しさを痛感しています。
奈良さんはまた挑戦してみます。

いつかはオリジナルの美人画を描けるようにと、
限られた時間の中で日々女性を描き続けています。
まあ、そんなときが来るのか来ないのか....^^

大好きな竹久夢二や、地元新潟の蕗谷虹児。
お二人の作品を日々眺めながら絵を描くことは、
とても貴重なひと時です。




 

コメント (8)