YUUの女性画ギャラリー

オリジナルの美人画をめざして....

女性画 vol.110 NGT48 西潟茉莉奈さん

2020-03-02 00:06:58 | 鉛筆画  


明治時代。函館、横浜、神戸、長崎に並び開港5港に指定された新潟。他の4港と違うのが河川港ということ。大河信濃川が運び込む大量の土砂を取り除き港の機能を保つために採掘船が24時間年中フル稼働をしています。水運で栄えた港町新潟。街の中を張りめぐすようにお堀があり、堀端には柳の木が。「柳都新潟」ともいわれる由縁でもあります。戦後全てのお堀は埋め立てられ道になりました。西堀通、東堀通などの地名となり柳の木だけが残る街になっています。信濃川のほとりにある新潟市歴史博物館みなとぴあ。ここにお堀と柳が再現されています。時折訪れ港町新潟の歴史と当時の風情を楽しんできます。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 女性画 vol.109 NGT48 中井り... | トップ | 女性画 vol.111 NGT48 奈良未... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
背景はです (猫の誠)
2020-03-02 15:55:21
信濃川の川辺とみました。信濃川河畔はよくジョギングしました。そのときの風景を何とな主言い出しました。
そうです!! (YUU)
2020-03-02 20:31:53
はい!信濃川の川辺です!!信濃川湖畔はとても気持ちの良い空間ですね。当時の風景を思い出していただいて何だか嬉しくなります!!
久しぶりになります (猫の誠)
2020-03-19 15:28:02
 しばらく投稿がないようで残念です。余計なことを言いますがYUUさんの場合、顔をアップにした細密な鉛筆女性画がいままでつちかった技術を発揮できるよう気がします。次作をお待ちしております。
こんばんは。 (YUU)
2020-03-24 20:46:23
体調を崩しておりました。一週間程療養しておりましたが本日戻って参りました。療養中に描いた絵を久しぶりに掲載しました。絵に関しては仰る通りだと私自身も感じています。いろいろと試行錯誤をしてきましたが、そこに特化していくのが良いのではと思っています。ありがとうございます。

コメントを投稿

鉛筆画  」カテゴリの最新記事