深澤宗里ブログ

日々の出来事や感じた事を書いて居ます。

芍薬 

2019-05-20 17:44:40 | 植物

 

5~6月頃に開花を迎える芍薬は、すらっと伸びた茎から大きく華麗な花を咲かせる姿が

 とても魅力的です。

 「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と言われる様に、容姿の美しい人にも

 例えられて来ました。

 

 芍薬と牡丹は、どちらも華やかな大きな花で、一見見分けが付きにくいです。

 見分け方のポイントは、まず蕾の形です。

 芍薬は、写真のようにまん丸ですが、牡丹の蕾は真ん中が少し尖っています。

 もうひとつは、葉です。芍薬の葉はツヤが有り卵形ですが、牡丹の葉は、ツヤが無く葉先がギザギザしています。

 そして、芍薬は草、牡丹は木に分類されます。

 

 このところ真夏日も多くなりましたので、涼感を求め、純白の芍薬を小手毬草とともに生けてみました。

 

 自己紹介をさせて頂きますね。

 私は深澤宗里と申します。自宅で茶道教室をさせて頂いて居ます。

 月~金、お稽古を行っております。

 茶道と一度触れ合ってみたい方、体験レッスンも行って居ります。

 よろしければお気軽にお問い合わせください。
 



裏千家深澤宗里茶道教室のホームページはこちら

http://fukasawasouri.jimdo.com/

 なお、勝手ながら5月27日(月)は研修の為お休みを頂きます。

 よろしくお願い致します。


コメント   この記事についてブログを書く
« ナデシコ | トップ | 季節に合わせた刺繍!小さな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事