深井動物病院からのお知らせ

堺市・深井駅近くの動物病院『深井動物病院』からのお知らせのブログです

異物の誤飲に気をつけましょう!

2016年05月05日 | 病気や治療について
異物の誤飲は犬猫問わずよくあります。
まさかこんな物を!?と言うような物を飲み込みます。
動物の周辺に安易に物を置かないことです。

先日も9歳の体重4kg程度のパピヨンが化粧用スポンジ(4×6cm)を飲み込んだ、と急患で来院されました。
飼主さんは「便といっしょに出ますか?」と、比較的のんびりした考えでしたが、4kg足らずの小型犬ですので、
「それはないでしょう!」と言うことで、結果的には無事吐き出させることが出来きました。

パピヨンがよくこれを丸飲みしたものだと思います。さぞ、苦しかったことでしょう。

犬が何かくわえている現場を飼主さんが発見すると、気が動転して慌てて、奪い取ろうとします。
犬にとっても自分の獲物を奪い取られるのは嫌ですから、飲み込みたくもない物を飲み込んでしまうのかもしれません。
この場合、飼主さんはまず騒がず慌てず落ち着いて、犬の好きなおもちゃや好物のおやつを見せてゆっくり近づきましょう。
犬は自分がくわえている獲物と飼主さんが持っている物のどちらに興味があるか判断します。
もし飼主さんの持っている物に興味があるなら、くわえている物を捨てて近づいてくるはずです。
運が良ければ、これで一件落着です。覚えておいて損はないですよ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 熊本地震における被災動物救... | トップ | 臨時休診のお知らせ »
最近の画像もっと見る

病気や治療について」カテゴリの最新記事