All's Well That Ends Well

時々上手に息抜きしながら身をかわしながら行こうぜ!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男たちの大和

2005年12月30日 | 映画・本

監督・脚本:佐藤純彌
キャスト:反町隆志、中村獅童、鈴木京香、渡哲也、仲代達矢
ストーリー:2005年4月6日、内田真貴子(鈴木京香)が枕崎を訪れ、神尾(仲代達矢)に北緯30度43分、東経128度4分まで船を出してほしいと懇願してきた。そこは60年前の昭和20年4月7日に戦艦大和が沈んだ場所である。神尾の胸に60年前の光景が甦っていく…。昭和20年4月1日、ついに米軍は沖縄上陸作戦を本格的に開始、乗組員たちはそれぞれの立場で「死ニ方用意」を始めていった。4月6日、いよいよ大和以下10隻の艦隊は出航した。そして4月7日、その動きを察した米軍艦載機の大群が大和に襲いかかっていった。大和の46cm主砲が、副砲が、高射砲がこれらを迎え撃つ。乗組員たちの最後の戦いが始まった…。
主題歌:長渕剛「CLOSE YOUR EYES」

今日、ダイヤモンドシティに行った序でに念願のYAMATO見て来た!

見終わって振り返ると終始感動していたような気がする。撮影のため6億円かけて再現された原寸大の大和を使っているので大迫力!戦争邦画の中では一番いい作品だと思う。
忘れてはいけない戦争、戦死していった人達のことを改めて考えさせられる映画。もう戻れないとわかっていて大和に乗り込む男達、その想いはそれぞれ。家族の為、恋人の為、戦死した人達の為。口ではお国の為とは言うが、本当はみなそのような想いを持っているからこそ、負けるとわかっていても沖縄に向かう。考えさせられる…自分にはできるだろうか…。
奇跡的に生還し、広島に戻ると原爆投下後の焼跡、何もない…誰もいない…ほんとに生きている意味を見失うだろう、生きている自分を責めるだろう。

最近感動していない人には特におすすめする映画です。

コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 午後3時起床 | トップ | さらば2005 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (batako)
2006-01-05 17:12:58
すっごく良い映画でしたね!

私も、戦争ものの邦画の中では1番良いと

思います!



戦争を知らない私たちに、様々なことを

教えてくれて、とても為になりました。



多くの方に観てもらいたい映画です!
コメントありがとうございます! (管理人)
2006-01-06 03:52:18
戦後60年にふさわしい映画ですよね!



ほんとにぜひ多くの人にみてもらいたいです!



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・本」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

男たちの大和 YAMATO (ネタバレ映画館)
 愛する人を守りたい男がいた。思いをよせる男に死んでほしくないとすがる女がいた。そして不沈艦の映画を観て泣き崩れるkossyがいた。こんな不謹慎なブログ記事を書くkossyに不信感を抱く読者も・・・  「北緯三十度四三分、東経一二八度四分へ行きたいのです」と船頭を
『男たちの大和 YAMATO』 (ラムの大通り)
----この映画って、実物大の戦艦大和を作ったとか…。 まさに超弩級の戦争映画だよね。 長渕剛が主題曲を作ったりして話題になっているようだけど…。 「今年は戦後60年と言うこともあって、 フィクションも含め戦争映画が数多く作られたよね。 それらはいまの日本の置かれて
男たちの大和/YAMATO (Akira\'s VOICE)
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
男たちの大和/YAMATO (toe@cinematiclife)
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね~。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が
『男たちの大和/YAMATO』 (【徒然なるままに・・・】 by Excalibur)
試写会へお誘いいただきました(またもや他力本願)。 <戦後60周年記念作品>と銘打たれておりますが、華やかさ豪華さとは無縁の力作です。 登場人物が多く、それを演じるのも若手で馴染みのない役者ばかり。その彼らが一様に坊主頭に水兵服なので、誰が誰やらわかり難
「男たちの大和」試写会 (ミチミチ)
「男たちの大和」 監督・脚本 佐藤純彌 原作 辺見じゅん CAST 反町隆史/中村獅童/鈴木京香・・・ story  2005年4月、老漁師の元に一人の女性がやってきた。彼女は大和が沈んだところまで行ってほしいと頼む。漁師 神尾は大和の乗組員だった。彼はその場所を目指
男たちの大和-YAMATO- (Alice in Wonderland)
今年一本目の邦画は俺たちの大和にしました。前々から長渕の『CLOSE YOUR EYES』が耳について早く見なくては洗脳されてしまう~って思っていた映画です。それに反町隆史のファンなんですよね。 昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの...
NO.142「男たちの大和/YAMATO」(日本/佐藤純彌監督) (サーカスな日々)
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹
NO.142「男たちの大和/YAMATO」(日本/佐藤純彌監督) (サーカスな日々)
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹
男たちの大和/YAMATO (Extremelife)
辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。反町隆史と ...
真・映画日記『男たちの大和 YAMATO』 (CHEAP THRILL)
4月10日(火)◆407日目◆ 会社の先輩Wさんから『男たちの大和 YAMATO』がつまらないという話を聞く。 日曜にテレビでやっていてそれを見たそうだ。 わりと評判がいいだけに意外。 ボクはそれまでこの作品を見る気がなかったが、 逆に見てみたくなった。 早速、T...