FUJISUZUKO

藤鈴呼

料理で遊ぶな

2020-08-03 22:51:16 | Weblog







「カメラを止めるな」テイストのタイトルっす。
テイスト(味)は違うけん、雰囲気の話ですネ。

七夕☆笹きゅうり

もう一か月程前の話になってしまうけれども、
オシャレなレイアウトを眺めつつ

チマチマとキュウリをカットしてみたのじゃが・・・
「こんな筈じゃなかった。」

皿を眺めた夫「・・・・?」
私 ♪さーさーのーはーさーらさらー♪

夫「・・ほお・・・ で、どうやって食べるん?」

いや、その、本物のサラダは小皿に分けてありますがなー
これは そのー うーんと ほとんど皮が暗躍してますからして・・・

と しどろもどろになりながら
笹の葉の部分(?)を 箸でチマチマ搔き集めつつ

証拠隠滅を謀る 
冷や汗のワタクシメなのであった。

何か 笹の葉っぽくないなぁ・・・と
ドレッシングで誤魔化そうとしたら状態が悪化し

かけかけたままでやめたもんだから
たけたてかけかかったままで

びみょうなはいちで
うんぬんかんぬん・・・

こりゃ 織姫も彦星も どびっくりして
背を向けて 舞い戻ってしまうやんけーっ!

*

福岡名物!乳 おっぱいカレー。「カレー NADO」(西鉄平尾

番組で紹介しているのを見掛けて
真似っこ風味で作成した 我が家のおっぱいカレー

二皿合わせて コンプリートざんす♪
この時は 「出来合い」カレー 無印「溺愛」バージョン☆

サラダにトマトを乗せてみたら 
何だかオッサンに見えるのもオツでんがなーっ

んまあ だけど カレーと梅干のコンビネーションは
ちと 微妙だったカモ・・?

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

この色合いは・・・!

訂正がありんす。

まずは「太宰府天満宮」ではなく
「太宰府天満宮駅」に行った時の写真、でした。

このご時世ですから 
素通り出来る 駅前通りは闊歩したけれども

太宰府天満宮には・・・
あ゛、行ったことは 行ったんですけど。ネッ。

そして、「野火・のび太」と表記したのですが
正しくは「野比・のび太」でした!

教えていただき
ありがとうございますっ☆

榎本 ナリコ

(えのもと ナリコ、1967年[1]11月5日[2] - )は、日本の漫画家。
批評活動、同人誌活動などは
野火 ノビタ(のび ノビタ)名義で行なっている。

なるほど! 存じ上げませんでした!!

野比 のび太

野比のび助と野比玉子の一人息子。8月7日生まれ。
そろそろバースデーかあ♪

*

すっかり間違えました。
いや、間違いました、ですね。 


「間違う」と「間違える 」とは、どう違うのでしょうか。

非常に微妙な違いがあります。

「間違う」は「正しい(あるべき)状態から外れていること」、

「間違える」は「AとBとを取り違えること」が
それぞれ意味の中心になっていると言えます。

解説

まず「間違う」は、ある「正しい状態」があるのに
そのようになっていない、というときに使われます。

例えば「人として間違った道を歩む」の場合、
「道義的に正しい生き方」というものがあるにもかかわらず
その道を歩んでいない、ということを表します。
この場合、「人として間違えた道を歩む」とはふつう言いません。

一方「間違える」は、
ある2つのものについて「取り違える」ことを表します。

「ブーツの左右を間違えて履いてしまった」と言った場合、
「右と左とを取り違えてしまった」という意味になります。

ただし、右用は右足に、左用は左足に履くのが正しい履き方だ」
というニュアンスがあれば、
「間違って履いてしまった」と言うことも可能です。

何かの試験を受けたときに、「あるべき正解から外れた」
という意味では「答えを間違った」ですし、

「正解はAであるのにBと書いてしまった」という意味では
「答えを間違えた」ということになります。

多くの場合には両方とも使えることが多いのですが、
とらえ方が違うのです。

なお名詞の形になると、どんな場合でも「間違え」より
「間違い」のほうが多く使われるようです

(例「[間違い/間違え]を見つけた」)。

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

夏男と冬女


「俺、夏が好きやねん♪」
「私は冬が最高やわあ~」


問. 一行目に対する回答を選びなさい。

① それは残念です。気が合わないですね。
(切捨型・クールタイプ)

② バランス取れましたネ! 夏も喜ぶ事でしょう。
(気球型・上向きでっせ~♪)

③ だからかあ~ 今日も元気で こんなに暑い!
(感嘆型・喜怒哀楽こそ全て!)

④ 台詞バージョン
(混合型・これが大正解!?) 

「嗚呼、それは夏も喜ぶでせふ。
皆に嫌われたら 泣いてまうやろ~。

梅雨明けが遅れたのは 
そういう事でっしゃろ!?

でも 御蔭様で 見て御覧! この晴天!
夏の悦びようも 尋常じゃないわあ」

「・・・で、アナタは どのタイプなんですか?」
(鼻ほじりながら) さあ (すっ呆け型・ラケット片手に)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

~紙を彩る自由空間~

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した
手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは
「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります
読みたい方は連絡ください

ミュウ 261・262号 完成♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

メルカリ出品中

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°
人気ブログランキングへ
↑ポチッとな~☆↑

コメント   この記事についてブログを書く
« この色合いは・・・! | トップ | 煌めきの先に »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事