まほろば日記

fujioの日常の出来事、記録等を思いつくままに書いた日記です

御調坂(みとさか)

2006-07-05 00:58:02 | 日常
平成18年7月4日(火)
何十年も山陽自動車道を通行しているがいつも気になるところがありました。
尾道と三原の境、急峻な竜王山の山裾を走るところ、松林の中、峠越えと思われる気持ちのよい道がある。
いつかこの道を上り峠に立ってみたいと思っていました。
早朝、尾道に仕事で行きました。
その帰路、ついに行きました。
思ったとおりの気持ちの良い道でした。
雨上がりで緑も鮮やか、空気も湿気を含みしとやか、急なところは舗装がしてあり、道幅も十分な広さがある。
30分あまりで頂上に達した。峠には古い辻堂が建てられていた。
この道は長い歴史のある道でした。
御調八幡神社縁起によると1200年前和気清麻呂が九州に流された折、姉の虫広姫もここ御調にながされ、今の御調八幡宮を作ったとの言い伝えがあります。その折この峠を越えていったとのことです。
すぐに引き返すつもりであったが、楽しそうな下り道に引かれてとうとう高平ダムまで3キロあまりも下ってしまった。
比較的へいたんで歩きやすい。歴史のある道はどこか違う。
木陰もさわやか、せせらぎの音、鳥の声も心地よい。
驚くことに傍らに清流が流れ、滝やナメも有、のぼりたくなるような岩壁もある。
更に驚くことに彭祖の滝(ほうその滝)は30m、桜滝は50mの高さがあり見事なものであった。尾道の近郊にこのような素晴らしい所があろうとは・・・・・
何か宝物でももらったような心地です。
コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 福山市市制施行90周年 | トップ | 薪 戻る。 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-12-19 01:35:38
本日(12/18)のJR社内にて、
1.荷物を座席に置いている人を見つけて
「そこの女の方、荷物をどけなさい!」と。確かに山男は譲り合いの精神に則ってるでしょうが、もう少し言い方があるだろ?
2.大声の会話
どんなに登山が楽しかったか知らないが、JR社中にて異様とも思える大声。山男は耳が悪いのか?公共の場をわきまえて欲しい。
3.登山靴で座席に足上げ
信じられなかった、福山で降りなかった黄色のジャンパーの方。それが山の常識か?電車に乗るときは電車の常識に合わせてもらえないでしょうか?
以上、非常に気分を害した者より。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事