山本藤光の「人間力」養成講座

著書「仕事と日常を磨く人間力マネジメント」の続編です。


『ひょっこりひょうたん島』再読開始

2020-02-27 | 妙に知(明日)の日記
『ひょっこりひょうたん島』再読開始
■新型コロナウイルスに効くかもしれないと、アビガンが話題になっています。これは富士フイルム富山化学の薬剤で、タミフル耐性の場合の備え薬として認可されたものです。中国は速攻で、本剤の処方を開始したようです。また不買運動の韓国も、本剤に触手をのばしているとの報道もあります。輸入するのなら文は、ノージャパン運動終了宣言をすべきでしょうね。世界中が困っているのですから、アビガンに薬効があればいいですね。■井上ひさしの全著作の再読を開始しました。最初に選んだのは、『ひょっこりひょうたん島』(全13巻、ちくま文庫)です。むかし幼い子どもたちと、テレビで観ていました。活字から映像が浮かび上がり、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。これを現代版バージョンにリライトしてみたくなりました。実現するかどうかはわかりません。そんな熱い思いにさせてくれるほど、本書は魅力的でした。ちなみに本書のエキスは、『日本の童話・戦後編』(講談社文芸文庫)に所収されています。
山本藤光2020.02.27
コメント   この記事についてブログを書く
« 075:自説を組み立てる(小さ... | トップ | 076:さらに踏み込む(小さな... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

妙に知(明日)の日記」カテゴリの最新記事