山本藤光の「人間力」養成講座

著書「仕事と日常を磨く人間力マネジメント」の続編です。


連城三紀彦『小さな異邦人』再読

2019-10-23 | 妙に知(明日)の日記
連城三紀彦『小さな異邦人』再読
■「即位礼正殿の儀」は、古い絵巻物を観ているような気持ちになりました。厳粛な気持ちになり感動しました。夜に開かれた天皇陛下の即位を祝う「饗宴の儀」には、英国のチャールズ皇太子をはじめ外国賓客ら約250人が出席しました。世界平和の担い手が集結している様は、圧巻でした。参列者たちには、天皇陛下が触れた「世界の平和」を牽引してもらいたいと思いました。■連城三紀彦を紹介したいと、『小さな異邦人』(文春文庫)を再読しています。私の再読は関連資料を積み上げ、メモを取りながらですので、1ヶ月ほどかかります。しかも10冊ほどを併読しています。■参考資料音は、次の著作です。
――2015本格ミステリ・ベスト10国内第31位(原書房)
――2015年版このミステリーがすごい!国内編4位(宝島社)
――佐々木敦:ニッポンの文学(講談社現代新書)
――鳩よ:小説家への道・作家自身が語る方法(マガジンハウス)
――本の雑誌編集部・編:この作家この10冊(本の雑誌)
山本藤光2019.10.23

コメント   この記事についてブログを書く
« 172:軟式野球部の朝練 | トップ | 110:レベルアップするとき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妙に知(明日)の日記」カテゴリの最新記事