「中国が土地を収奪している」 モルディブの野党指導者、対中批判強める 中国の手法は「債務のわな」

2018-02-23 00:18:46 | Weblog

「中国が土地を収奪している」 モルディブの野党指導者、対中批判強める 

 中国の手法は「債務のわな」

 政治的混乱が続くインド洋の島嶼(とうしょ)国モルディブで、野党指導者が「中国によって土地が収奪されている」と批判を強めている。不透明な土地取引が行われ、投資には高額の金利が課されているとの主張だ。中国に傾斜するヤミーン大統領を批判する思惑もあるが、強引な中国の手法に警戒感を示した格好だ

 野党指導者のナシード元大統領は、AP通信やインド英字紙タイムズ・オブ・インディアなどとのインタビューで、「中国のモルディブでのプロジェクトは土地の収奪だ」などと主張している

 ナシード氏によると、中国はモルディブで既に17の島々の権利を取得しているが、どれも手続きは不透明だという。中国は取得した島に約4千万ドル(約43億円)を投資すると約束しているが、ナシード氏側は「高金利であり、いずれモルディブ側は返済に窮する」と主張している

                                                                                                  産経新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【報ステ炎上】自衛隊の必死... | トップ | トヨタ社長がスポンサー契約... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事