goo

続いて「CRファイブドラゴン」で75連荘

神保町B店で、マルホンの「CRファイブドラゴン」を打ちました。

これは、「アントニオ猪木というパチンコ機」や「ハイパーパッション」などの新基準機の変則タイプでとよく似たタイプです。あたりの確率は高い(高そうに見えるが実は低いとみた!)のですが、大当たりしても3ラウンドしか回りません。
それが3回で1セット。
そこから80回の時短に入るという何となく食指をそそられない台です。

しかし、わたしはマルホン大好きなので打ってみたら…。

75連荘!

いくら3ラウンドとはいえ、尋常な数値ではないので写真残しました。
ふふふ。

しかもこの店は等価交換。

盆と正月と竹内結子が一緒にいま会いに来たような気分ですよ。
ふふふふふふ。

20回目ぐらいから、とくに何の前触れもスーパーもなく、時短で、「すっ」と「777」が揃うという好パターン。
「入ってるな」
とにんまりする至福の時間です。
しかも7のリーチが異様にあたりやすいような気がしますがどうでしょうね。
「金のドラゴン」も頻出しましたが、これはプレミアですよね?

とはいえ、最初小当たりが来てもどーしていいかわからなくて困りました。
ようやく飲み込めて、あとは隣の人に教えたりするやはり至福の時間。

とはいえ、右手はかつて腱鞘炎を患ったことがあるので、たまに休ませ左手で打ったり、同じ姿勢で座り続けていて、エコノミークラス症候群になってはまずいので、お茶をのみのみ、立ったり座ったりひねったりしていた神保町の休日でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« すべては「CR... 立会川デジャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。