藤木病院 院長ブログ

富山県の立山町にある藤木病院の院長ブログです。

コロナ禍の入社式に思う・・多様性の社会において

2021-04-01 17:02:52 | 日記
4月1日。富山は黄砂の影響もあって少しかすんでいますがお天気は晴れ。

日本全国各地では入社式が開催されたことと思います。

今年度卒業した方々は最終学年をコロナ禍に見舞われ、リアルな授業を受けることも
できず、多くの方は最後の学生生活をステイホームで暮らすことを余儀なくされまし
た。またオンラインでの授業の開始もありオンラインのスキルも必要となりました。
精神的にもかなりストレスフルだったことでしょう。雇用状況も一変しました



当会でも入社式を執り行いました。新入職員は7名。

今年度の新入職員はいわゆる新卒は2名。教員免許を持っていたり、大学の文系学部
を卒業して1度社会人を経験してから看護の道に進んだ人が2名。

行政畑から臨床現場へ戻る薬剤師、介護福祉士を目指すモンゴル人留学生、等々、多
様なプロフィールを持つ面々です。

多様性が認められる社会をまさに表していると思います。



人生100年時代。常に時代の求めるものを学ぶ姿勢は大切です。

学校を1度卒業したままの知識、技術だけではこの進化の早い時代には取り残されて
いきます。常に知識、スキルを積極的に磨いていく姿勢が大切です。



コロナウイルス感染は今後どうなるのか全く不明です。また新型コロナウイルスが収
束しても新たな感染症が出てくるともいわれています。

ちょっとしたことで世界が一変するということを我々はこの1年で体感させられまし
た。

しかし、変化に動ぜず、変化に柔軟に対応できる社会人になってほしいと思います。



新たな門出に幸あらんことを!
コメント   この記事についてブログを書く
« 恵仁会医療福祉サポートスク... | トップ | 新型コロナワクチン接種 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事