hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

北海道の変貌に注目しています!

2019-03-20 00:27:46 | 日記

日本政府や国民が北海道を見放すような傾向の時に、中国や海外は北海道の魅力に関心を示しています。

そんな中で、特に中国の資本が北海道に集中しています。国内の資金では対抗出来ないような投資をして来ます。

このまま、中国が成長して行ったなら、中国資金に北海道が牛耳られてしまわないか?心配です。

既に、GDPは日本の2.5倍を超えています。中国は、北海道の不動産を相当に買っているとか?

沖縄に対する日本の対応や、この北海道に対する対応を見る限り、日本は既に、衰退期に入っているように思えます。

日産とルノーの関係でも、形の上では、日本の日産に見えていますが、フランスには日産はフランスのものと考えているようにも思います。

結局、日本はアメリカ在っての日本であり、完全に独立した一つの国と思われていないのではないでしょうか?

国家予算や財政のあり方を見ても、健全に発展する国の姿とは掛け離れています。

これでは日本は、世界から遅れるばかりです。政財界もメディア界も国民の浄罪を食い潰す穀潰しと化しています。

いつか、北海道も沖縄も、海外資本に支配される時代が来るのではないでしょうか?

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本のカーリングに疑問? | トップ | 戸籍謄本の交付について! »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事