hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

ASEAN蔵相会議の茶番!

2018-10-20 00:32:29 | 日記

政治には、表があり裏があります。ASEAN蔵相会議に出席して何を思うのでしょうか?

国内的には、日本が主導して催されているかのように報道されていますが、参加している首脳達の本心は如何なものでしょうか?

日本に対する対応の殆どが、社交辞令の挨拶代わりに過ぎません。はっきり言って、日本の政治家には、政治には殆ど期待していないのが本心でしょう!

米中が如何にも激しい鍔競り合いをしているかに見えますが、互いに相手の存在価値を認めているからです。

取るに足りない日本など適当に、アシラッテおけは、何とでも成ると思っています。

増して軽くて薄い安倍、麻生なんて本心では、虫けらに近い扱いで十分です。

21世紀に入ってからの日本の国際的な評価は戦後、円高に支えられて積み上げた資金以外は評価に値しないものばかりです。

アメリカの影響力やEUの国際的な相対的な価値も、相当に落ちていますが、日本のそれは、遥かに酷い低下です。

日本国内は極めて、その辺りの感覚が鈍感ですからメディアに思い込まされて全く、日本の現状に気付いていないのです。

戦前の悲惨な思い込みの日本の状態に極めて、似ています。独りよがりに自分たちは優れていると信じ込んでいます。

政治の中では90%以上が本心は隠されているのです。日本の政治家が外遊して、何処かの誰かが、ああ言っていたとか、こう言っていたなんて糞の蓋にもなりません。

独り善がりを止めて、自国の現状と実力を見極めなければならないのです!

コメント

テニスの女子選手で、ウクライナのヤストレムスカさん!

2018-10-19 00:40:13 | 日記

ウクライナの18歳です。ルクセンブルクオープン大会で戦う前には、確か100位を越えていました。

この大会の経過をネットで、相当にランクが上の選手を下しているのを見ていて将来、大坂なおみ選手のライバルに成るのではと思いました。

現在、準々決勝まで勝ち進み、次は準決勝です。 大坂なおみさんの去年の様です。

スマホでしか、試合の経過が見えないのですが、勝ち方が大坂なおみ選手と似ています。ブレークの仕方が凄いのです。

ジュースになっても簡単にはブレークされず、ブレークされそうになっても、簡単にはブレークされません。

幾度もアドバンテージになっても、巻き返します。大坂なおみさんは今では、気が乗らない時には簡単に負けます。

ただ、この試合には負けられないという時にはギアアップが凄いです。

ヤストレムスカ選手が、この大会で何処まで勝ち進むか? 大変、興味があります。 兎も角、勢いが凄いです。

私が大坂なおみ選手に興味を持ち始めたのが、ヤストレムスカ選手の今と同じような時期だと思います。

体は大坂なおみ選手より少し小柄ですが、ブレーク力は負けないくらいの力があります。準決勝に注目しましょう!

コメント

世界の政治腐敗と、足りない面々!

2018-10-18 01:11:25 | 日記

あらゆる処で、足りない面々から出る言葉には嘘、偽り、欺きが溢れています。

メディアが報道する記事の中身も全く、信用出来ない時代です。大統領が、首相が何かを言っていたと言われて何処まで真実なのか?

ましてや、何処かの国の首脳や高官が言う言葉なんて信用も出来ないし殆ど、その場の都合で口に出しているに過ぎません。

サウジアラビアの王室がトランプ大統領に何を言っていたなんて、都合の悪い事を言うはずがありません。

特に足りない代表の安倍とマクロンが会談して何を、どうしようと言うのでしょう?

メディアが報道する内容には絶えず、何かの肩書きや称号を付けて報道します。その報道の信用度が上がると勘違いしているのです。

私のように、資格、肩書き、称号が大嫌いな人間も少ないでしょうから皆さんは、その資格や肩書きに騙されるのです。

昔のように、そういう人達が立派であり、尊敬に値する時代は終わりました。

特に日本のように裏の不正が無くなっていない国では全て、金で買える時代です。 全て金と言っても直接、動きとは限りません。

其処には縁故あり、贈賄あり、忖度ありで、互いに付加価値を享受し合うと言う質の悪さです。

ドイツのメルケルのレベルも知れたものです。まして、イギリスのメイなどには何の思想も理念めありません。

その質の悪さの代表が日本の安倍、麻生です。こ奴等が日本では大手を振って罷り通っている日本です。

本来の日本なら、恥ずかしくて世界の前に出られないほどの醜態です。

世界も似たり寄ったりの時代ですから、この醜態が大きく取り上げられないだけなのです。

そんな中で、中国の習近平やロシアのプーチン大統領は、まだ増しな方でしょう! それに比べて、イギリスのメイ首相なんて、EUを脱退しスコットランドからは独立を突き付けられて、どうするつもりでしょうか?

今の世界の首脳達は全てが、自分の安泰や保身が目的で政を司っています。口では国や国民を唱えますが、安倍と同じで口だけです。

人間の心が、人の目には見えないと思っているのでしょうね!

コメント

日本に不正は、もう無くなったのか?

2018-10-16 01:36:03 | 日記

入学段階だけではない。就職や卒業から補助金の取得、選挙違反と様々なところに不正は、一杯あります。

巧妙になっているだけで寧ろ、増えているのではないでしょうか? 日本人って何と言っても、特別扱いが好きな人種です。

オマケや値引きに表彰好きと、軽くて浅くて、お調子者! こんなに騙し易い国民も珍しいでしょう!

だから、どんな使われ方がされているかなんて考えもせず、宝くじに飛び付くのです。特別会計絡みの補助金に吊られて闇の資金が動いたりもする訳です。

最近のサービスポイント付きのカードの仕組みや果ては、ふるさと納税に至るまで悪巧みが蔓延っています。

サービスポイントなんて、その分の料金が価格に上乗せされているんです。最初から値引きすれば良いのに、それでは売り手側には魅力が無い。

全く、子供騙しの仕組みでも騙される方が悪いとされるのが日本です。

国会に出される法案にも、大半に悪巧みが含まれています。例えば、消費税でも外国の消費税と日本の消費税では、軽減税率の中身が大きく違うし、ほとんど全ての商品に消費税が掛かっている国も珍しいのです。

軽減税率と言いますが8%は全て、そのままに、10%の分の消費税を大半に掛けるというカラクリです。

食料品や生活必需品は、0から3%にすべきです。ともかく、誤魔化しやマヤカシが大好きな日本人です。騙されて乗せられ騙してホクソ笑む日本人の習性ですね!

虐めや虐待と同様に日本は少しも変わっていません。宝くじに飛び付き、オマケやポイントに振り回されている間は、進化も成長も偽物ですよ!

コメント

テニス界の新星達!とジョコビッチの復活!

2018-10-15 02:04:54 | 日記

ジョコビッチが完全復活したようです!上海マスターズの相手は21歳のコリッチ選手です。確か、フェデラー選手に勝って決勝進出した相手ですが、ノーブレークでジョコビッチ選手が勝ちました。

一方、女子ではウクライナの18:歳、ヤストレムスカヤ選手は、2000年生まれの18歳です。まだ、メディアでは画像が捉えられない若手です。

将来、大坂なおみさんのライバルになるかも知れませんね! 21日からは、ファイナルが始まります。

私がテニスに興味を持ったのは最近ですが、関心を持って見ると世界の各地で沢山大会が有り過ぎて、選手は出場する試合の調整が難しいと思います。

将来の活躍を長い目で見て無理を重ねず、メジャー大会を勝ち続けるのは大変なことのようです。

大会を主催する側は、出来るだけ人気が有り活躍してくれる選手に参加して欲しいだろうが、そちらの競争も過酷なようです。

このような大会はゴルフ界も同じで、長く活躍するには出場する大会の選択が難しいのでしょう!

松山君も、ここから活躍を続けてメジャー大会で優勝するには、数年が勝負です。プロ野球の選手も同じでしょうね!

大谷君も肘の手術で、1年ほどは休憩です。焦らず、無理せず頑張って下さい!

人間の進歩は限りがありません。今では政治の世界が一番、遅れているようです!

 

コメント

今は悪いところが無いから、期待してと言っていた石川遼君?

2018-10-14 00:44:16 | 日記

何とか予選通過が出来ただけで、最終日に来てトップとは10打差以上離されています。

ずっと、この繰り返しで試合前には期待させるようなコメントをするが、結果はガッカリです。

タマに良いスコアが出ると、もう大丈夫は聞き飽きました。日本の大会で、これでは全米やメジャーは無理です。

女子ゴルフでは、久しぶりに三浦桃香さんが予選通過しました。ずっと、初日に良くても2日目に崩れて予選落ちが続きました。

少しハングリーさが足りないようですが、その内、欲も出て来るでしょう!最終日に期待します。

コメント

大リーグの野球レベル?

2018-10-14 00:22:57 | 日記

ヤンキースにも感じるのですか昨日のドジャースの野球、捕手のキャチングも最低で外野手の捕球も、なっていませんでした。

あれでは、カーショー投手が気の毒ですね!確かに体格の違いで日本の選手が敵わないところも有るが、基本的に基礎の練習が足りないように思います。

日本人で、大谷君のように体格も負けず、基礎練習が積み重ねられていれば、大リーグ選手に負けないのが当然だと思います。

ただ人間は中々、学ぶということが出来ないものなのでしょう! 米国人の体格で人間人以上に鍛えたら凄くなると思うが、そうはいかないのもアスリートの定めかも?

しかし、大リーグの中でもドジャースの守備は酷いですね!ドジャースに限らず酷いのが大リーグの捕手連中です。

パスボール2つに、バックホームされたボールの捕球が出来ないのが続きました。果たして、、このような状態でファイナルに進めるのでしょうか?

コメント

日本会議の正体!

2018-10-13 00:21:09 | 日記

本当の姿は、特別会計の穀潰し集団を束ねる化け物の組織です。

見せ掛けることの巧みさに優れている日本の政財界の裏で、闇のカラクリ組織を構成して、特別会計を蝕んでいます。

この日本会議に住まう輩達は、見掛けと口先で庶民を欺いています。戦後の70年の間に、闇の勢力を増大されて来ました。

国民には見えていませんが既に、表の世界を上回る勢力になっています。闇が光を閉ざしているのです。

愚民化された日本国民は、ここに至っても能天気に浮かれているのです。

国民はイベントや催しで憂さを晴らし、手振り足振りでストレスを解消し、重大な問題から目を反らしています。

その憂さ晴らしの中心に在るのがメディアです。政財界とメディアが組んでの悪巧みに填まっているのが日本の現状です。

敗戦の痛みさえ身に付かず浮かれ続ける日本人の哀れさが、とても気になります! あの敗戦にさえ目が覚めない日本人の稚拙さが再び、日本を貶めているのです。

コメント

またまたアメリカ発の同時株安です が?

2018-10-12 01:19:13 | 日記

世界中の国々が低金利を推進する為に、多額の国債を発行し続けました。

その過剰な資金は誰が手にしたのか?大半が資金を必要とする市民には回らず、金融機関や投資、投機の資金として株式や債券市場に流入しました。

当然のように、世界中が株高で湧いていました。政治家も官僚も、この経済の麻薬に填まりました。

本来の金融機関、一般から資金を預り、その預金を資金を必要とする経営者に融資したり、運用して預金者に利息を支払うのが仕事でした。

ところが、融資を受ける側が大きな利益を得て、内部留保が巨大化すると企業側は、融資を必要としなくなります。

預金金利と融資金利の利鞘で成り立つはずの金融機関が、機能を失うことになってしまいました。

その結果、多額の預金を抱えた金融機関は、預金者への利息の支払いが負担になります。そこで、奴等は政治とグルになって、金利を下げる政策を推進します。

現在のゼロ金利は建前は、景気対策としていますが、多額の預金を抱えた金融機関と多額の赤字を抱えた国の側に都合の良い政策でしかありません。

特に日本の場合は、この政策がマヤカシであるとは誰も言いません。最初は世界でも一部の国が、この低金利政策を推進したのですが、多くの国が日本の真似を始めたのです。

今では、この麻薬国家が世界中に蔓延しています。特に日本のような大半の国債を国内で保有するような国では、いくら大きな赤字国債であろと国民が不安無く、国債を保有してくれる内は、経済不安とはなりません。

では、世界中が市場に放出した余剰な資金の総額は、どれくらいのものでしょうか?多分、一部の体制側の人間は承知しているはずですが、この情報を正確に示すことはないでしょう!

資本主義の国は、数字を把握した上で承知して資金提供し、共産国家は承知の上で紙幣を印刷して資金を提供します。

世界の中で最も多額の資金提供者は、中国やEU加盟国、そして国際的な金融機関、IMFなどです。

本来なら国は信用度に応じて、国債を発行し債務超過にならない程度に抑えているのが普通でした。

ところが、EU加盟の国のように連合して債務を保証し合うようになると、国の能力を超えても債券を発行出来てしまうのです。

俗に言う自転車操業の状態を繰り返すことになります。現在、EUの中だけでなく世界に危うい国が沢山在るという状態です。

自転車操業の状態になると、破綻するまで止まれません。坂道を転げ落ちんばかりにノーブレーキの状態で突き進んでいます。

その過剰な資金が株式や投機市場に流れていますが、トランプ大統領は、そんな中で急ブレーキを掛けようとしているのです。

一方、国や金融機関は正常な対策も取らず自分達だけは美味しい思いをしたいと目論むばかりです。

世界中に、足りない面々が溢れているから、どうにも成らない現状ですね! 遂に行く処まで行ってしまうのでしょうか?

コメント

日本のカジノは何処まで監督、監査が進んでいるのか?

2018-10-11 00:46:09 | 日記

今、世界のカジノに不浄な資金が流入していて、その裏に流れる闇の資金の動きについて日本の政府や、監督官庁は十分な準備が出来ているのでしょうか?

国に依りますが、銀行の秘密が極めて強く守られている国もあります。

昔からマネーロンダリングの場として、カジノが大きく利用されて来ました。民間の企業の秘密保護法が憲法よりも強い国もあります。

不法な資金が、一部の国の銀行やカジノ、ダックスヘイブンを通じて闇の世界を動き回っているのです。

日本では、このような闇資金の監督が果たして、十分に出来るのでしょうか?日本の金融関係の機関が資金の動きを十分に監視出来るとは思えません。

日本にある公正取引委員会が例えば、証券業界のインサイダー取引を、きちんと監視出来ていますか?

証券業界にある政財界よりの姿勢が業界内部に蔓延し、不正が多く存在しているのをご存知ですか?

この現状を見せ付けられて、カジノの裏にある不浄な資金の流れを日本の官僚や政府に取り締まれるとは思えません。

ITが中心となる金融取引の不正な資金の流れに、管理能力に劣る日本が世界の強者を牛耳っていけるとは思えないのです。

日本国内にも既に、不正な取引に手を染めている輩も多く居ます。自分さえ損をしなければ、不正があろうと無かろうとカジノのありきと言うのは如何なものでしょうか?

コメント