糖蜜(糖みつ)糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメントブログ
糖蜜(糖蜜)・糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント株式会社ブログ
 



タイトル通りですが、年始早々に弊社糖蜜吸着飼料をご愛顧のユーザー様、ならびに代理店様、取扱店様、また、仕入先様と関係者の方々には、大変ご迷惑、ご不便をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

ブログを更新している場合ではないのですが、現状思いつく範囲だけですが、やれることは全て行い、後は1月13日にインドネシアから出港した、弊社やし油かすを載せた船がシンガポール経由(積み替え)で無事に東京にたどり着き、税関検査等もすんなりと終わって、弊社に着くのをクビを長くして待つしかない状況です。

一部、本当にごく少量ですが、ご愛顧頂いております取扱い店様からのご協力で、国内流通のやし油かすを譲って頂ける話となり、弊社仕入れとしては、国内輸送費も含めて、通常よりもかなり高額となってしまいましたが、延命原料として利用させて頂ける事となりました。

関係各所の方々、ならびにこの時期に貴重な輸入原料を譲っていただいた企業様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

引き続き、日本国内流通のやし油かすは探しておりますので、本ブログを拝見された方で少量でも譲って下さる方、またはご紹介して頂ける方がいらっしゃいましたら、弊社にご一報頂ければ幸いです。

年末のインドネシアの地震や先日のトンガの海底火山の大噴火など、世界各地で起きている天変地異、世界中の港湾関係の問題など、弊社のような小企業では予測や危機管理体制など、不可能なことばかりが起きております。

今回の輸入原料の問題については、多くのお取引様からはご理解を得ています状況ですが、一部のお取引様からは、事前に予知出来なかったのか、国内調達の原料を探したほうが良いのではと、弊社の危機管理体制を問われるご指摘等を頂き「ごもっとも」の部分は、痛感いたしております。

しかしながら、今回ばかりは、弊社での問題(輸入原料を買い付ける資金繰り、社内外の倉庫、原料や製品の価格など)とは別で、地震やコンテナ物流の大混乱と、あの某一流企業のハンバーガー屋さんですら、ポテト製品が出せない位の事なので、ご理解頂けると幸いです。

色々言い訳をしても結果として、糖蜜吸着飼料が、次のやし油かすが仕入れられないと製造出来ない状況と、これからの予定も海上の天候、税関検査等と確実な日程は、現状分かりません。

弊社で分かる情報が変わり次第、弊社事務所、営業、本ブログを通じてご通知させて頂きます。

今後とも糖蜜吸着飼料のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

なお、11月21日以降、さぼってしまっているブログ更新ですが、原料タンクの改修工事については無事に終了し、既に稼働はしておりますことを最後にご報告申し上げます。

ロボットアームや半製品タンクなどの改修工事と、立て続けに行ったことにより、予算と工事期間の関係もあり、色々と不完全なところもありますが、全体を囲ったことで雨風から守られ、金属腐食も防いで、今までのものよりは長持ちするのでは。との業者さんの見解もあり、乞うご期待の設備となりました。

糖蜜飼料・糖蜜吸着飼料の富士デベロプメント

 

 

 

                   



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


« 原料タンク工... 製品(糖蜜吸... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。