藤流夢一座「風KAZE」の今日も一所懸命・・ 代表 藤均太郎

田舎の小さな舞踊集団 藤流夢一座「風KAZE」
風にのせて夢の時間をご一緒に今日は何処の空の下・・。

3月11日…

2018-03-11 | 日記
今日の日曜…朝から普通に忠太郎の農作業を
皆んなで手伝い…午前中に終わりました

2011年の出来事が余りに大き過ぎます…
忘れたくても忘れられない…
毎年のことながらどうしても均太郎が7年前にやった
天下分け目の手術と重なってしまいます
7年も経つと…ほとんどの人は忘れていて…報道特別番組が
何日か流れるといかにも忘れた事ありませんと言わんばかりにこの日に限って話したり…
藤均太郎も反省です
被災された方々はあの日からずっとずっ〜と
しかし、私には何かを変えれるような力はないけれど
震災の事も病気の事も…自分自身が体験した事を伝える事は出来るのかも
おんなじ病気で悩んだり苦しんだりしてる人に…
急性大動脈乖離から九死に一生を得て今があることを…

震災の時…電気がない不自由な生活でも…
生きてさえいればロウソクの灯りが眩しく見える事を…
また明日からでも心新たに…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 同級会…悪友会 | トップ | 忖度…かぁ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夜分に大変恐れ入ります。 (通りすがり)
2018-03-12 22:41:49
桃の節句も過ぎ、桜の便りが待ち遠しいこの頃、娘さんや均太郎さんをはじめ、ご家族の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
また、お母様のお加減いかがですか?
3月11日の14時46分。
私たちも黙祷させていただきました。
均太郎さんの「生きてさえいればロウソクの灯りが眩しく見える」
そのお言葉に思わずグッと来るものがありました。
「いいさそれでも生きてさえいれば、いつかしあわせにめぐりあえる」私の好きな歌の一節です。
辛いことをひとつでも経験していれば、幸せになれる。難が有るから有難い人生なんだということを、日々生活の中で、うちの者と感じております。
私たちも忘れずに、今日という日を大切に生きていこうと思います。
それでは、何かと忙しい季節の変わり目かと思いますが、ご無理をせずお体大切にしてくださいませ。
長文失礼をいたしました。
通りすがりさんへ… (藤均太郎)
2018-03-16 12:07:04
いつも自由奔放な自分の日記にお付き合い頂きありがとうございます。ここ数日は宮城も初夏の陽気ですが、また明日から寒くなるとか?
体調はいかがですか?自分はここに来て手術の後遺症で、癒着性イレウスになったり…術後腹壁膿症?になったりと少しだけ体調を崩し大変でしたが、今はまた絶好調です通りすがりさんも旦那様もご自愛くださいね。正直…震災復興が遅れ思うように進んでないなかで、丸7年…。自分はこうして生かしてもらい丸7年…。長いようで短いようで…ダメで元々…一所懸命にやらないと勿体無いような申し訳ないような…。少しずつ少しずつ肩の力を抜いて…ですね〜

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事