バス・船舶硬券切符ジャーナル

主として民営バス・船舶・ケーブル等、普通の鉄道以外の古い硬券切符情報です

硬券追究0088 知多乗合

2018年03月11日 | 硬券追究

知多乗合

戦時中の政令により乗合バス業者8社(知多自動車株式會社・野間自動車株式會社・岡田自動車株式會社・知多中央自動車合資會社・大野自動車株式會社・
常滑自動車商會・株式會社小鈴谷通運社・鳴海聯合バス)が合併することとなり昭和18年に知多乗合が設立されました。

たまに面白い硬券が見つかるのですが、いわゆる戦後の普通の硬券乗車券というのがあまりないような感じです。

古くは


昭和戦前 A型硬券 緑知ちたじどうしゃ地紋 一般式

これは右上に知多乗合の判が辛うじて見えますので昭和18年以降の同社の硬券ですが、
地紋からみますと、合併前の知多自動車で使っていた券のように思えます。


昭和戦前 A型硬券 緑知ちたじどうしゃ地紋 一般式

この硬券も色違いですが、構成は上記と同じ戦前製です。


昭和 A型硬券 赤社地紋 連続式 名鉄連絡 小児用

岡田車庫前から古見だけが知多乗合で、古見から名鉄線です。
岡田車庫のバス路線は、岡田自動車の名残りの部分ですね。

岡田自動車時代の硬券は、いずれUPします。


昭和37年 B型硬券 赤地紋 名鉄連絡 連続券

鉄道が直では通っていない内海から河和の部分だけが知多乗合バスなのでしょう。
河和からの名鉄はもう開通されています。


昭和 B型硬券 赤地紋 団体分乗券 補充 相互(矢印)式

こういうのもありますが、知多乗合は、むしろこういう券を見る方が多い気がします。

 


あと、状態は悪いですが・・・

 


昭和38年 B型硬券 黄地紋 地図式

 

硬券の地図券も出てきました。

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 硬券追究0087 筑波山ロープ... | トップ | 硬券追究0089 信貴生駒電鉄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

硬券追究」カテゴリの最新記事