バス・船舶硬券切符ジャーナル

主として民営バス・船舶・ケーブル等、普通の鉄道以外の古い硬券切符情報です

硬券追究0093 富士山麓電鉄(バス)

2018年04月15日 | 硬券追究

富士山麓電鉄(バス)

富士山麓電鉄は、大正15年に設立し、鉄道線の大月~富士吉田(現.富士山駅)開業、
バス事業は、昭和12年に、まずは静岡県側で始まっています。
富士山麓電鉄という名では昭和35年までで、その年に富士急行に商号変更しました。

まずは富士山麓電鉄時代の自社バスの硬券です。


昭和29年 B型硬券 青PJR地紋 矢印式

富士支社と表記された富士山麓の西側のバス路線です。

 


昭和27年 B型硬券 青PJR地紋 矢印式

表面に社名はありません。

H30.7.17 資料補充

 


昭和32年 B型硬券 青FSRさんろく地紋 連続式

五合目から三合目、三合目から河口湖という連続式

金〇〇円という書き方は、この会社の特徴のひとつで富士急行になっても多いです。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 硬券追究0092 秋田中央交通 | トップ | 硬券追究0094 富士急行(バス) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

硬券追究」カテゴリの最新記事