バス・船舶硬券切符ジャーナル 本編

主として民営バス・船舶・ケーブル等、普通の鉄道以外の古い硬券切符情報です。
仕切り直しの新感覚・氷山の下部編。

硬券追究0129 明智平ロープウェイ

2019年02月10日 | 硬券追究

明智平ロープウェイ

昭和8年に日光登山鉄道が開通させたものですが、戦中の昭和18年に不要不急線として
撤去されました。
昭和25年になり、東武鉄道により営業が再開されました。こういう復活は、他に例が
ないようでした。
昭和60年に日光交通へ営業を譲渡し、そのとき不動産自体は東武鉄道のままにされていたようです。


昭和43年 B型硬券青とぶてつ地紋 2等 矢印式 空中明智平駅発行

東武鉄道経営時代のものです。

東武興業がやっていたロープウェイとは違い、放出品も少なく収集が追い付いていませんが、
そのうち出てきたりするのでしょう。

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 硬券追究0128 南部バス | トップ | 硬券追究0130 赤城山ロープ... »
最近の画像もっと見る

硬券追究」カテゴリの最新記事