風月庵だより

猫関連の記事、老老介護の記事、仏教の学び等の記事

衆生病むが故に

2008-03-28 16:48:04 | Weblog
3月31日(月)雨【衆生病むが故に】(祖師谷公園・ワシントン桜:ポトマック河畔より日本に里帰りした桜)

三月も今日で幕引き、今月もいろいろなことのあった月でした。なかなか書けませんでしたが、ご訪問くださる皆様には申し訳ありません。

幼少期少し苦労がありましたので、若い頃は、世の中はだんだんに良くなっているのだと思っていました。また修行時代はテレビも新聞も読む時間はありませんでしたし、世の中の動きは、あまり分かりませんでした。しかし、世の中のニュースを目にするようになって、世の中は悪いままか、もしくは益々悪くなっていることが多いと実感をしています。だんだんに世の中は良くなる、という幻想を抱いていた認識不足を恥じるばかりです。

チベット問題にしても、ビルマのことにしても益々状況は悲惨になっています。今も自由を願う一市民がこの地球の上で殺戮されていることでしょう。イラクでもイスラエルでもアフリカでもアフガニスタンでも。

また家族が家族を殺すような悲劇は、ほんの少し前の日本ではほとんどなかったのではないでしょうか。また誰でもよいから殺すなどということは、考えられないことでした。ホームから突き落とされて突然殺されてしまうことなど、誰が自分の身に起きると想像することができたでしょうか。

「世の中はだんだんに悪くなるな」「人間はだんだんに悪くなるな」と師匠が言われた言葉が妙に脳裡に残っています。癡や有愛は一番人間の欲望として根源的であり、お金や権力に執着したりすることは、釈尊の時代も、その後も、今も、少しも変わってはいないことをあらためて認識している日々です。『維摩経』の「衆生病むが故に我病む」という言葉を、以前は維摩居士という方はさすがに深く悟った方だから、人々の病いさえ引き受けていらっしゃる、と他人事と思っていましたが、自分への言葉でもあると痛感しているこの頃です。

僧侶には自分の幸せとか、不幸せとか問題外であること。自分が楽しく生きるということも問題外であること。楽しめることなどは本当はできないのだとあらためて思う日々です。

維摩詰言く、「癡と有愛うあいとより則ち我が病生ず。一切衆生病めるを以て,是の故に我病む。若し一切衆生の病滅すれば則ち我が病滅せん。(中略)衆生病むときは則ち菩薩も病み,衆生病愈ゆれば,菩薩も亦愈ゆ。又「是の疾,何所に因りてか起れるや」と言わば「菩薩の病は,大悲を以て起れるなり。」と。(『維摩詰経』巻中「文殊師利問疾品第五」)

維摩詰言「従癡有愛,則我病生。以一切衆生病,是故我病。若一切衆生病滅,則我病滅。(中略)衆生病則菩薩病,衆生病愈,菩薩亦愈。又言是疾,何所因起。菩薩病者,以大悲起。」

*癡:ものの道理のわからぬこと。迷いのはたらき。愚かさ。無知。(中村元著『仏教語大辞典」) 
*有愛:生存に対する執着。もろもろの渇愛。物に対する執着の心。(同上)

法事の席で、わずか2歳の童子にでも、その子に向けて法話をしていますが、それぞれがなにかできることを勤めて、世界を支えていこうではありませんか。希望を捨てず。

*この頃は一ヶ月に一回ぐらいしかログをUPしませんが、まだ継続しようと思いますので、たまにご訪問頂ければ幸甚です
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラサの決起 | トップ | 両手に荷物は持たないで »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
写真も高い評価 (春女  )
2008-04-03 21:33:53
友人にこのブログの紹介を致しましたところ、「写真を見ただけでたいした人だと思いました。」と言ってきました。内容はまだじっくり読んでは居ないと思いますが。
嬉しくなってブログを開いてみましたら、一部写真が差し替えになっている要ですね。ポタラ宮の写真は前になかったと思いますが。
ところで最新の写真の桜ですが、ワシントン桜、ポトマック河畔の里帰りとありますが、どう言うことでしょうか。
春女さんへ (風月)
2008-04-04 10:25:14
写真のことお褒め頂き嬉しいです。私は瞬間の写真が好きです。特に雲の姿は刻々と変わります。雲も力がこもっている瞬間があるように感じます。その瞬間を捉えたいと思っています。

また一度として、同じ雲はありません。それが素晴らしい。東京でも何処でも、夢のような素敵な雲に出逢えたときの喜びは天とつながるような気さえします。

というところで、ワシントン桜ですが、たしか1911年頃、時の東京市長、憲政の神様とかたしか言われていました、尾崎行雄氏がワシントンに桜の苗を3000本だか、1000本だか贈りました。その実生の苗が日本に帰ってきたというようです。その何本かが祖師谷公園に植えられまして、見事な桜並木になっています。正確には、子どもか孫の里帰り、というところでしょうか。(祖師谷公園は、実は、例の悲しい家族の事件のあった場所ですが)

因みにこの尾崎行雄の娘さんが、相馬雪香という人で、「難民を助ける会」という会を創立しました。今年も桜の苗をポトマック河畔に植えにいらっしゃったそうです。95歳です。
Unknown (kameno)
2008-04-05 10:54:01
ポトマック河畔の里帰り桜もこんなに大きくなっているのですね。懐かしい思いで記事を拝読させていただきました。
kamenoさんへ (風月)
2008-04-05 21:56:52
コメント有り難うございます。ワシントンにいらっしゃったことがあるのですね。私はアメリカには縁がないようで、まだ一度も訪れたことがありません。

ただ尾崎行雄さんの娘さんの難民を助ける会に入っていますので、少しでも何かしらの縁があったので、看板に書いてあったことを印象深く覚えているようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事