コダワリの女のひとりごと

食べ物と風景のブログ💖鉄道、ご当地グルメ&スイーツ、ヨーロッパ、レスミルズが好き💖47都道府県と世界40ヵ国踏破✈️

【福井・永平寺】大本山永平寺限定水ようかん

2019-11-24 | 旅 福井県

水ようかんは夏のもの。

そう思っていました。
福井の銘菓でもある水ようかんは冬のものだそうです。
その水ようかんを食べたくて、そして、セイコ蟹を食べたくて、そうだ福井へ行こう!
そう思ったのは数年前ですが、なかなかご縁がなく冬ではなく、晩夏というか初秋という感じの時期に訪問しました。
福井といえば東尋坊と芦原温泉が私のイメージ。

永平寺は知ってましたが、神社はまだしもお寺にはあまり興味はなく、スルーの予定だったのですが、せっかくなので行ってきました。
思った以上に広くて、毎日こんな広い境内を修行僧は何度も行き来して、冬も裸足で冷たい廊下を歩くとか。。。
紅葉には早かったのですが、きっと秋が美しい境内なのだろうと思いました。

 

【福井県・永平寺】ごま豆腐と永平寺そばが有名な永平寺へ
永平寺の記事はこちら

 

せっかく福井駅からバスに揺られていったので、お土産を買わねば!と思っても信仰心がないお守りとかではなく食べ物になりました。
以前は御朱印集めやお守りもよくいただいてましたが、最近はお守りもよほどでないとスルーします。
永平寺は通年通して水ようかんが販売されているようで、憧れの福井の水ようかんがありました!
 

これは買わねば!
抹茶入り?実は羊羹の抹茶は好きではないけれど、世界的にも有名な永平寺の御用達の水ようかんが美味しくないわけがない。
そして、買って帰ってきたことをしばらく忘れていました。
あんこか生クリームのお菓子が食べたい気分のときに、そういえば!と思い出し開封することに。
羊羹は日持ちするので9月に購入しても来年の2月末までOK。

旅に出る機会も多いし、家族が出張とか旅に出ることも多いので我が家には一年中おやつは何かしらあるのですが、あるものと食べたいものが一致しないことも多い。
餡系のお菓子やシュークリームやチーズケーキが家で食べるお菓子としては多い私。
 

羊羹大好き
羊羹もブラックコーヒーで飲むことも多いけれど、なんとなくティーの気分。
できるだけカフェインの少ないハーブティーをいただきました。
 抹茶入りというのは抹茶羊羹だと思っていたのですが、うん???
層になっている!
漉し餡の羊羹の上にゼリー感のある抹茶の羊羹よというよりは寒天ゼリーみたいな風情でのっています。
本練り羊羹と抹茶寒天ゼリーが層になって美しい見た目。
これは白いお皿の方が映えたかも。
 

水ようかん=ガラス器
という思考がやはり夏のものと決めつけた感がある道産子。
福井の方は冬に水ようかんを食べるのだから、ガラスの器は使わないのかな?
福井の水ようかんを検索たら、トレイに流し込まれ、赤福についてるみたいな木べらが添えられ、それで皿に盛りつけるのですね。
箱に流しこまれていても、切り目も入ってるものもあるとか。
本場、福井の冬の銘菓「水ようかん」をいろいろ買い集めて食べ比べした
福井の冬に福井名物の水ようかんと越前蟹を食べたいな。

大本山永平寺 売店
0776-63-3102
福井県吉田郡永平寺町志比5-15
交通手段
轟駅から3,503m
営業時間
11月~4月
8:30~17:00
5月~10月
8:00~17:30

 
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【或る列車】スイーツトレイ... | トップ | 【佐世保・ハウステンボス】... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅 福井県」カテゴリの最新記事