『コダワリの女のひとりごと』

鉄道と世界遺産とご当地グルメ、地酒とスイーツが好き💛365日旅したいフードアナリスト&温泉ソムリエの日常の記録。

新宿で手軽に宮崎県の美味しさを堪能できます♪『みやざき館KONNE』リニューアルオープン!

2018-05-17 | ニュース&気になる情報

新宿のサザンテラスに宮崎県のアンテナショップ、『みやざき館KONNE』ができたのは10年ほど前でしょうか。
当時、西新宿で会社員をしていたので、ランチで利用したり帰り際に利用したりしてました。
飫肥天定食とチキン南蛮定食が大好きでよく行っていました

久しぶりに食べようと行ったらなくなっていて残念!と思っていたのだけど、お友達のタイムラインでリニューアルして登場したことを知り、早速行ってみました。



飫肥天食べるぞ!と思って行ったら、お食事する場所はランチは15時まで、ディナーは17時からなのだそうです。


サザンテラスの入り口、JR新宿駅新南口からでてすぐ!の向かい側にあります。

くわんねというお食事処が出来ました。
以前はセルフスタイルのカジュアルなお食事処でしたが、今回はアイドルタイムに行ってしまったので入れませんでしたが、落ち着いておしゃれな空間になり2階になった模様。
ランチは1200円くらいで定食が、ディナーは5500円くらいからのコースみたいです。

宮崎県の名産品の販売と、宮崎県の観光案内所もあります。
私は宮崎県も大好きで何度も行っていて、たまたま出会った都城ご出身のおばあちゃんに、「なんでそんなに宮崎県のこと知ってるの!」と驚かれました。

テイクアウトでソフトクリームが食べられます。
甘乳蘇ソフトクリームと日向夏ソフトクリーム、と二つをミックしたソフトクリームのほか、日向夏スムージーがありました。

ソフトクリームとスムージーの監修は、中央林間にあるメゾンジプレーのフルーツ使いの魔術師と異名を誇る江守宏之シェフ。

これは美味しいに違いない!

4種類あります。
最初は甘乳蘇と日向夏のミックスとスムージにしようと思ったのだけど、やはり単体で味わってみたいと思い、ミックス以外のすべてを食べてみることにしました。
甘乳蘇ソフトクリームは私は宮崎県の青島神社で食べましたが、宮崎県の観光地ではよくみかけるソフトクリームです。
きっと、季節が日向夏が旬なのですね。

最初に甘乳蘇ソフトとお願いしました。


☆甘乳蘇ソフトクリーム 500円
古代のチーズとも呼ばれる牛乳を1/10まで煮詰めて固形にした食品が甘乳蘇。
なのでミルクというよりはちょっと不思議な味わい。和製チーズとも呼ばれています。

甘乳蘇と日向夏のミックスソフトクリームもありますが、個人的には単体で味わって欲しいと思います。


☆日向夏ソフトクリームと日向夏スムージー
こちら日向夏同士なので一変にふたつ味わいます。
江守シェフ監修の味を味わってみます。

☆日向夏スムージー
サッパリ、アッサリでこれは南国宮崎の真夏に味わっても嬉しい美味しさ。
日向夏の酸味と甘みが溶け込んでなんともいえない美味しさ!


☆日向夏ソフトクリーム 500円
日向夏は薄目に皮をむき、白いすじごと食べれれるフルーツですが、5月が旬で美味しいフルーツ。
その美味しさをしっかりソフトクリームで表現!これはハマる!

ソフトクリームはテイクアウトのみで、サザンテラスのどっかで食べるしかありませんが、サザンテラスならどっかお気に入りの場所がみつけられるはずです。

みやざき館KONNE
所在地: 〒151-0053
東京都 渋谷区代々木2丁目 2番1号 新宿サザンテラス内
時間:10:00~
電話: 03-5333-7764
http://www.konne.jp/about/

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル  食べログ グルメブログランキング 

 

『宮崎県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 【付録買い】Sweets6月号はJI... | トップ | 岐阜県発の『さかい珈琲』で... »
最近の画像もっと見る

ニュース&気になる情報」カテゴリの最新記事