風蘭堂

富貴蘭のブログです

今年ももう少し

2017年12月26日 | 
 年の瀬も迫った今日この頃、いかがお過ごしでしょうか
さすがに今さら更新しない言い訳はもう置いといて
しれっと再開

今年は、というか今年も温室の建設が達成できなかったので
一応の冬対策として、プチプチと寒冷紗で棚を覆ってみました
これで直接風は当りませんし、基本的に隙間風は入るのでムレることもないでしょう
その問題の温室ですが、建設予定地はいまだ畑
この畑に作物を植えるとさらに温室作成の交渉が難しくなることを例年の経験から学び
今年は畑にチューリップを植えるという荒技にもでました(下の写真の背景です)
来年からの夏野菜はプランターかなと検討中
まず建設予定地の完全な更地化から始めます

今年はこれでしのいで来年こそは・・・

そんな中先週末少し気温も上がったので水遣りをしました
久しぶりの水で蘭も気持ちよさそうです
早くも春が待ち遠しいですが、あと3カ月ほどは見る機会も減りそう
自然とネタも少なくなり、更新も滞りがちに
すでに滞ってるとかは言いっこなしです







木は先日立ちよったセミプロのような方から分けていただいた龍王の剣
家が近いので、たまに寄せてもらっては棚見学がてらめぼしい木を物色しています

この木も青の宿命かご多分にもれず格安の価格になっていたので
自分の棚にスペースも無くなってるのに買ってしまいました
もう少し締めて葉が詰まってくればもっとカッコよくなるかなと

その為にも置き場所の確保は大事な課題です
隙を見て話を切り出そうとしていると、嫁さんが「これ見て」と手を出してきました
見ると手のひらにはボールペンを使って息子が書いた落書きが
「なにこれ?」と聞いてみると
子供自作の双六で遊んだ際に、止まったマスの罰ゲームで「手に落書き」とあったらしく
息子は嫁さんの手に力強くボールペンで書いたそうです



「だめ女」ですよ、小一のくせになんちゅう事を書いてくれてるんだと
ちなみに下の絵は娘の作品です
たぶんその意味もはっきりとは分からず書いたのでしょうが
その言葉のチョイス、書く相手、筆記用具と何もかも間違ってます
ただ爆笑はしてしまいました
う~ん知らないうちにいろんな方向へ子供は成長しますね
とはいえとりあえず温室交渉が終わるまでは
少しでも嫁さんの機嫌が良くなる行為を積み重ねてほしいもんです


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秋季大会の報告

2017年11月27日 | 覆輪
遅ればせながら先週秋季大会に参加してきました

もちろん秋季大会前日には恒例の飲み会も有りそちらにも参加
いつもの美味しいイカのバター焼きを食べ
話しも盛り上がり色々楽しい話を聞かせてもらいました
皆様その節はありがとうございました
因みに前回の会のブログでの報告に「強面の業者さん2人」と書いたところ
当人たちから誰のことだと強く聞かれましたが
その場にいた他の方々の同意も得ることができ
晴れて2人は強面だという結論に至りました
ここに報告致します

大会の方は大変盛況で、売り上げもかなりの額になったと聞きました
この為来年の本大会はこれ以上いかなくてはならない為
結構なプレッシャーになるのではないかと思われます

確かに今回は目玉商品が結構な数出ており
手元にお金さえあれば声を掛けたいところでしたが
いかんせんそのお値段が・・・
豊明殿の縞しかり、御神渡しかり、建国殿や金牡丹の縞、最上の白牡丹などなど
高級品種が飛び交っていました

私は指をくわえて見てるだけ

一度でいいから「倍!!」とか
無言で指を一本立てて落札してみたいものですが

そんなことはプロの方々にまかせて
来年の大阪大会までにはお金を貯め
次こそは可愛く何か声を掛けて見ようと思います

その秋季大会の帰り際、蘭の国さんから
「ブログ更新してね!」とぶっとい釘を刺されたのと
三昧さんにガソリンの補給をしていただいたので
なんとか更新してみます

とはいっても冬も本番になり蘭に生気が無く
人間も寒さで蘭を見る機会が減り、写真を撮っても生気の乏しい蘭達
なかなか筆が進まないで一週間が過ぎやっと書いたら書いた内容が消えるハプニング
自動復元できるはずが連続で画面を閉じてしまい完全消失
前に書いた文章を必死で思い出しここまでたどり着きました

で今回は西鶴

その昔、賛歌さんの車検代(当方車屋をしています)を蘭で集金した時の西鶴の仔です



裏から見ると紺が良く乗って良い感じなのですが
反対側は白っぽくて今一つ



なんとか裏と表をひっくり返してやろうとアクリル棒などで矯正しましたが
頑固な木で一つも変化なく現在に至ります



春に割ったらすぐに仔が出て、そりゃ安くなるわけだと秋季大会を思い出し納得
こうなったら芸の良い木だけが立った株達にでもならないかな~と眺めています

またぼちぼちぼちぼち年末にむけて書いてみます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季大会

2017年11月18日 | 
明日11月19日は秋季大会です
皆さんは参加されますか?
ただ秋は大会とはいえ展示が有るわけではなく
交換会だけなのでほとんどの趣味家の参加は無い物と思われます
当然私も例年だと参加せず
あ~そういえば秋季大会の時期やな~と思うだけで終わるのですが

今年は大阪開催ということでギリギリですが場所は
「ホテルマイステイズ新大阪(旧チサンホテル)」で
12時半スタートのようです
今回は少しお手伝いも兼ねて参加してみます
とはいってもたいしてすることも無いだろうと思いますが・・・


何度も行ってはいますがあの交換会の雰囲気の中では中々声が掛け難く
品物の確認もほとんどできない為
たぶん今回も何も買うこと無く帰ることになりそう

いつも

へ~あんなに安く落ちるのか・・・声掛けたら良かったとか
一年でこんなに安くなるのか・・・とか
うちの木はもう元も取れないな・・・などなど

後ろの方で相場確認程度に見てるだけですから
ここ最近の底の見えない値下がりを実感してまた落ち込みそう


そんながっかりがよく起こるのが青の木
その中でも最近はほとんど良い値が付かない毘沙門天







もういくらで買ったのかと思いだすのも嫌なので記憶の奥にしまいこみ
二度と開封しないことにしました

でも好きなんですよこんな木
葉も姿も変わっていますし、根も軸も綺麗な青根青軸
ただそのくせ花が咲いても並花なのが残念ではあります
まったく写真が無いのがその証拠、ふつ~の白花です



早めにここまで書きあげて、写真待ちでしたが
撮る時間も無く伸び伸びになってました
ギリギリ秋季大会までに間に合わせで撮ってUPできて良かったです
写真が撮れなければば危うくボツになるところでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

萩宝扇

2017年11月04日 | 
先日うちの会社の駐車場に防犯カメラを付けました
最近不審者がうろついていることと、不法投棄などが有りその対策です

最新の防犯カメラの性能は中々の物で
夜でもはっきりと映りますし、制御も全てマウスで行い
画面分割を変えたり過去の記録を見るのも
映像が映っているディスプレイでパソコンのように使えます

逆にパソコンを使った事が無い年代の方には分かりにくいようで
取り付けをした翌日、社長(73歳)が駐車場の画面を見ながら
「この止めてあるトラックの前に矢印のプレート落ちてるぞ、なんやこれ?」
と聞いてきましたが、手を離せない用事が有ったので「すいませんちょっと待ってください」と言ってると
ちょっと見てくるわと駐車場へ向かって行きました
5分ほどで仕事が終わり画面を見ましたがトラックの周りには何も映ってません
社長がトラックの周りを探しているのが映っているだけ

プレートが風で飛ばされたのかと5分前に巻き戻す為マウスを手にとったところ矢印出現

マウスポインターです・・・

なるほど言われてみれば白い矢印がアスファルトの上に落ちてるようにも見えます

社長は現実世界の駐車場で有るはずの無いマウスポインターを探し続けていたのです
これはいつまでたっても見つからないので半笑いで迎えに行くと
ちょうど社長が帰ってきたのでその場で報告

「そりゃなんぼ探しても見つからんわ」と社長

少し恥ずかしかったのかスッといなくなりました






今回は写真が簡単に撮れる萩宝扇

姿は来た時から一回り小さくなり
葉を積むことなく下の葉は黄色くなっています
葉は順調に出しているもののまったく仔を生む気配が無く
毎度手に取るたびに葉の間を覗いたり
太陽に透かして葉の中に潜む当りを探しているのですが
いっこうにその姿を見せようとしません


この木は育てる人と環境を選ぶのでしょうか
三昧さんの所のように株立ちが見たいのですが
うちでは全くスイッチが入ってくれません
そういえば私が気付く前に三昧さんが荒治療を行ってくれて助かりました
もし私が先に思いついていたら、大事なこの木はすでに昇天したことでしょう
しかし贅沢な実験ですよね・・・

現実世界で有るはずの無いマウスポインターを探すように
毎度この小さい木の葉の隙間を探し続ける日々も気が滅入るので
すぐに割って売ったりしません
一本だけでも仔を出して下さい萩宝扇さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古都の雪

2017年10月31日 | 覆輪
コメントで質問をいただいたので記事にてお返事いたします
順風満蘭さんありがとうございます
天玉宝の二人がどうなったのかとのことでした・・・

調べてみれば5年も経っていたんですねあれから・・・


当然ながら二人は別れました


そして彼女の方は会社も辞め、今どうなっているのかもわかりません
彼氏の方はまだ働いていますがいまだ一人者
そのころ相談されたことを思い出してみると
別れたい彼氏がはっきりと彼女に別れ話をしたわけではなかったようで
同じ会社にいてるのに距離をとり自然消滅を狙ってたような話しでした
その後色々あって会社を辞めた元彼女から
別れたくないと電話がかかってくるとか、その彼氏から相談されました

自慢じゃないですが、こちとら女性との駆け引きなど人に教えれる程の恋愛経験も無いわけで

「ちゃんと別れた方がいいよ~」とか、
「はっきり気持ちを伝えないと彼女がかわいそう」などなど
どこかの雑誌やテレビで聞きかじったようなことを伝えた気がします
しかしその後も彼氏はちゃんと対応していなかったようで
1年近く引きずっていました

会社としては貴重な従業員に辞められ、また募集しないといけないし
個人的にはどうでも良い恋愛相談などをダラダラ聞かなければならないし
いっそ社内恋愛禁止にしてやろうかとも思いましたが
小さい車屋でそんなことが度々あるとも思えないので、いまでもその辺は変わりなく現在に至ります

しかし彼氏の方は懲りずに、またその後入った事務員のことが好きだったようですが
その時は結局告白もできず、その子が田舎に帰り再度失恋をしたこともここにご報告致します

最近はあまり甘く面白いネタは有りません
有ればネタ発見と真っ先にこちらに投稿するんですがね~

とりあえず恋愛は会社に持ち込まず、個人的に解決していただきたい
それとストーカーってこうやって始まるのかなと、そんな片鱗を見た気がします


まぁ枕はこのへんにして
だいぶ前に名前を間違えて恥をかいた古都の雪







今年は元気に天葉も伸ばし一回り大きくなった気がします
そしてそして下から待ちに待った当りが二つ



ピョコピョコと出て秋になって動き出しました
左右に綺麗に付いたので、来年は雰囲気ががらっと変わるでしょう
しかし先日木枯らし一号も吹いたため、さすがに今年の成長は終了
ちゃんと冬越しをして来年に備えます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

翠扇

2017年10月27日 | 
気を抜くとすぐに休んでしまいます
また休んでは再開させるためのお土産をねだる
新手の「再開詐欺」と思われても困るので
なんとか重い重い腰を上げて再開





おおむね順調に育っている翠扇です





確か前回の東京大会で2本立ちで買ったような気がします
昔はなにやら一本500万円の値が付いたとか付かないとか
そこから考えれば驚くほどお手軽な品種になりました
姿も綺麗で順調に増え、安心して育てることのできる木です
台風やら寒気やらで結構寒くなった今でも根が動いています
ってその画像が無いのですが・・・
当たりでも隠れていないかと葉をこじ開けたい衝動に駆られましたが
あまりごちゃごちゃいじらず値段も下がったのでそっとしておきます

話は全く変わりますが先日長い間会っていない富貴蘭の友人から急にメールが有りました
何事かと開けてみると間違いメール
なにやら見たことも無い資料が添付されていました
それをきっかけに久しぶりに電話をしてみると元気に蘭を続けているとのこと
このブログも再開したことを喜んでくれていました
こんなブログでも喜んでくれる人がいてるのかと少しやる気が出ました

とりあえず時間を作って撮影をして
また忘れられない頃に再開します
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

建国の縞

2017年10月03日 | 
少し前の3連休、そう台風が日本を縦断した日です
あの日にうちの家族は城崎に旅行に行きました
なんで台風が来る日に旅行に行くの?
あとでいろんな方に聞かれましたが

うちの家族生粋の晴れ家族なんです
結婚式に始まって家族で行く旅行は全て雨知らず
前回も台風が近づいている時に離島に行きましたが
100km程南の島は雨で外海もうねっているのに
私たちのいる島だけは晴れているうえ、風向きが良かったのか湾内はべた凪
台風の影響一切無しのまま空港へ着き
帰りの飛行機に乗り込んだ途端に猛烈な土砂降り

その前の旅行も台風と共に現地に乗り込んだところ
到着したホテルでお茶菓子でお茶を飲んでいる間に晴れだし
すぐに裏の海で遊べたり
これまで旅行の天気に関しては一切気にしなくても大丈夫でした

そんなことが今まで何度も有ったので今回も大丈夫
絶対台風が避けるか遅れるかで問題ないっと思いこみ信じこみ旅行決行

そして思い通って台風が遅れ初日、二日目と雨なし

初日の夜は温泉街を練り歩き射的も堪能
二日目は城崎マリンワールドも堪能
そして二日目の晩ご飯を食べる頃から大雨
やっぱりうちの家族持ってるな~と自画自賛の嵐、外も大嵐

ただこの夜の豪雨が普通じゃなかったのです
まず食後せっかくだからと、一人雨にも負けず入っていた露天風呂が
私が出た1時間後に土砂崩れで埋まり
ホテル前の道は山からの雨で川のようになり
こぶし大の石がゴロゴロ流されていきます



寝ようとしたらそれなりの値段の宿ですが天井から雨漏りが始まる始末



避難しようにも唯一の逃げ道が濁流ですから動けません
山に面してない2階だし大丈夫だろうとそのまま就寝

結局宿は無事でしたが、翌朝山陰本線不通・・・
帰れません・・・
しかし帰らないといけません
あんな高いタクシー代初めて払いました

とりあえず福知山からは電車が動いていたのでなんとか帰宅

まぁ旅行自体はしっかり楽しめて良かったです
子供も大変喜んでいましたし
イルカショーも見れました



結果的に今回も天気に関しては問題なし
ちゃんと遊ぶ時間に雨はやんでましたから
ただJR山陰本線の根性がなかった、
あれくらいの雨で流されないようもっと路線整備にお金をかけていただきたい
2時間近く乗ったタクシーのおっちゃんも
山陰本線は路面整備のお金が無いからよく止まると言ってました

そういったわけで私の家族は旅行晴れ打率10割継続中です
これからも台風などに負けず、どんどん旅に出かけます
(そもそも台風の時期に予定を組むなとかは言いっこなしです)



しかしそんな私の富貴蘭打率はと言うと、これが極めて悪く
秋田の方では打率10割の建国殿も有るようですが、うちのは早速ボテボテのピッチャーゴロ









親は片柄でではありますが、根もほとんどルビーで雰囲気も有るのにこの体たらく
今のところこの仔に柄のかけらもございません
この秋に動き出した当たりが、花芽ではなく仔であればもう一打席有りますがどうなることやら



とりあえず念だけは必要以上に送っておきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千載

2017年09月24日 | 
今朝更新画面を見てそのアクセス数にビックリ
文字通り桁違いの数になっており、何があったのかと調べてみると
蘭国さんのとこから大量のアクセスが

改めましてみなさん初めまして、そしてお久しぶりですm(__)m
三年寝太郎富蘭堂です

これからも適度に休み休み頑張ります(・ω・)ノ

そんな寝太郎ブログは長女が生まれるタイミングで始めたもので
すでに始まりから9年が過ぎていることになります(途中結構休んでいますが・・・
今では下の男の子も6歳で小学校に入り
現在まさにおバカ男子小学生真っ盛り

先日も足を打って靴をヒヤヒヤしながら履こうとしたところ足に変な感触が
何か柔らかい物を踏みつぶした・・・でもチクチクするような
何だこれはと恐る恐る靴の中をみると中にはバラバラになった蝉の抜け殻
ヤツの仕業ですが、私が履く瞬間に本人は先に家を出て現場におらず
私が一人でいや~な気分になるだけ
仕事が終わり家に帰ってから本人に聞いてみると
すでにそんなイタズラをした事も忘れている始末
詰めの甘いイタズラしやがって

そうかと思うと、嫁さんの実家へ帰省した3人を私が迎えに行ったときも
大きな庭の隅に義父が植えたのか勝手に生えているのか
テッポウユリのような背の高いユリがあり
その咲き誇ったユリをマイクスタンドとマイクに見立て
何か聞いたこともないような歌を娘と二人で熱唱
その後私が黙って見ていることに気付き、ダッシュで逃げる


たぶんこの子達は私の趣味を引き継いではくれないでしょうね・・・
しかし元気におバカに育っています、けっこうけっこう

その上記帰省時にたまのプチ独身生活を過ごしている最中
ここぞとばかり店に入り浸り買ったのがこの千載





まず見た瞬間は何じゃこれです
締りに締った無数の千載がタワシのように詰まっており
一目見た瞬間に気に入ってしまいました

まず店主に質問「これ売り物ですか?」

「うんそうやで」と店主

欲しいな〜

しかしちょっと待てよ・・・

こんな株維持できるんかいな

今まで2、3本立ちはあっても、これ程の株立は買ったこともなくしばらく自問自答

しかし値段を聞いてあっさり即決

実生による価格下落がここまで来ているとは
縞の出現など実生のメリットも有りますが
ここまでの株に仕上げてこの値段というのは
じっくり作ってる方に申し訳なく思ってしまいます
まぁその恩恵を受けてこのような素晴らしい株を手に入れることができる訳ですが・・・

とりあえずこの木の目標はただ一つ、現状維持です
これ以外ありません

もし今後ブログに出てこないときは
あぁあいつ持ち崩したなとお思いください
そして他のブログと違い蘭以外の事ばかり書いてる気もしますが
今後ともよろしくお願いしますm(__)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金虫

2017年09月21日 | 
お休み中に購入の蘭
今回は黄金虫





店主とこの木を前に話していた時
「富貴蘭辞典に載ってる、黄金虫ってどこにあるんでしょう」と聞いてみると
「たしか韓国に行ったんとちゃうかな~、はっきりとはわからん」とのこと
すでに日本にはないんですね

しかしあの辞典の黄金虫はすごいですね
どうしたらあんなムカデみたいに葉が積むのでしょうか
うちの棚では積んで後2.3段、いいとこゲジゲジ止まりです
なんなら現状維持も難しいかも

あの辞典の木は今もあの姿を維持しているのか
はたまたさらに素晴らしい株達になっているのか
それともそれともすでにこの世にないのか
今となっては知るすべも有りませんが、一度は肉眼で見てみたい木の一つです

そんな木とは比ぶべくもないですが
うちの木も当たりを付けました



黄金虫はよく増えにくい木と言われます
店主曰く「よく増えるのは便所虫」

ほんまかいな・・・

夏過ぎに見付けた当たりも少し大きくなってきましたが
今年中に仔の形になるのは難しそう
来年には当りから仔へ成長してくれるでしょう
このくらいのペースなら黄金虫で良いですよね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西鶴

2017年09月15日 | 覆輪
最近はめっきり安くなった西鶴です



こちらも休んでいる間に入棚したもの
売り物が出だした頃から大好きな木で
今でも物が有るとその値段の安さにつられて買ってしまいます
普通に考えれば小さな蘭に数万円ですから
世間一般の価値観では決して安くはないのです
そんなことは百も承知二百も合点
しかししかし、それでもそれでも1本立ちで何十万もしていたのを見てるだけに
4本立ちでこの値段!?安い!欲しい!
となってしまいます
ただ今回の木は値段だけではなく仔の姿に一目ぼれ



凄くないですかこの露受け
なんぼ程大きい露を受けるつもりなのか、釣針のような反り返り
この葉がどんな風に成長したのかその過程も見たかったですが
うちに来た時にはすでに付けまで出た後でした

親がそれ程荒々しい芸では無いのに残りの2本の仔も良い感じ





そう思ってみれば他の西鶴も、小さい頃は芸がきつく出るように思います
大きくなって丸くなるというか、落ち着いてしまうのでしょうか
今後もこのような激しい芸を出し続けてくれればいいのですが
やっぱり年月とともに落ち着いてしまいそう
すでにその気配は漂っています、なんか露受けの次の天葉は白くなってるし・・・

まだまだ丸くなるには早過ぎです
縞など蹴込み程度で、日本刀の切っ先のような
触る者皆傷つける姿を見せ続けてください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加