ふうせんねこ空を飛ぶ

King&Princeの岩橋玄樹くんが大好き。
玄樹くんと同じ夢を見てずっと応援したい。

ハウステンボス2日目

2015-03-27 21:26:46 | お出かけ
ハウステンボス2日目

まずは園内ホテル宿泊者の特権・・・
開園前の早朝の園内を散策しました。
少し靄(霧?)がかかっていてより幻想的。










ラウンジで朝食し終えたらもう開園時間になっていて
昨日行列ができていたアトラクション「5D MIRACLE TOUR The Doll」へ
5分くらい待っただけで入れました。
中に入ると1人ずつお守りと称してお人形を渡されました。
渡された人から階段を上ると人形の目が光ってビックリ。
みんな席に着くと係の人が
お人形を自分の方に顔を向けて抱いてくださいと指示しました。
そしていよいよ5D映像の始まり・・・
・・・・略・・・・
いや~なかなかよくできたお人形でした。◎です。

11時にチェックアウトなので、それまでにお土産などを買って
荷物を作ってホテルに預けました。

ホライゾンアドベンチャーや
自分が描いた(色を塗った)絵が水族館の中で泳ぐお絵かき水族館に行って



その後、佐世保名物レモンステーキを食べに
ロードレーウというお店に行きました。
行列に並んで20分くらい待ったけど
予想よりお肉がたくさんで食べ応えがあって美味しかったです。

その後、パレスハウステンボス&美術館へ
少し離れたところにあり、1度園外に出るかたちになります。
ここもチューリップがたくさん咲いてました。



裏の庭園もきれいでした。



また園内に戻って、
午前中に行くのを忘れていた
マジックミラーメイズやスーパートリックアートを見に行きました。
帰りのバスまでに少し時間があったので
ギアマンミュージアムにも入りました。

とっても楽しい2日間でした。

ハウステンボスに26時間半ぐらい居たけど
パレスのライトアップを見に行く時間が無かったし
まだまだ見てないアトラクションや催しもあるし
また来たいなあと思いました。
できれば次は2連泊したい・・・
(でも、園内ホテルは結構いいお値段だからなかなか難しいかな?)



コメント

ハウステンボス1日目

2015-03-25 22:12:15 | お出かけ
3月21日~22日、長崎のハウステンボスに行ってきました。

21日大阪伊丹空港から長崎行きのJALに乗り、
その後ハウステンボスのエアポートバスに乗って
2時頃、ハウステンボスに着きました。

今回は園内のホテルアムステルダム・ローラアシュレイフロアに宿泊
チェックインは3時なのでそれまでの間に
まずは風車とチューリップのフラワーロードへ

満開のチューリップ・ポカポカ陽気。




そのあと、観覧車に乗って上から見ると・・・



3時を過ぎたので、ローラアシュレイフロアのラウンジで
アフタヌーンティーをいただきながらホテルチェックイン。

その後、アムステルダム広場の仮面舞踏会に仮面を付けて参加。
ダンスのリズムに付いていくのが行くのがやっと(><)
上手くなんて踊れないけど楽しかったです。



そのあと、塔に上ったりしてるうちに
ライトアップが始まりました。


これは部屋から見たアムステルダム広場

そして、いよいよ、忙しい夜!が始まりました。

スリラーシティーでイルミネーションショーを見た後
アムステルダム広場で光の王国パレードを見ました。







それから

光と噴水の運河を見て




光のアートガーデンへ




その後、花火師競技会へ
前売りでFI席券を買ってあったので最前列で見ることができました。




迫力があってよかったです。

んで、園内に戻ってから
ますはスリラーシティーで3Dプロダクションマッピングを見て



そのあと、ハートの噴水広場を通って


チューリップのライトアップを見にいきました。




そこから、カナルクルーザーに乗って
アムステルダム広場に行こうとしたら
ちょうど、そのカナルクルーザーは光と噴水の運河を通るコースでした。

アムステルダム広場で2種類の3Dプロジェクションマッピングを見て



部屋に戻りました。


盛りだくさんですごく歩いた・・・・


コメント

チューリッヒ美術館展

2015-03-02 22:28:35 | お出かけ
昨日は娘と一緒に神戸市立博物館の
「チューリッヒ美術番展」を見に行ってきました。
最近、この美術館によく行ってますね。
印象派の画家の作品が多く見応えがありました。

写真を取れるコピー(?)の作品があって
ルソーの「X氏の肖像」ではちゃんと赤い帽子やひげが用意してあったので
マネをして撮ってみました。


あと、ゴッホの「サント=マリーの白い小屋」もあったので
そこでも撮りました。


ここの美術館はいつもこういうちょっとした工夫があって
おもしろいなあと思いました。


コメント