東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

横浜の田園都市にも秋が来た!

2019-10-28 22:52:46 | フグ

横浜市青葉区の田園都市線が走る沿線は文字通り、田園風景が広がっていた地域だ。近年は東京や横浜のベッドタウンとして開発が進んだが、かつての農山村の街並みは季節ごとに咲く木々が植えられており、令和元年の今年も秋らしい花々が街角を彩っている

キンモクセイ

 こちらは近所のキンモクセイ。黄色い小さな花びらから放たれる香り。匂いが強過ぎると敬遠する人もいるらしいが、当方はお気に入りだ。この地域では例年9月下旬に匂いが漂い始めるのに、今年はなぜか開花が遅かった。10月中旬になって、ようやく独特の匂いが漂い始めた♪。この夏は猛暑が半端じゃなかった。湾フグマニアである当方もあまりの暑さに何度か釣行を見合わせた。キンモクセイの開花が半月以上も遅れたのは猛暑のせいだと確信している😢。 

バナコスモス

 こちらはコスモスの仲間、キバナコスモス。近くを流れる鶴見川の河川敷にも群生している花だ。いささか地味だが、黄色やオレンジ色に色づいた花弁が住宅地の街角で優しく季節を感じさせてくれている♪。暑さに強いらしく、残暑も平気で乗り切って初秋にも彩りを添えている。さて令和初めての秋を迎えてスーパーマーケットの店頭も様変わり。

みかん

こちらは果物コーナー。秋の声を聞くと、四国の愛媛や静岡の浜松から特産のみかんがどっと入荷した。柿はどれも種なしとPR。以前は種ありも多かったと思うし、当方など幼い頃は柿は種ありが普通だったが、消費者の嗜好に合わせて産地でも工夫しているのだろうと推察した(^^♪。

秋は夕暮れ♪。昔の歌人はそんな情景を歌に詠んだとか。当方はこの季節の夕べはなぜか人恋しい(^^♪。青春時代に出会ったあのマドンナたちは今どうしているのかと思ったりも。そんな私的な感傷はともかく、暦は来週から11月。紅葉を愛でる行楽もいいし、湾フグ出撃も楽しみにしたい!

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^) 

 

コメント

台風一過の秋祭りでピーヒャラ♪

2019-10-14 00:00:48 | フグ

 今シーズン最強の台風19号が関東を直撃し、太平洋に駆け抜けた。横浜・青葉区も12日深夜、激しい風雨がピークを迎えたが、何とか台風一過の朝を迎えた。当地では連休の13日(日)は秋祭りの開催が危ぶまれていたが、天気の回復で例年通りに秋祭りが行われた。祭りは地元「驚神社」の例大祭、かつて丘陵地帯の山村だった地域の豊年満作を祝う行事。

神社の社殿

この神社は農漁業の守護神を祀っていて、釣り人にとっても有難い。毎年、秋祭りと正月の初詣は欠かさず豊漁祈願をしており、昼過ぎ、階段を上り、社殿で願いを託した。世間同様、家族の健康や交通安全の祈願とともに当方は釣り人ゆえ豊漁祈願は欠かせない。

参道

道を見ると露店がズラリ。焼きそばやたこ焼きなど、どの店先も大勢の客を相手に大忙しだ(^0^)。台風の影響で今朝は準備が遅れたらしいが、今年も出店できて良かったと顔をほころばせていた。

終日こんな賑わい♪

この神社の秋祭りは大勢の氏子たちや山車が街中を練り歩き、笛や太鼓がお祭りムードを盛り上げる。かつては‟横浜のチベット“と呼ばれた農山村地帯だが、今や東京と横浜のベッドタウン。交通の便が良くて助かる。“新住民”の私も、ここでかれこれ20年。もはや地元のつもりでいる(^^♪。

ワッショイワッショイ

夕方の神社の前では、半日、青葉区の街中を練り歩いて来た氏子や山車が戻ってきてピーヒャラ♪。台風19号の襲来で危うかったが、今年も秋祭りを無事〆てくれた♪。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^) 

 

 

 

コメント