東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京湾のトラフグに虎視眈々♪

2019-03-21 23:40:05 | フグ

 東京湾・久里浜沖のトラフグ狙いが今年も幕開け。金沢八景「野毛屋」のフグ船「第一忠丸」は今月15日(金)、トラフグ乗合に今季初出船。

三浦半島久里浜沖

第一忠丸の健船長によると、今のところ、1キロ足らずの小型が多いが、4キロ超の大型も顔を出すらしい♪。トラフグ乗合は期間限定だが、出撃に備えて当方も虎視眈々。川崎の釣具店「シマヤ釣具」に特製カットウを注文してあった。

目当てのシマヤ釣具は川崎駅の南側、あの川崎大師に近い道路沿いにある。この店の山口店長は第一忠丸の健船長とは昵懇の間柄だ。

店頭の特製カットウ

店頭にトラフグ用のカットウ仕掛けが並んでいた。どれも店長の特製で、大半は丸型錘の仕掛け。錘の交換が楽なのだが、店長にはナツメ錘の特製カットウ、錘は20号を頼んでいた♪。

注文した特製カットウ4点

カットウ仕掛けは4点受け取った。同じフグ釣りでもアカメは根周りに棲息しているので、どうしても根掛かりが多発し、仕掛けの欠損が多くなるが、トラフグ釣りでは根掛かりの心配はなく、当面は4点あれば十分だ。

一昨年の特製カットウ

実は一昨年春、このシマヤ釣具で店長の特製カットウを入手。20号錘の仕掛けで初めてトラフグ乗合に出撃したら本命ゲット!縁起を担いで今回も錘は20号に決めたのだ。

虎の子のトラフグ♪

私のトラフグ狙いは後にも先にも一昨年の1回きり。今季はまだ殆どが小型トラとか。一昨年の当方の虎の子も小型だったが、いつなんどき大型や特大と遭遇するかも知れない。今回の特製カットウにそんな大型が掛かるのを楽しみにしている♪

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

コメント

終活!ユニフォームと用具にもお別れ

2019-03-18 21:55:15 | その他

 若い頃、春は進学や入社などの新しい出会いに胸が弾んだ記憶があるが、年輩になってみると、季節の変わり目だし、マジに終活を考えてみようか、といささかしんみり。本棚の書物は大量処分し、部屋はスッキリしたが、本日18日(月)は、長年、衣装ケースにしまい込んでいたソフトボールのユニフォームを引っ張り出し、久しぶりに風を通した。

物干しのユニフォーム

当方、50歳台半ばに一念発起!ネットで見つけた地元、横浜・青葉区のソフトボールチームに入団させてもらった。貰った背番号は「55」。

凄い背番号(^^♪

当時ヤンキースの松井選手の背番号と同じで恐縮したが、この年齢で入団した証しだ。驚いたのは青葉区だけでも10を越すチームがあり、若い選手たちの「一般」と40歳以上の「壮年」に分かれてリーグ戦を戦っていたことだ。

ヘルメット&グローブ

ソフトボールは女子ソフトの日本代表が世界一になったこともあり、ソフトと言っても、女子でも豪速球を投げることが知られるようになった。ボールは固く、野球のボールよりひと周り大きいのでヘルメットが欠かせない(^^♪

チームに感謝♪

わがチームは区大会の「壮年」では優勝の常連になり、横浜市大会にも挑戦!当方も決勝戦で優勝キャッチャーの栄誉に輝き、年甲斐もなく嬉しかった

さらば背番号55

しかし、寄る年波。練習や試合への参加が及び腰になり、もう何年も経つ。愛着のあるユニフォームや用具だが、終活の一つとして処分しようと思う。チームは今も毎週日曜日に練習しているというので見学に行き、もし引き取って貰えるなら嬉しい♪

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

コメント

“ハマのアメ横”をぶらり散歩♪

2019-03-13 21:55:37 | 魚市場

 東京・上野のアメ横と言えば誰もが知る大衆的商店街。横浜にも“ハマのアメ横”と呼ばれるスポットがあると聞き、早速行ってみた。

横浜市営地下鉄

横浜駅近くにあるというスポットを目指し、市営地下鉄「あざみ野駅」から、始発の「ブルーライン」に乗車。

“敬老パス”

今年、横浜市から届いた“敬老パス”。バスも無料で乗り放題だし、運賃が高い地下鉄では尚更嬉しい。

横浜駅地下街から西口地上のバス乗り場「14番」へ。

西口バス乗り場「14番」

東京湾に釣行する際は地下鉄で「上大岡駅」に直行するので、横浜駅は素通りだが、今回は横浜駅で下車。目当ての“アメ横”はバスで約10分。「洪福寺」というバス停で降り、道路を挟んで“アメ横”への入り口を発見。

洪福寺バス停

目抜き通り

西区と保土ヶ谷区にまたがる「洪福寺松原商店街」。目抜き通りに青果店や雑貨店などが軒を連ね、昭和レトロのノスタルジックな町並みが広がっており、アメ横と呼ばれる所以だ♪。

魚屋

最初に向かったのはこちら。昭和の時代なら町のどこにもあった魚屋さん。銭湯と同様、次々と姿を消していったのは寂しいが、そんなご時世でも、商店街には昔ながらの魚屋さんが健在だった。店先のまな板では大きなマグロを解体していた。

ホンマグロ

天然ぶりの切り身

ぶりの切り身が3切れで¥1000とか。ネットを検索すると、“横浜NO1”の激安商店街という紹介もあった。ぶりの切り身も割安だったが、見れば郷里である三重県産の天然ぶりと表示されていた(^^)。

歩行者天国

当日は平日だったが、午後0時~午後6時の間は車は締め出し“ホコ天”になっていた。

八百屋

こちらでは緑がみずみずしい長葱や大根、にらが「大特売」とか。

蒲鉾やはんぺん、さつまあげなどの練り製品が製造販売されている店もあり、店先は大衆の匂いがプンプン。

三浦半島特産

こちらはご当地三浦半島産の鮮魚と野菜を売りにした店だ。当方、釣りに行けないとき、横浜・川崎市民の台所、川崎北部市場で魚を眺め、寂しさを紛らすことがあるが、こちら松原商店街も魚市場とはひと味違う癒しのスポットだった(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

シーズン終盤のアカメ狙い出陣!

2019-03-04 23:00:37 | フグ

 ひなまつり前日の2日(土)、横浜・金沢八景の湾フグの定宿「野毛屋」へ。釣行は1月中旬の初釣り以来だから、1か月半ぶりだ。冬場は寒いので、年輩はつい出不精になる(^^♪。

京急の車内広告

地下鉄から上大岡駅で京急に乗り継ぐと、車内広告に目が止まった。「三浦海岸河津桜とまぐろ満喫の旅」とあり、魅力的な行楽ではあったが、当方のミッションはシーズン大詰めのアカメ狙い。アカメはトラフグに勝るとも劣らない絶品フグで、大型が掛かると重厚な引きが堪らない♪。

船宿「野毛屋」

午後フグ船「第三忠丸」は定刻の午後0時半に岸払い。当方は右舷トモ2番手に陣取り、ヤル気満々。

俊之船長

俊之船長の午後船は定刻に岸払いしたが、当日は八景沖でも本牧ふ頭を望む小柴・富岡方面へ出撃。この海域を小刻みに流して魚を探ったが、いつになく船中沈黙が続いた。

八景沖一帯

右舷の釣り客

※フグ竿のPE新調♪

PE新調のフグ竿

当日の竿は健流コンセプト5。道糸のPEが新調してから1年経ったので、D社のシリーズ「紅牙」から「メガセンサー」に切り替えた。アカメはたまに特大が掛かる。そんな大物はPEの高切れごときでバラしたくない(^^♪。

※沈黙破る船中第1号!

船中第1号

釣り開始から2時間近い午後2時半、右舷ミヨシ2番手がついに本命をゲット!待望の船長のアナウンスが流れた。船中では殆どの客が赤エビのエサが盗られず、仕掛けを上げるたびガッカリしていたが、第1号を釣った人は2連発!さらに3尾目は大型を仕留め、バケツに羨ましい本命が泳いでいた。

※癒しのイイダコ

当方、最後まで悔いのないよう誘いを励行したが、とうとうアカメとの遭遇は叶わず、沖揚がりを迎えた。反対側の左舷でもアカメを2尾釣った人が1人いて、船中での釣果は計5尾にとどまり、殆どは“おでこ”(涙)。当方、釣れたのはイイダコ1匹のみ。

※アカメ乗合はほぼ閉幕!

船宿の朝出船のフグ船「第一忠丸」は今週8日(金)からは大貫沖のショウサイ狙いに切り替えるとか。午後船も連日釣れないので今季のアカメ乗合はほぼ閉幕!

※イイダコで晩酌♪

当日は外道の方もムシガレイやサメなどで寂しく、海底でも季節が変わって来ているのを実感した。アカメの正式名称はヒガンフグ。春の彼岸の頃に産卵するので、その名が付いたとか。間もなく産卵の季節。種の保存活動が無事行われるよう祈りたい♪

イイダコの煮付け

フグ釣りにハマって13年目。フグの土産が持ち帰れないのは滅多にない椿事だし、唯一釣れた魚が外道のイイダコなどとは記憶にない。イイダコは5匹くらいまとまれば、土産にすることがあるが、今回は本日4日(月)、1匹だけのイイダコを有難く、晩酌の肴で頂いた(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)