東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

馴染みの居酒屋にご苦労様!

2017-10-31 22:51:15 | フグ

 ハロウィーンの31日(火)夜、街中の賑わいをよそに人生に何度もない買い物をした。覗いた店先は何と花屋。感謝の気持ちを形にしたいと花を贈ることにしたのだ。日常的に船釣りのイメトレにカウンターを使わせてもらったし、東京湾のマコガレイやメバルが大漁でお裾分けすると大層喜んでくれた(^0^)。

シクラメン

どんな花がいいのか思案したが、今が季節のシクラメンにした。そう言えば他人に花を贈るのはいつ以来か、思いめぐらすと、それははるか昔のことだった。交通事故で入院した元カノを病院に見舞って以来とわかり苦笑いした(^^♪。

馴染みの大衆酒場

花の贈り先は行きつけの居酒屋だ。ともに80歳代の老夫婦が店を畳む。昭和54年の開業以来、38年間も店を切り盛りしてきたが、跡継ぎの息子がこの秋に早逝し、やむなく廃業に追い込まれたのだ。

テーブルのシクラメン♪

花はテーブル席にも置かれたが、廃業を惜しむ常連客が続々詰めかけ、カウンターにも“避難”させるほどだった(^^♪。

ショット

店内は大賑わいだが、大衆酒場でもプライバシーがあるし、写真撮影は控えていたが、一瞬こんなチャンス。了解を貰い素早くシャッターを切ると老夫婦の奥さんの表情がgoo♪ どの常連客も“お疲れ様でした”とねぎらいの言葉を贈っていた(^0^)。

当方はビールのあとは冷酒がワンパターンだったが、廃業の間際で冷酒は在庫切れ。酎ハイを注文した。当方にはこれが記念すべきラストオーダーになった(^0^)。店が廃業すると連絡手段が無くなるので自宅の電話番号を聞いた。新年の挨拶でも電話しないと思いますが、と言うとさすがは接客のベテランらしい返事。“釣りが大漁だったら是非電話くださいね”と(^^♪。

酎ハイ!

ラストの暖簾!

暖簾は本日を最後に降ろすとか。当方は24年の長くも世話になった。サラリーマンが渋谷の仕事を終えて帰宅する途中、ここで途中下車。カウンターでフグ釣りのイメージトレーニングも楽しかった。感謝の言葉のみだ。シクラメンには早逝した息子の分も長生きしてくださいの思いを込めた。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^

 

コメント

フグ鍋変じて牡蠣の土手鍋♪

2017-10-28 21:31:59 | フグ

 わが家の食卓は最近、フグ欠乏症。湾フグに出撃してないのだから当然だが、寒くなると鍋が恋しい。この週末は旬の牡蠣の土手鍋を作りたいと思い立った。牡蠣の鍋はなぜ土手鍋なのか?。ネットで検索すると、鍋の内側に味噌を塗り、牡蠣や野菜と煮たのが語源とか。土手は伊勢湾育ちにはピンと来る。河口や海に面する堤防のイメージだ

牡蠣の土手鍋用スープ

スーパーへの買い出しは意外に苦戦した。牡蠣の土手鍋用のスープなど、どこにでもある筈が4つのスーパーを覗いてやっとゲット!「かきのみそ鍋のつゆ」という、福岡のメーカーの商品! “〆のレシピはうどん麺を加えるだけの煮込みうどん”というPRが気に入った(^0^)。

広島産の養殖牡蠣

鍋の主役の牡蠣は広島産(^^♪。どこのスーパーも宮城産が大量に入荷していて、被災地復興に貢献も考えたが、代表的な全国ブランドにした。

スーパーの野菜売り場

野菜の買い物は普段嫁に任せているが、今回は牡蠣鍋を食べたいので自前調達、鍋用スープを見つけた店で白菜とエノキを購入。冷蔵庫には長葱もあったので、牡蠣鍋の食材はこれでOK♪。

牡蠣の土手鍋

秋から冬が旬の牡蠣鍋。東京湾のフグ鍋は大のお気に入りだが、牡蠣も幼い頃から馴染みだ。伊勢湾の川岸で牡蠣を採り、海苔のアオサと一緒に味噌汁を作ってもらった。母親のあの味噌汁は旨かった^^。敗戦国が東京オリンピックを初めて開催するので盛り上がった時代。今から思えば貧しいながら、明日が今日より明るいと思える幸せな時代だった(^^♪。当時の味噌汁は大抵赤だし。今回のつゆは白だしながら、見た目以上に旨味たっぷり

前回この秋初のフグ鍋♪

本日28日(土)は次回2020年の東京五輪まで1000日というので様々なイベントが行われたとか。最近、週末になるたび天候不良に泣かされている。この週末、またも恨みの雨だが天気には勝てない。同じご同輩も多いのではあるまいか。10月も月末を迎えるが、日和を見て湾フグ釣行を窺いたい。牡蠣鍋も良かったが、フグ鍋も食いたい(^^♪。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント

超大型の台風一過でやれやれ!

2017-10-23 23:13:09 | フグ

 「超大型」と驚かせた台風21号。太平洋の海上から日本列島を窺う進路予想を見ると、関東直撃の恐れもあり気懸りだった。この週末、テレビやネットの気象情報に釘付けだった。

※超大型の台風にやきもき!

21日のテレビニュースより

当日の進路予想

渋谷のセンター街

台風が関東に近づいてくる22日(日)午前9時過ぎの東京・渋谷のセンター街だ。生憎の天気だが、まだのんびりしたいつもの光景。奇しくも台風が関東に接近する22日(日)23日(月)は仕事が入っていた。交通機関の乱れを心配し、22日は早めに電車通勤。翌日は泊りがけのホテルから未明の出勤だったが、何とか傘をさして出勤できた。強風で傘が大丈夫か心配だった(^0^)。

未明の渋谷のビル街

※やれやれ超大型の台風一過!

首都圏は各地で鉄道のトラブルなどがあったらしいが、当方はそんな苦労もなく午後になって勤務明け。センター街を抜け、雑踏の渋谷駅へ

テレビで馴染みのハチ公前

渋谷駅前のスクランブル交差点は台風一過、いつもの混雑が戻っていた(^^♪。心配した台風は未明に静岡の御前崎市付近に上陸し、関東を横断して東北の太平洋に抜け、温帯低気圧になったとか。

多摩川も増水!

各地で川が増水などの爪痕を残し、死者もを出したが、正直安堵している。専門家が「今度の超大型台風は昭和34年の伊勢湾台風並みの大きさと強さ」と言っていた。幼い頃、田舎で体験した伊勢湾台風の恐怖は忘れられない。記憶は定かではないが、6000人ほどの死者を出した惨事に比べれば大きな被害を免れホッとする♪。台風一過のあと今週は秋晴れも望めるとか。釣りのチャンス到来である(^^♪。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント

釣りのイメトレの店が消える(涙)

2017-10-19 23:01:55 | フグ

 いつかは…、と覚悟していたその日がついに来る! 馴染みの居酒屋が今月いっぱいで店を畳むのだ。横浜と東京を結ぶ田園都市線沿線にある赤提灯。

行きつけの大衆酒場

以前、この地域に住んでいた縁で長年世話になっていた。ことの発端は店の跡継ぎだった息子が春に入院。既にリタイアしていた両親が息子に代わって現場に復帰、店を切り盛りしていたが、その息子が先日帰らぬ人に…()。享年53歳。親の悲しみは如何ばかりか。

頭が下がる高齢夫婦!

本日19日夜、晩酌で邪魔した際に夫婦の写真を初めて撮らせてもらった。これまでは店に来れば、いつでも顔合わせ出来たが、もうそうは行かない。メモリアルの2ショットだ。

閉店のお知らせ

店内に今月31日で閉店するお知らせが掲示されていた。思えば東京湾に釣行する前夜のイメトレやら釣行後の反省やら、釣り人もカウンターで随分楽しませてもらった。フグの繊細な当たりに力まずにどう合わせるか、カウンターで腕を動かしていると、大将が怪訝な顔つきで眺めていたのを思い出す(^^♪。

絶品の湯豆腐

とりわけ、店の湯豆腐にはぞっこん。今年も鍋のシーズンが近くなり、楽しみにしていた。湯豆腐の旨さは鍋の真ん中にあるタレに秘訣があり、あの湯豆腐がもう食べられなくなるのは寂しい限りだ()。高齢夫婦に贈る言葉は「お疲れ様」以外に思い当たらないが、店を閉じる最後にはお邪魔し、花を贈るつもりだ。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

 

コメント

この秋初めてのフグ鍋に舌鼓♪

2017-10-14 21:17:08 | グルメ

秋はやっぱり鍋が恋しくなる♪。今回、湾フグに出撃したら、今季初の本命ショウサイフグが釣れた(^0^)。東京湾大貫沖の海の幸だ

良型ショウサイ

持ち帰った土産はショウサイ3尾とサバフグ2尾。釣果的にはちょっと寂しかったが、本命2尾目は30cm近い良型で引きが強く、釣り味も楽しませてくれた。今度は食って美味しいフグを頂こうという算段だ。

葱のグリーンが色鮮やか♪

秋になると鍋の季節。ショウサイを土鍋に投入していよいよ待望のフグ鍋。お伴の野菜は白菜に長葱、エノキに限定。今回、いつものハルサメなどは割愛して超シンプルだ。

シャッターチャンス!

今季初のフグ鍋。釣行翌日から連夜の夕食で鍋を完食した。鍋の写真は沸騰しない前に早めにデジカメでカシャ!湯気に触れたら最後、ファインダーが曇ってしまって写真にならない。身も心もほのぼの癒してくれる湯気だが、写真撮影ではやはりNG。もうもうと立ち昇る湯気を表現するのに使える映像だとは思うが~(^^♪。

楽しい取り皿へ

調味料はポン酢、薬味もシンプルにもみじおろしだけだ。釣果が少なく、家族から鍋を独り占めさせてもらったので、心置きなく舌鼓を打った(^^♪。フグの身は淡泊だが、中骨から旨い出汁が出るので中骨は重宝している

旨そう!フグ雑炊♪

フグ鍋を作ると雑炊はセットだ。馴染みのブロガーから麺を使った雑炊も教わり、当方のレシピになっているが、今回はご飯を使った定番。ご飯はあらかじめ雑炊用に前夜から冷凍していた。最後は溶き卵を入れて仕上がり♪。見るからに旨そうだ。一味唐辛子を添えた雑炊を取り皿に移してモグモグ、ホント至福のときだ。釣り人の勝手だが、こんなに釣り人が喜ぶなら、フグの供養になるのかも~(^^♪。

一汁一菜!?

こちらはサバフグの味噌汁!釣行翌朝、ご飯のおかず代わりに食した。他の食材は長葱とワカメ、それに豆腐。このレシピもフグ船に乗り合わせた釣り客から教わったものだ。前回はサバフグの干物を楽しんだが、今回同乗した客はサバフグは唐揚げやフライもイケルよ~と言っていたので、ぜひ試そうと思う。いやぁ~、フグは釣って楽しく食って美味しい!

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント

秋の湾フグに行ってきました♪

2017-10-10 22:57:32 | フグ

 連休明けの平日10日(火)早朝、久しぶりに湾フグ釣行。船宿の金沢八景「野毛屋」の第一忠丸に乗り込んだ。前日は釣果不振でHP釣果欄に「撃沈…」とあったが当方はさほど気にせず眠気にも負けず出撃した(^^♪。船宿の桟橋は8月下旬以来だから、もう1か月半以上もご無沙汰だった。

左が第一忠丸

進路は東京湾観音沖!

前日の撃沈を受けフグ船が直行したのは東京湾観音を望む沖合だった。釣り座は右舷胴の間。隣りのトモでは第一投で早くも本命ショウサイをゲット、幸先の良いスタートを切った♪

右舷トモ

それを横目に内心穏やかじゃない。穂先に再三当たりが出るのになぜかカットウ針に掛からない。狐につままれたような感じだった。そんな挙句、やっとかかったのはこちら。

“ワッペン”

カワハギは肝和えの刺身が絶品だし大好きだが、こんな小さいのは食べる気がしない。即刻、海にお引き取り願った。大きくなったら、また遇おうね(^^)。

カットウリーダー

カットウ仕掛けと連結するのは大抵食わせの胴付きだが、今回は市販のリーダー(長さ1m)を試してみた。リーダーに1本針が付いていたのに、たちまち欠損!サバフグが齧り取ったのに違いない(涙)。

やっとショウサイ♪

そんな悪戦苦闘の末、胴の間にもついに本命!標準サイズ25cmだが、無性に嬉しかった。釣り開始から1時間が経っていた。気を良くしてショウサイ連発かと思いきや、直後の当たりはこちら。

サバフグ

フグに変わりはないが、当て外れだ(^^♪。干物やみそ汁の食材としても旨いので、当方は重宝しているのだが…。

良型ショウサイ

昼前、竿先が揺れたので、合わせると一発命中!なかなかの手ごたえで良型と確信。ショウサイ2尾目のサイズは上々の29cm♪

ショウサイ3尾目

ショウサイは午後にもう1尾追釣。土産はショウサイ3尾、サバフグ2尾を持ち帰った。連休明けの平日なのに釣り客が“つ抜け”していたのがいささか想定外だった。

帰路

釣りの“夏休み”の1か月半余り、暑さにヘトヘト、天気に振り回されたりもしたが、釣りのモチベーションが低下していた。大貫沖からの帰り船、今回は早朝の釣行が出来たのが収穫だと喜んだ^^。東京湾のこの10年、海底に生息するフグの世界にも異変があった。今年も秋から冬場にかけて、どんなドラマがあるのか、ワクワクドキドキだ。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント (2)

秋祭りに湾フグの豊漁祈願(^^♪

2017-10-08 21:01:15 | フグ

 連休真ん中の8日(日)は秋祭りで朝からピーヒャラピーヒャラ♪踊るポンポコリンでした。横浜市の北部、青葉区の一角にある驚(おどろき)神社の例大祭です。

朝からピーヒャラ♫

町内練り歩き

かつての農村地帯に伝わる伝統行事が廃れることなく受け継がれているのが嬉しい。神社から氏子が神輿や山車を担いで繰り出し、町内を練り歩きました

夕方、山車や神輿が再び神社に集合。半日の練り歩き、ご苦労様!

動くひょっとこも活躍♫

驚神社は農林水産の守護神を祀っていて、秋祭りは豊年豊作に感謝するイベントです。釣り人の当方は東京湾の豊漁を祈願、正月と秋祭りには必ず参拝しています(^^♪。

こちらは今年の元日に引き当てたおみくじ。嬉しい「大吉」でした(^0^)。振り返れば、今年も冬場の1月早々に特大アカメをゲット!サイズは自己ベストの43cmに迫る42cm

特大アカメが浮上!

本命トラフグも!

こちらは東京湾久里浜沖で4月に仕留めたトラフグ。去年春、偶然の出来事で始まった東京湾のトラフグ乗合。2年目の今年春、初めて出陣すると、水深20~30m付近で虎の子がヒット♪。江戸前のトラフグに特大アカメ、どちらも初詣のご利益だったかも~。しかし、最近の釣果を見ると、半年以上経ち、ご利益に翳りが見えるような気もして…(^^♪。

驚神社の参道

神社に通じる参道はたこ焼きや焼きそばなどの露店が軒を連ね、家族連れでごった返していました。狭い参道を通り抜けたら、ようやく参拝客の列に仲間入りです。

拝殿に行列

拝礼&拍手♫

初詣以来の神頼み。改めて湾フグの豊漁祈願です。フグとご縁がありますように賽銭は語呂合わせの硬貨(^^♪。腕より運で釣るタイプ。これから冬場のシーズンも楽しめるように、切なる願いを託しました(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

コメント

寄りフグをご存知ですか?

2017-10-04 03:44:03 | フグ

 東京湾のフグ釣りにハマって早や11年になりました。2007年が湾フグ元年です。釣りブログは2008年の元日にスタートしてかれこれ10年。当初は三日坊主を心配しましたが、我ながらよく続いたものだと感心します。フグ釣りそのものは色んな釣りを経て辿りついた釣り物ですから飽きは来ませんが、恥ずかしながら秋の“寄りフグ”のことは忘れかけていました(^^♪。かつて「“寄りフグ”はもう死語なのか?」とブログにアップロードしたことがあります。遡ると、それは2012年10月のことでした。もう5年前です。あの寄りフグ爆釣、備忘録として改めて記録に残したいと思いました^^。

※とんでもない爆釣!

ビギナーの75尾(2008.9.6)

寄りフグとは秋の大貫沖に押し寄せるショウサイフグの若手。サイズは大抵が20cm前後と小ぶりだ。フグはエサ取りの名人、いつの間にかエサを盗られるので、フグ釣りは結構奥深い。当たりが取れても掛かるとは限らないが、寄りフグはその常識外れ。食わせの枝針にもバリバリ食ってくる!最初の体験は2008年9月、フグ釣りを始めて間もないビギナーでさえ75尾掛けた(^^♪。

※またも爆釣に仰天!

爆釣!(2009.10,17)

翌2009年は10月に爆釣体験!ひとたび大群れに遭遇すると、当たりが途切れないので竿を休める間もない(^^♪。結果、フグを捌く健船長は大忙し。帰港した桟橋での光景だが、懐かしいひとコマだ

  

 当方はエサが切れたので45尾で竿を納めたが、船中全体では何と1100尾超だった(^0^)。

ショウサイ31尾の干物!

東京湾のショウサイは天然フグ。養殖のトラフグに比べても遜色がないどころか、刺身にするとショウサイに軍配を上げるが、そんなショウサイも爆釣だと、干物にも回した(^^♪。滅多に経験出来ない贅沢だった。

「釣り情報」

こちらは2010年10月の釣り情報誌。見出しに“秋の東京湾のお楽しみ!寄りフグ開始は時間の問題”とある。当時、釣り情報誌は秋になると、寄りフグ特集を組んだものだが、以来、釣り情報誌に寄りフグの見出しはぱったり。湾フグ各船もときには爆釣まがいの好釣もあったが、かつての爆釣には程遠かった。

湾フグのウォッチャーには、この2010年はとても意味深だ。東京湾の水深10数mの海底に生息するフグの世界に何かの異変が起きたらしい。アカメ(正式名称ヒガンフグ)が台頭したのだ。アカメはトラフグ並みの旨いフグ。毎年、冬場のシーズンになると、釣り場が違う八景沖などにせっせと出かけていますが、たまには秋の寄りフグ爆釣も~などと妄想したりもする。何はともあれ、秋のショウサイはこの数年そこそこ釣れているのでウォッチャーは安心しています♪。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

コメント