東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「いいふぐの日」だったのに…(^^♪

2016-11-29 21:14:37 | フグ

 師走目前の本日29日(火)、東京湾のアカメ狙いに出撃した! 11月に入って、やっと湾フグ第2弾。11月29日は「いいふぐの日」というスーパーのチラシにルンルン♪定宿の金沢八景「野毛屋」から湾フグに繰り出した^^。

広告の「いいふぐの日」

※八景沖のフグは活況!

左舷

フグ船は近くの八景沖で流し釣り。当方は右舷胴の間に入ったが、平日なのに大賑わい。今季はショウサイフグがよく混じるので、前日も含め船宿の釣果欄も活況を呈している^^。八景沖でこれほどショウサイが釣れ盛るのは珍しい♪。

野毛屋に通い始めて今年は10年目、記念すべき“つ抜け”の年だ。昔、健船長が口を酸っぱくして言っていたのが“動かない仕掛けには食ってこないよ~”。最近は潮が速いときは“3秒間隔で誘って~”などと具体的に呼びかけている♪

※キス釣りかい?

天気は曇りで、北風がピューピュー。そんな寒さに加えて、右舷の銅の間付近は船中でも“蚊帳の外”だった。右隣の人が偵察に行ったら、左舷はよく釣れているとか。それに比べて、当方は…。

 

トラギス

シロギス

体色がパールピンクで“海の女王”とも称されるシロギス。良型の24cmなので塩焼きが楽しみだ。外道のトラギスはこのあとも釣れたが、どれも小型なのでリリース。フライにすると美味しい魚だが…。

※「不遇の日」かい!?

やっとショウサイ

何が「いいふぐの日」だ。これでは「ふぐう(不遇)」の日ではないかと、苦笑いしながらも仕掛けの誘いを励行していると、潮が上げ始めた昼頃から様子が一変。右舷胴の間に珍しく当たりが連発!右も左も待望のフグを取り込めたし、当方も本命アカメ1尾を始め、ショウサイが立て続けに4尾。僅か30分程度の時間帯だったが、この釣り座のゴールデンタイムだった。

 

2尾目にやっとアカメ!

 

ショウサイ4尾目

今季のアカメ狙いはこれがまだ第3弾。暦はもう師走、何かと気ぜわしくなり、あっという間に新年を迎えるが、釣り納めの前にもう一度は釣行したい!狩人はなお虎視眈々なのだ。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

絶品松葉ガニに手が出ない!

2016-11-27 00:23:24 | グルメ

 癒しのスポット、魚市場で指をくわえ、ため息をついた。川崎北部市場の鮮魚店の店頭だ。鳥取・境港や兵庫・浜坂港に水揚げされたオスの松葉ガニが並んでいた。日本海では今月6日、ズワイガニ漁が解禁になり、底引き網で獲れたズワイが首都圏にも出回り始めた。値札を見ると、キロ当たり1万1000円の表示。ざっと、1尾1万円もするので目が飛び出そう!一般ピープルには高嶺の花だ

松葉ガニ

山陰で水揚げされたら松葉ガニ、北陸なら越前ガニ。同じズワイだが、それぞれご当地ブランドにこだわりがある(^0^)。脚が1本でも欠けると値打ちが下がるので、他から足を持ってきて整形が行われているとか

日本海の冬の味覚、ズワイのオスの漁期は春の3月下旬まで。メスの“セイコガニ”は資源保護のため年の暮れまで。メスは小型なので値段も格安だが、味は上々だ。ズワイを食べるなら、当面はセイコガニや紅ズワイガニで我慢するか。紅ズワイも境港によく水揚げされるカニだが、味が落ちるので、こちらも激安だ(^^♪。

ワタリガニ

安いカニと言えば大衆的なのがワタリガニだ。この週末もスーパーを覗くと、店頭に結構出回っていた。東北の宮城県産だった。大きさにより値段は違うが、1匹当たり500円前後の割安で買える。

表示を見ると“お味噌汁に最適”とか。カニは茹でてバリバリ頬張るのが好きだが、味噌汁ってどう作るのか、レシピを研究し、カニの味噌汁を試してみるのも面白そうだ(^^♪。高値のズワイは年が明け値段が安くなってきたらチャンスを窺いたい♪。それでも駄目なら、「かに道楽」あたりでお茶を濁そうか?

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

コメント

湾フグの競演で晩酌も楽しく~♪

2016-11-21 20:21:10 | グルメ

 先日13日(日)のアカメ狙いは最後に本命が1尾釣れたものの、釣り始めからトラフグ、コモンフグ、ショウサイフグが次々顔を見せたのには驚いた。湾フグのこの3種がバケツに一緒に泳いでいるシーンなど記憶に無かった^^♪。

バケツの3尾

何はともあれ、湾フグの4種計7尾が揃い土産にはなったが、アカメは熟成に1週間は要するので後回し。まずはすぐ食べられる他の3種をどう頂くか。フグは「釣って楽しく食って美味しい」と、釣り情報誌などでよく紹介されるが、当方もこのフレーズにはまったく同感だ

コモンフグの味噌汁♪

土産の第一弾は釣行の翌朝、コモンフグが登場♪コモンの身欠き1尾とワカメ、長葱の味噌汁だが、これだけで朝食が一膳頂けた(^0^)。大豆の発酵食品である味噌パワーの凄さに感心する

当方の“フグ天”

家族用

続く第二弾はフグの天ぷらだ。ショウサイ4尾とトラフグ1尾を天ぷらに使ったのは贅沢かも。塩や醤油、天つゆを調味料に食べ比べてみたが、晩酌の肴はどれもOK!あえて言えば当方は塩味に軍配か!?

調味料は塩味~♪

天つゆで~

さて、虎の子のアカメは本日21日(月)、熟成1週間が経過、どう食するか迷った。僅か1尾では“てっさ”も“てっちり”も苦しいので、醤油と味醂に漬けて、これに一味唐辛子をトッピング。

アカメの漬け

 

熟成アカメの焼きフグ

この焼きフグが今回のフグ料理の“トリ”だ。照り焼き風の味と香ばしい匂いが嫁にも好評だった。珍しく4種類も釣れた湾フグはこれにて完食、冷蔵庫のフグは空っぽ(^^♪。釣って楽しく食って美味しいフグ。今季アカメ狙いがどう展開するか不透明だが、冬場も寒さにも負けず奮励努力したいものだ

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

師走がそこまでやって来た!

2016-11-19 20:21:20 | 魚市場

 師走が近づき、夕方5時ともなると真っ暗。私鉄沿線にある馴染みの居酒屋も赤提灯が一段とくっきり!晩秋から初冬へ、暖簾をくぐるたびに季節の移ろいを感じる。

居酒屋の店先

お待ちかねの料理が今年も登場した。絹ごしの豆腐に白菜、長葱、春菊。何の変哲もない定番の鍋だが、たれが抜群なのだ!この湯豆腐を食うと他店の湯豆腐はお見限りになる(^^♪

旨い湯豆腐!

カウンターで温かい鍋をつつきながら晩酌。これから寒さが増す冬場もここで湾フグ釣行を妄想するとしよう

川崎北部市場」

久しぶりに魚市場を訪ねると、こちらでもどことなく師走の気配が~。卸売りや小売りの鮮魚店がひしめく場内。マグロの専門店もあれば干物の専門店などもあり、あの店この店、次々廊下トンビするのも楽しい

下関産のふぐヒレ

店頭に面白いパックあり!フグの本場、下関で加工されたトラフグのヒレだ。1パック¥1300円の表示があった。ヒレを香ばしく焼いて熱燗で頂く。ヒレ酒の好きな人はさぞかし涎が出るのだろう^^。

当方、ヒレ酒にはさほど食指が動かないので、先日、東京湾でトラフグが釣れたときも船長にヒレを切り落としてもらった。船長はヒレはどうする?と親切に聞いてくれたが未練はなかった(^^♪。

東京湾で釣れた天然トラフグ

ターレトラック

魚市場では独特の運搬手段、ターレが忙しそうに走り回っていた。今年もあと10日もすれば師走だ。残すは1か月余り、年の瀬も近い。年末恒例のあれこれ、次第に慌ただしくなってくることだろう

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

絶品!江戸前カレイの刺身に舌鼓♪

2016-11-17 20:47:42 | グルメ

 13日(日)、東京湾でフグを追っていたら江戸前カレイが釣れた!フグ竿に重みが乗ったときは本命アカメかとワクワクしたが、揚げてみると姿形はフグとは似ても似つかぬ平ぺったい魚だった

※江戸前カレイが浮上♪

マコガレイ

高級外道のマコガレイだ。サイズは良型の32cm。やはりカットウ針が白いお腹に掛かっていた。活きのいいこんなマコガレイはスーパーなどではとても手に入らないし、釣り人ならではの特権だろう

※マコガレイの刺身は絶品!

上品な刺身

カレイの煮付けも好きだが、今回は刺身~。きれいな白身はほんのり甘みがあって、ねっとりした舌触りは格別だ。江戸前カレイの刺身の旨さには唸ってしまう♪

家族用の刺身

家族用の刺身も用意したが、あっという間に無くなった。“フグ刺しより旨い”という声もあって喜ぶべきか悲しむべきか、当方いささか複雑だったが、こんなにモテモテならカレイの供養になったろう(^^♪。

※フグ釣りの嬉しい外道♪

東京湾のカレイ釣りは“冬の風物詩”。私もスポーツ紙に写真付きで紹介してもらったことがあったが、ここ数年低調なのが残念だ。しかし、フグのカットウ釣りではそんなマコガレイが外道で結構掛かり、今年も嬉しい外道を何匹かゲットした。なかでも2月の椿事には目を丸くした

※まさかの自己ベスト更新!

特大の自己ベスト更新の46cm!

採寸するとビックリ仰天!カレイ釣りにハマっていた頃の自己ベスト45cmを上回る46cmだったからだ。実に13年ぶりの記録更新が何とフグ釣りで果たせたのだから感動した

※カットウ針に掛かるその訳は?

かねてからフグ釣りマニアとして訝しく思っていた。こんな平ぺったい魚がフグ釣りのカットウ針になぜ掛かるのか?フグ釣りはエサ針を躍らせて魚を誘い、すぐそばのカットウ針で仕留める釣法。このフグ釣りでマコガレイが掛かる、その謎がようやく解けてきた。

※独り占めが命取り!

注目したのは、いつもカレイのお腹にカットウ針が掛かることだ。海底を這うカレイがカットウ針に掛かるメカニズムはこれしかないと、確信した。つまり、エサを見つけてこれは頂き~と、カレイがエサを抱え込む。その瞬間、釣り人が操るカットウ針が偶々ヒット!エサの独り占めがカレイには命取りになるのだが、絶品の外道だから、こんな命取りは何度もあってほしい~♪

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

アカメ乗合の意外な展開に目が点!

2016-11-13 21:14:35 | フグ

 小春日和のポカポカ陽気に誘われ本日13日(日)、湾フグに出撃しました。アカメ狙いの11月第一弾です!金沢八景「野毛屋」の桟橋のある平潟湾は朝からピーカンの快晴♪釣り場は平潟湾とは目と鼻の先の八景沖一帯です。

出船前

大勢の客を乗せてフグ船は八景沖のポイントを次々転戦しましたが、どこも思わしくありません。本牧ふ頭付近の釣り場もアカメを釣り切ってしまったのか絶不調でした。釣り開始から1時間半が経ったというのに当方はまだオデコ。しかし富岡沖に移動すると妙な展開が…。仕掛けを降ろすと、着底する前から竿先に強い当たり!どうせ食わせの針にサバあたりが食ってきたのかと思いきや!?

再会したフグ

釣れたのはコレ!何とトラフグではないか。サイズは27cmと、もう一つでしたが、トラフグとの遭遇は久しぶり♪嬉しいサプライズです♪。

愛おしいトラフグでした♪

2尾目のフグは?

続いてすぐ当たりが出てゲットしたのは今度はコモンフグ。コモンとしては良型の26cm。トラフグもコモンもカットウに掛かったが、ほどなく掛かった3尾目はこちら。

ショウサイフグ

分かりづらいかも知れないが、食わせの枝針が背びれに“すれ”みたいに掛かっていて、意外なほど引いた訳が分かった。メジャーを当てるとスタンダードの25cm。

バケツに泳ぐまさかの3尾

釣れたのは順にトラにコモン、ショウサイ。アカメ狙いで出撃したのに、これですから目が点になりました。釣れたフグには感謝しますが、本命のアカメ不在が何とも寂しい()。

 

ヨット

山では紅葉狩りが賑わったでしょうが、沖釣りも海の青、空の青に染まりピクニック気分です。八景沖はヨットやプレジャーボートが多数浮かんでいました。当方、ビールを飲みつつ行楽モードを楽しんでいました。こんな平和や平穏が尊いことを感じますね~♪

その後、ショウサイはポツンポツン釣れましたが、うん?アカメじゃないかと期待を持たせたのは…。揚げてみると高級外道で良型マコガレイ32cmでした。当方は右舷胴の間に入っていましたが、両隣でさえ何とか本命の型を見たというのに…。しかし、案ずるより産むがやすしでしょうか。

待望のアカメ

ようやく正午頃、お待ちかねのアカメが取り込めました。何ともヤキモキのアカメ乗合でしたが、当方フグの釣果はトラフグ1、アカメ1、ショウサイ4、コモン1。外道で釣れた良型マコガレイは刺身で頂くつもりです^^。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

完熟アカメを満喫しました♪

2016-11-11 06:34:03 | フグ

 東京湾の絶品フグ、アカメの熟成が終わり、8日間にわたる封印を解いた。開封当日の9日(水)は東京で木枯らし1号が観測され、横浜でも寒風が身に沁みた。そんな寒い夜はやはり鍋で決まり。スーパーの鍋の誘い文句も納得(^^♪。

スーパーの野菜コーナー

完熟アカメの身欠き

フグの鍋料理も色々あるが、まずはしゃぶしゃぶ♪。先日釣れたアカメ4尾はどれも中型だったが、でっぷり太っていて、身欠きはこれでも僅か1尾分。野菜は白菜、長葱、エノキに、人参も追加。

あつあつの

沸騰した鍋にフグの身をくぐらす。当方は“ミディアム”が好きだ。湯引きの身欠きは淡泊な旨味にプリップリッ、弾力性のあるこの食感が楽しい♪。

アカメのフリッター

じっと我慢の子の1週間余り。絶品アカメに家族も箸を出した^^。洋風天ぷらのフリッターは私も晩酌の肴に頂いた

アカメのカルパッチョ♪

野菜をあしらった洋風の刺身、カルパッチョ。これで今回のフグは美味しく完売♪ 少しは供養が出来たかも~。

待望の今季アカメ第1号!

フグ釣りで足繁く通っている金沢八景「野毛屋」が今季も先月31日(月)、アカメ乗合を開始した。当方もその初日に本命4尾とご対面。ホント釣れてよかったな~と、しみじみ感謝(^^♪ これからの季節、冬晴れでも強風には要注意だし、いつも釣行出来るとは限らないが、アカメ乗合は去年と同様、年越ししてほしい

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

寒くなると鍋の出番ですね~!

2016-11-05 23:08:18 | グルメ

 関東もこの週末は願ってもない小春日和。しかし朝夕はさすがに寒くなって来た。スーパーの野菜コーナーには“今夜は鍋でしょ”といったお誘いが目立ち、関西でいう“てっちり”、フグ鍋を思い立った^^。鍋の食材に先日の釣行で釣れたコモンフグ2匹があったからだ(^0^)。

コモンフグ

見た目はショウサイフグとそっくりだ。着物の“小紋”という柄に似ており、この名前が付いたそうだ。隣の釣り客が“見分けがつかない”と言うので決め手を伝授した。腹をさするとコモンならザラザラ!ショウサイの腹はツルツルだから簡単に見分けられる

フグ鍋

鍋は主役のコモンに白菜、エノキ、長葱、春雨。今回は当方だけの一人用なので野菜はどれもが最少単位だ。最近のスーパーは白菜の8分の1切りというのも並んでいるので助かる

フグ鍋の薬味

薬味はポン酢にもみじおろしと刻みの長葱をたっぷり。土鍋から湯気が立ち昇ると気持ちが和む。ホカホカの温かい食材を口に含むとコモンフグも旨い♪。フグ釣りの定宿、金沢八景「野毛屋」はコモンフグを釣果に入れないが、当方はショウサイ並みのフグだと重宝している^^。

本命のアカメは只今熟成中。“てっちり”、“てっさ”、それにしゃぶしゃぶも良い^^。アカメの釣り場は船宿のある平潟湾とは目と鼻の先。風にも強い港前で本命アカメのほか、美味しい外道のフグも楽しみたい♪

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

東京湾絶品アカメ只今熟成中!

2016-11-03 23:01:03 | フグ

 湾フグの秋冬の釣り物、アカメ乗合の季節が今年も到来♪定宿、横浜の金沢八景「野毛屋」が10月31日に初の出船をするというので、胸を弾ませ乗船しました。東京湾にもフグの仲間は意外なほど棲息しているんですが、寒い季節に釣りファンを楽しませるのがアカメ。数はさほど出ませんが、体が大きいので4匹~5匹釣れたら土産になります♪。

当日釣ったアカメ

アカメの正式名称はヒガンフグ。春の彼岸の頃に産卵するので、こう呼ばれていますが、アカメの謂れは文字通り目が赤いからです。特大には怖いときもありますが、ご覧のようになかなか愛嬌もあります

アカメ熟成へ

馴染みのフグと言えばやはりトラフグでしょうか。アカメはそのトラフグに勝るとも劣らぬ絶品ですが、身が固いので1週間ほど熟成させると、身が柔らかく旨味もUPします。トラフグも身が固いからプロの職人が“フグ包丁”で腕を振るい、身が透明なくらいに薄く捌いている筈です(^0^)。

キッチンペーパーに包んで~

フグ釣りマニアゆえフグの取り扱いは慣れたもので、当日釣れたアカメ4尾は只今熟成中です。身から多少の水分が出てくるので、毎日のようにキッチンペーパーは取り替えます^^。

赤提灯がくっきり~

こちらは行きつけの大衆酒場「養老乃瀧」。日が短くなり、来週の7日(月)は立冬とか。最近は夕方6時にはもう薄暗く、赤提灯が鮮やかです♪。今度はいつ釣行するか、潮の具合などを勘案して作戦を練りますが、釣行後の悲喜交々をここで反芻することもあります。晩酌をしながらの私的反省会です(^^♪。

お酒で釣り妄想♪

実は今回、惜しい水面バラシが2回ありました。水面まで浮かせたのに、目の前で取り逃がし。今回逃がしたアカメは大きくなかったのですが、バラシはやはり口惜しい。今季のアカメは去年と同様、特大や大型が少ない印象ですが、やっぱり特大をまた釣りたい!そんな妄想をしつつ晩秋の夕べは更けました(^^)。

サバフグの味噌汁

ところで、釣行翌日の朝食を飾ったのはサバフグの味噌汁。食材はほかにワカメ、長葱、豆腐。これにご飯があれば朝食はOK。熟成中のアカメはじっと我慢の子です。フグ料理の定番、“てっちり”と“てっさ”のつもり。1週間ほど経て立冬が過ぎたら解禁にしたいと楽しみにしています♪。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

湾フグ今季初のアカメ乗合に出撃♪

2016-11-01 04:58:17 | フグ

 10月月末の31日(月)未明、横浜市営地下鉄「ブルーライン」から京急に乗り継ぎ金沢八景駅へ。湾フグ10月第2弾が叶うばかりか、定宿「野毛屋」がアカメ乗合を始めるというので前夜からワクワク♪。これってチビの頃の遠足気分ではないか、と苦笑した(^^♪。

午前5時過ぎの始発

定宿「野毛屋」桟橋

定宿で乗船手続きを済ませ、右舷ミヨシ2番手の札を手に桟橋に着くと、隣のマダイ船にまさかの2ショット。釣り仲間の花王迷人劇場と焼き肉店の店主、TANGAさんではないか。かつては同僚の二人はTANGAさんが脱サラをしてからも、こうして釣りの付き合いを続けているのだ。

左舷の釣りガール

もう一つ驚いたのが左舷胴の間に入っていた美人の釣りガール。以前も当方とフグ船で一緒だったと言われて恐縮した(^^♪。腕前達者で本命アカメを早々とゲットして、隣の彼氏を焦らせていた^^。

航路は本牧沖へ

雨の心配はなく、釣り場の八景沖一帯も上天気。アカメ狙いは錨を降ろさない流し釣りで船が動きやすいからカットウの錘は重めの10号だ。期待は花王迷人特製の修繕カットウ。市販の替え針とリサイクルのナツメ錘でリメイクした優れものだ^^。

強い味方のカットウ仕掛け(右の2つ)

釣りが始まると、隣のミヨシが第1投で本命!すると、当方も27cmと30cmが連発して、今季初のアカメにすんなり遭遇^^。僅か1時間でバケツも賑やかになった。

今季自身初のアカメ

30cmオーバーの良型♪

トラフグに勝るとも劣らないアカlメ。フグ釣りにハマって10年になるが一向に飽きない。カットウ釣りという釣法が実に面白いからだ。釣りはエサ針で掛けるのが当たり前なのに、カットウ釣りではエサ針は“おとり”だ。そばに三つ又のカットウ針が潜めてあり、エサに群がる魚をこのカットウ針で掛ける“騙し討ち”だ。

住友ドック近くの釣り場

今季初のアカメ乗合なので、健船長は幾つもポイントを探った。行く先々で多彩な外道が混じった。大きくなればイシダイになるサンバソウも見かけたし、サイズは小さかったが、高級魚で知られるクエ(ハタ)の幼魚が両隣で釣れた。東京湾でクエを見たのは初めて。恐らく黒潮に乗って入ってきたと想像するが、楽しいサプライズだ。

カワハギ

当方にもベラやトラギス、イイダコ、クサフグが来たが、持ち帰ったのはカワハギだけ。釣行当夜晩酌の肴になった^^。当方の釣果はアカメ4匹、コモンフグ2匹、サバフグ4匹で丁度“つ抜け”。クサフグも釣れたが、こちらは論外(^^♪

 フグを捌く健船長

 湾フグ老舗の船宿の今季初のアカメ出船だったから、船長も緊張感があった筈だが、HP釣果欄によると、乗客8人が全員、本命ゲットでホッとしたとか。帰港後に船上でフグを捌く健船長の手際が軽やかだった。記念すべき今季初のアカメ狙い、同乗の皆さん大変お疲れ様^^♪

 只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

  是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)