東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待ち遠しいアカメの熟成解禁(^^)

2015-10-31 21:18:15 | グルメ

 先日26日(月)の湾フグ釣行はよもやのアカメ狙い。しかも土産がしっかり持ち帰れて本望だった。船はフグ釣りで長年お世話になっている横浜・金沢八景の「野毛屋」。アカメ乗合はシーズン5年目の去年は不発に終わったので、今年も諦めていただけにアカメとの遭遇はホント嬉しかった(^0^)。

鍋で味噌汁製作へ

サバフグ味噌汁

釣行当夜のフグ料理は外道のサバフグが頼りだった。長葱とワカメ、豆腐との味噌汁はやはり旨い。ご飯と味噌汁だけの“おかかご飯”で夕食も翌日の朝食も大満足♪。

当日釣れたサバフグ

スーパーに出回るフグの干物などは大抵サバフグ。割安だからだが、釣りの世界では嫌われ者だ。ショウサイフグを圧迫すると目の敵にされており、定宿の船長もこのフグには“リリースしちゃ駄目だよ~”と、念を押すほどだ()。

アカメ5尾を熟成へ^^

さて、先日の土産の主役はアカメだった。トラフグにも劣らぬ絶品だが、すぐ食べるのはNG。身が固いから、熟成すると身が柔らかくなり旨味もUPする(^^)。定宿では1週間は冷蔵庫で熟成させるようお勧めしているし、当方も暫くは我慢の子だ()。

アカメ“封印”

アカメの身欠きはキッチンペーパーに包んで冷蔵保存し、キッチンペーパーは2日毎に取り替えることにしている。冷蔵中でも身欠きから出てくる水分を吸い取り、清潔に保つためだ。

釣行から間もなく1週間、“封印”したアカメの解禁まであと一息。久しぶりのアカメをどう頂くか?ハロウイーンが終わるともう11月。寒くなって来たし、温かいしゃぶしゃぶがいいかも~♪

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

アカメ狙いで出撃しました♪

2015-10-27 21:20:22 | フグ

 26日(月)早朝、胸をときめかせて金沢八景「野毛屋」へ。アカメ(ヒガンフグ)狙いだ。アカメ乗合は釣れなくなったら、即終了だろうから、釣れるうちの釣行を思い立った。平日にしては結構な賑わいで、私は左舷胴の間だが、釣り座の29番は語呂合わせの「福」だし、フグとも縁があるかもと大いに期待した()。アカメの釣り場は定宿のある平潟湾を出て目と鼻の先の東京湾。

※船中第1号が来た!

朝7時半過ぎ、一斉に仕掛けを降ろすと、いきなり穂先がブルッブルッ。釣り座の効果なのか、何と第1投に本命。“型を見たよ~”と、船長のアナウンスがあったから、船中第1号だ(^^)。

カットウに船中第1号

それから30分、左舷オオドモとその隣のポンポン連発に続いて、胴の間の私にもヒット♪

自身第2号

自身第2号は胴突きの枝針に掛かっていた(^^)。メジャーを当てると、第1号と同じ25cm。船中でもこのサイズが多かった。付近の海域には浦安のフグ船「吉久」なども乗り入れていた。

浦安「吉久」

※行楽の秋は海も最高♪

前日の25日(日)は東京湾も強風が吹き荒れ、野毛屋アカメ乗合も出船を取り止めたほどだが、この日は長閑な小春日和♪。陸では紅葉狩りに出かけた人も多かったろうが、海の上も楽しい(^0^)。さて、釣りの方は順調に3尾目も4尾目もすんなりゲット!

3尾目も25cm

4尾目は良型

4尾目の引きは相当手応えがあった。採寸するとサイズは28cm。10時半には本命4尾がバケツに泳いでいた。

アカメ乗合は今年も望み薄と思っていたので、釣行出来たばかりか、土産もしっかり持ち帰れるなんて幸せ。これも「29」の釣り座のおかげかも~(^^;;)。

※その時は来た~!

そんな11時前の時間帯。左隣がにわかにリールを巻き始めたので、操舵室の船長も色めきたった。左舷胴の間で一人だけ蚊帳の外。まだオデコだったので、私も気にしていたのだが、無事にアカメをゲット!

祝!オデコ脱出

釣り開始から3時間余り、“ホント長かったですよ”と、安堵していた。その嬉しそうな本人とアカメの2ショットを記念撮影させてもらった(^0^)。待望のアカメは枝針に掛かっていた。船中に取り込んだ瞬間、私も思わず歓声を上げてしまった^^。悶々としていた釣り人の気持ちは痛いほど分かる()。

富岡沖に近い釣り場

船は昼前からはあちこち拾い釣り。富岡沖に近い2番目の釣り場も船中最初のヒットはまた私。やっぱり、釣り座「29」のおかげかも~(^0^)。5尾目のサイズは29cm。

5尾目のアカメ

惜しくも30cmの大台に届かなかったが、ゴンゴンという独特の引きが味わえた。通称アカメと言うのは、ご覧のように目が赤いからだ^^。拾い釣りの船中はショウサイフグも時折り交ったが、私は他にはサバフグ2尾だけ。

サバフグ

オカズには十分♪

の釣果はアカメ5尾。外道はイイダコとサバフグ。ちなみに船中釣果は0~11尾とか。アカメは太っているので、オカズは十分♪1年8か月ぶりのアカメ乗合は実に楽しかった。期間限定の釣りだが、もう一度は乗りた~い

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (4)

アカメ狙いのチャンス到来!(^0^)

2015-10-25 20:21:58 | フグ

 いやぁ~ビックリ!あっと驚く為五郎。ここに来て、よもやフグのアカメ狙いが出来るとは横浜・金沢八景「野毛屋」が当面はアカメ乗合を出船するというのだ。フグ船が久しぶりにアカメを探ったら23日(金)、24日(土)と連日好調に釣れたとか。ちなみにアカメというのは正式名称はヒガンフグ。トラフグに勝るとも劣らない絶品フグで知られる

アカメ乗合は今から5年前の秋、湾フグの老舗「野毛屋」が開発した釣りソフト。“世界初のアカメ乗合”と健船長も自画自賛したものだ。以来、定宿では毎年秋から冬場までアカメ乗合を出船、私も随分楽しませてもらった。フグはショウサイの強烈な引きも堪らないが、でかいアカメの重厚で官能的な引きは釣り人を酔わせる(^0^)。

自身最大43cm(2010年11月)

重量自己ベスト1.6㎏(2011年1月)

5年目の昨シーズンは不振で殆ど出船しなかったので、今年も望み薄とあきらめていたが、乗合開始は思わぬ朗報だった。湾フグはショウサイの絶好調が続いていたが、最近ウソのように低迷している。アカメ乗合はそのショウサイ大不振の賜物かも知れないが、何はともあれアカメが狙えるなら千載一遇のチャンス♪

大物アカメ(去年12月)

特大アカメには去年の暮れ以来、お見限りだ。定宿の午後船でショウサイに混じって40cmが浮上し、俊之船長の網に掬って貰ったのを思い出す。船宿HPによると、今のところ、まだ特大は出ていないらしい。アカメはでっぷり太っているから2~3尾釣れたら土産はOKだ!もしも大物が釣れたら、ほっぺをつねってしまいそう~(^^;;)

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

みそラーメンのフグ鍋です♪

2015-10-18 20:45:20 | グルメ

鍋の新商品

お馴染みのみそラーメンのデザインでしたが、“鍋になりました”と大きな文字が袋に躍っていたので目が点~。スーパーの店頭に並んでいた袋を見ると、ラーメンの前にまず鍋を楽しんで、最後はラーメンで〆て下さいとありました。メーカーの新しい戦略ですね(^^)。

野菜チーム

私も興味津々、試してみようと長葱のほか人参、ぶなしめじ、もやし、豆腐を用意。お奨めの作り方にはニラもありましたが、長葱で十分なのでニラは省略。

フグの身欠きの出番です♪

さてメインの食材はどうする?作り方の一例として豚肉が紹介されていましたが、豚肉の代わりにフグを起用することにしました。先日、東京湾で釣ったショウサイフグです。みそラーメンのフグ鍋。フグとみその相性の良さは、わがレシピの味噌汁でも確認済みですが、こんなフグ鍋は初めて。

初登場のフグ鍋

ほかほかと湯気が立ち上る鍋。今年も鍋物が似合う季節になってきました。「鍋専用」という袋は2人前なら2回分とあり、鍋スープと麺が2袋ずつ入っていました。嫁と2人前の鍋を賞味しましたが、案外旨かった~。みそラーメンの鍋、フグを使ったのは全国で私が第1号かも!?

〆のラーメンは太麺

〆のみそラーメン

鍋の〆のラーメンは、①残ったスープに少々水を入れ、沸騰したら麺を入れ3分間ほど煮込む。②麺をほぐして、さらに4分間煮込んだら出来上がりです。麺は煮込む時間が長いからか、普通のみそラーメンとは違って太麺が使われていました。一味唐辛子をスパイスに食べましたが、2人前は嫁とペロリ♪ このフグ鍋の“変化球”、また試してもいいな~

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

湾フグ海苔網周りを探検♪

2015-10-13 21:38:04 | フグ

10月の湾フグ第1弾は本日13日(火)にようやく叶った。大貫沖のショウサイフグはここに来て爆釣モードから一転して釣果が急降下。それに連休明けの平日だし、客は少なくなるかと思いきや船宿も驚くほどの盛況!金沢八景「野毛屋」のフグ船は朝早くから大勢が陣取っていた()。

フグ船「第一忠丸」の右舷

左舷

左舷トモに比較的近い「24番」の札が取れたが、船内調整の結果、私は「32番」。胴の間付近のミヨシ側に入った。

釣り場は大貫沖の海苔網周りで、釣法はいつものカットウ釣りとは違う食わせの胴突き釣り。現地に着くと、健船長のレクチャーが行われたので、私自身も参加。浅場での胴突き釣りは私も初めて

船長のレクチャー

胴突き釣りでも仕掛けが底に着いたら、道糸の状態は張らず緩めず“ゼロテンション”を保つこと、2秒ほどの間隔で誘うことなど、大切なポイントをアドバイスしていた

枝針3本の胴突き(右側)

海苔網周りのフグ釣りではカットウは厳禁!枝針が3本の胴突きを道糸にセットして、錘20号をぶら下げる。

養殖海苔網

釣りが始まると、 私も第一投から穂先に明快な当たりが連発♪4回は当たりが取れたが、口惜しいことにどれも取り逃がした。2回は掛け損ない。もう2回はいったん掛かったのに巻き上げる途中にバラシ。釣れる時合いのこのていたらくは痛かった()。

左舷トモ側

船中を見ると、ポツーン、ポツーンと釣れてはいたが、一日に1000尾も釣れたという爆釣モードがうそのよう。潮は大潮に変わり、海の条件は悪くない筈だが、フグの機嫌が悪いのか

本命第1号ゲット!

オデコ脱出はもう昼前だった。立て続けに2連発!サイズはどちらも20cmの小型。このうち2尾目は最初の当たりのあと、聞き合わせのように竿をスーッと上げるとがっちり掛かった♪ 備忘録その①は、びっくり合わせはNG!とにかく合わせはソフトにそ~っとなのだ(^^)。

缶ビールは旨かったが…

大貫沖も一日中、ピーカンの快晴。暑いくらいの時間帯もあって、冷たいビールが旨かったことは言うまでもない。人気ブランドの姉妹品には“超辛口”とあった。本日の釣りは想定外の苦戦。ビールのほろ苦さは記憶に残るかも(^^;;)。

養殖海苔網周り

午後はフグの反応を求めて養殖網の周りをあちこち転戦、クルージングが続いた。釣っているより走っている時間の方が長いよね~と、客同士で苦笑い()。

3尾目

そんな合間に3尾目はすんなり釣れたが、私の釣果は、これを入れても僅か3尾。

釣果の3尾

船長が沖揚がり前にフグを捌くので、クーラーに冷やしてあったフグを用意したが、やはり寂しい。ちなみに船中釣果は3~24尾。右トモが24尾まで数を伸ばしたとか。我らが3尾がスソだったらしい。カットウ釣りとは趣の違う食わせの胴突き釣り、再度チャレンジしてみたい!(^0^)

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

秋祭りに釣りの神頼み♪

2015-10-11 20:27:18 | フグ

 本日11日(日)、当地、横浜・青葉区の神社で秋祭りがありました。この季節、豊年満作を祝う恒例行事。田園地帯に古くからある「驚(おどろき)神社」は農業や漁業の守護神が祀られており、釣り人である私も正月の初詣と秋祭りは、必ず豊漁祈願している有難い“宮さん”です(^^)。

驚神社の参道

鳥居から本殿へ続く参道には幾つもの屋台が並び、地域の氏子や子供たちで大賑わい。神輿や山車が朝から各町内に繰り出し、ドンドンヒャララ、ドンヒャララ♪地域は昔ながらの祭り一色に包まれました。

神輿や山車でお祭り一色~

氏子の若い衆

横浜地方も本日は雨。神輿や山車を担ぐ半身裸の若い衆は寒かった筈ですが、その冷たい雨も昼頃にはあがりました。そこはさすが神様のご威光!と言うべきかも知れませんね(^^;;)。

獅子舞の奉納

午後、祭りのイベント、獅子舞が境内で奉納されました。この地域伝統の獅子舞は神奈川県の無形民俗文化財に指定されています。笛と太鼓に合わせて祭りのクライマックスでした()。

本殿で祈願

本殿での祈願に私も参列。家内安全のほか東京湾の海の幸に願いを託しました。湾フグは去年秋にショウサイフグが5年ぶりに復活、好調は今も続いているのは何よりですが、気がかりなのは、すっかり影を潜めたアカメの先行きです

特大40cmのアカメ(去年12月)

アカメ(正式名称ヒガンフグ)もいつかは復活を遂げてほしいと祈願しました。アカメのあの重厚な釣り味が忘れられません

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント

一縷の望みを託して市場へ…

2015-10-06 23:29:29 | 魚市場

 本日6日(火)早朝、眠気をこすりながら魚市場へ。各地から鮮魚が直送される「川崎北部市場」。横浜・川崎市民の台所の一つだ。目当ては二つ。一番の狙い目は芝エビ♪二番目は鯨肉だった。芝エビはこのところスーパーの店頭は勿論、市場でさえ殆ど出回ってないのは知っていたが、一縷の望みを託したのだ(^^)。

店先には各種のエビが並んでいた。ボタンエビやシマエビ、甘エビなど。しかし、芝エビはどこにも見当たらない。私は芝エビのかき揚げの天ぷらが大好きだ♪ 野菜と一緒のかき揚げではなく、小さなエビをぎっしり揚げた天ぷら。

翌日7日(水)は仕事が入ってないので釣行チャンス。芝エビの天ぷらをビールのつまみに持って行ければ最高!と目論んだ。馴染みの店の大将が“冷凍ならあるよ。それで良かったら~”と声をかけてくれたのは嬉しがったのだが…。

刺身用メジマグロも旨そう~

魚市場は楽しい。マグロの王様、ホンマグロの若魚のメジも旨そうだった。マグロの刺身で夕食も、と目移りもしたが、結局、手が伸びたのはこちら。

鯨肉も大好き♪

“鯨は日本人の食文化です”と、いつものキャッチフレーズ。まったく同感だから刺身用のクジラを買った。それはアイスランド産のナガスクジラ。鯨の中でナガスクジラやシロナガスクジラは最高級だが、日本に認められているのは調査捕鯨だけ、しかも捕獲出来るのはミンククジラなどに限定されているのは残念だ。

我らがショウサイ

そんな魚市場で目を細めたショウサイ。産地表示がハッキリしなかったが、25cm超のなかなかの良型だった。東京湾の大貫沖では今年秋も、ショウサイフグが好調に釣れており、当方も7日(水)釣行を当て込んだが残念。各船HPを見ると、強風や時化模様で出船中止とか。さて、次回釣行はいつ果たせるやら、引き続きスタンバイですね(^^;;)。

 只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

    にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

歓迎!湾フグ乗合復活♪

2015-10-03 21:26:03 | フグ

 湾フグの世界で嬉しいニュースがあった。かつての常連、富津「川崎丸」が今月1日から乗合を再開したことだ。他船が好調なので先日、試しにフグ船を出したら、船中21名で482尾の大漁! この釣果に久しぶりの乗合を決断したとか。最近ではせいぜい“スポット出船”、そのスポット出船ですら今年4月が最後だったのではないか(^^;;)。

川崎丸フグ乗合(2012年3月撮影)

川崎丸は大貫沖のお馴染みだった。地元の海苔養殖に配慮して、一般的なカットウ針は使わず胴付きの食わせ釣り一本。三つ又のカットウ針を使うと海苔網に被害を与える恐れがあるからだろう。川崎丸は大変有難いフグ船だった。常時大貫沖に出船しているから、ショウサイフグの傾向がウオッチできたからだ^^。湾フグは2010年秋以来、ショウサイに代わってアカメ(ヒガンフグ)が台頭し、“東京湾西沖”のアカメ狙いが主流になったが、川崎丸は大貫沖がメーンだし、大貫のショウサイの動静が分かるバロメーターだった()。

川崎丸を巡っては残念なシーンもあった。一昨年11月のことだ。ショウサイが影を潜めていた頃、客から熱い要望が寄せられ、出船したのだが、釣果は振るわず、船宿HPには“フグ自体はまだ固まっていないようで乗合開始はまだ早いと判断した”と、報告があった()。

※歓迎!川崎丸フグ乗合♪

さて、大貫沖ではショウサイの“寄りフグ”が去年の秋に復活して以来、今年も好調に釣れている。

川崎丸も今月1日に乗合を再開したら、初日から絶好調。船宿HPによると、釣り客たちは上限の100尾達成のほか、81尾や72尾などと、誰もが大漁だったとか。船宿の乗合復活はご同慶の至りだ()。

※真冬の深場釣りも期待♪

かくも好調だと、冬の深場釣りさえ復活するのではないかと期待が膨らむ。水深30mほどの深場に移動したショウサイを狙う冬季限定の釣りだ

冬場フグ船団(2010年2月撮影)

深場フグは仰向けに泳いだ♪

一般的なカットウ針に替えて、胴突きに20号程度の錘をぶら下げる釣法だ。かつては真冬の1月から2月に船団が形成されたものだ。ひょっとすると、湾フグの船団が久しぶりに形成されるのも夢ではないと、今からワクワクしている(^^;;)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

   にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント