東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

いいじゃないの~幸せならば♪

2012-01-29 11:07:29 | フグ

28日(土)も冷え込みが厳しかった。寒さが身に凍みたが、釣行への強い思いが背中を押してくれた。快気祝いの釣りに行きたい♪ ダウンのジャケットにニット帽、それにちょっと古いけど「みんなのうた」の「北風小僧の寒太郎」を鼻歌にルンルン気分だ♪

眠いよね^^

横浜市営地下鉄の始発。上大岡駅で京急に乗り継いで金沢八景「野毛屋」アカメ乗合へ。釣り座は左舷胴の間。午前中、日陰になるが客が少なめのこちらを選んだ。出船前、すぐ右隣りに女性客が入った。

釣りガール登場!

おやっ?このお客さん、見覚えが~。そうだ、正月の釣り初めで、やはり胴の間で隣り合った釣りガールではないか(^^)

釣り初めのときのM川さん

東京・新宿からお越しのM川さんは今回も単独釣行。テンヤ釣りでたまたま掛かったフグが凄く美味しかったので、フグ釣りに凝っているとか^^。

S田さん

釣場の八景沖。ひと流し目で船中第1号を記録したのは、左隣りのS田さん。おかげで、“おっ、魚がいるじゃないか”と励みになった。

 

天気は良かったけど北風がビュービュー、ブルブル震えていたら、おやっ?竿先までブルブル! なかば向こう合わせで枝針に掛かってきた。釣り開始から30分余り、あっさり第1号はレギュラーサイズの29cm

お待ちかねの1号^^

続いて、すぐさま第2号! 明快な当たりが出たのも当然か、今度は大きなエサ針にヒット。

第2号

このあと暫らく間があったが、10時過ぎに掛かったのはこちら。

これもエサ針に~

サイズはまずまずの良型33cm。これで3尾となり、この時点で私と両隣の3人は横並び。今回は特に目標を定めなかったが、まずは土産が作れてひと安心(^^)。

それにしても~、と感慨ひとしお♪ 先週末は病院に“缶詰”だった。それを思えば、いまこうして釣りをしているひとときの、なんと幸せなことか~♪

 

さて肝心の釣りは3尾目のあと暗転。アカメは根の周りに棲息しているから、根掛かりは付きものだが、あまりにひどい。いつになく根掛かり多発。カットウ仕掛けが潮に流されないよう、誘いを短めの間隔にしたが効果なし。左隣りのS田さんも根掛かりに悩まされていたが、それでも時折ゲット、釣果を6尾まで伸ばした。

M川さん好調^^

頑張ったのは釣りガール。おっ、また来たか、と喜んでタモ出しをさせてもらったが、ポツンポツン上乗せして7尾を記録。船中トップ3人の一人に輝いたのは見事だった。私はカットウ喪失で戦意まで喪失したわけじゃないが、そのまま尻切れトンボ(^^;;)。

手製のてっちり

アカメ乗合、去年秋から“期間限定”と言いながらも、よく釣れ続くものだ。2月いっぱいは釣れるんじゃないか、と船長も期待しているが、さてどうだろう。それにしても寒かった。こんな夜はてっちりで決まり! 身も心もぽかぽか、旨かったのは言うまでもない(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

 

 

コメント (9)

一級の寒気団がやって来る!

2012-01-27 20:43:08 | フグ

横浜の中華街は中国の正月「春節」を迎えて賑わっているそうです。私も去年出かけましたが、爆竹で厄払いをする一方、獅子舞が商売繁盛を祈願するパレード♪。異国情緒溢れる目抜き通りは観光客も詰めかけ大混雑でした(^^)。

 春節の中華街(去年26日)

パレードにはハイライトの獅子舞とともに龍舞も登場。今年の干支は辰だけに例年以上に盛り上がっているかも知れませんね(^^)。迎春の伝統行事「春節」は26日まで開かれます。

龍舞

早いもので来週からもう2月。3日(金)は「節分」、4日(土)は「立春」と、暦の上は春めいてくるが、ここにきての寒さはどうでしょう! 今朝(27日)はあまりの寒さに震え上がりました。案の定、私の住む横浜は氷点下13分、東京でも氷点下1度。宇都宮に至っては氷点下63分を記録したとか!まるで氷の世界ですね。困ったことに、関東はあすから、さらに強い寒気が南下し、この先1週間は厳しい寒さが続くとか。ひゃ~参った(涙)。

自己ベストのアカメ(43cm)

週末は久しぶりに東京湾へアカメ釣りに行きたいと思っていました。それなのに、こんな凍てつく寒さ! ホントに行けるのでしょうか? まだうす暗い暁は眠気も大敵、それに加えてこの極寒! 我ながら、もう気持ちが萎えそうで、はなはだ自信がありませ~ん(^^;;)

 

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)

沖釣りに行けなくても♪

2012-01-24 20:22:05 | 入院

 釣りはアウトドアの趣味ですから、天気には勝てません。週末、釣りに行きたくても雲行きが怪しいと、もう気がかり。特に週末が休みのサラリーマン釣り師はつらい。釣りに行けないときは魚市場を覗いたりして寂しさを癒していますが、先日、かねてから気にしていた、もう一つのスポットを探検しました。そこは魚市場からも、自宅からも車で僅か10分ほどの近場です^^。

森に囲まれた釣堀

高級住宅地、川崎・王禅寺にある釣堀「FISHON!王禅寺」。車で乗りつけられるのも魅力(駐車台数200台)。釣堀はルアー、フライ、エサ釣りが楽しめるようになっていて、それぞれ広いポンド(池)があります。海や川から遠く離れた内陸にこんな釣場があるのは不思議な気がしなくもありません

 

※釣堀も大賑わい♪

ルアー釣りの客たち

平日の昼下がり、大勢のアングラーが詰め掛けているのでビックリ! 海釣りも船釣りや磯釣り、陸っぱりなど幅広いですが、淡水魚を狙う川釣りも釣り方や釣場などさまざま、釣りファンの裾野が広いようです。

ニジマス

釣堀にはニジマスを中心にイワナやトラウトなどが多数放流されています。私が一番注目したのはルアー釣り。船釣りのフグと同じように返しの無いルアー(擬餌針)を使用。掛かった魚を傷めないという配慮と、子どもたちが多い釣り人の安全のためです。

 

眺めていると、予想外にヒットするではありませんか。竿の曲がりも十分! 年輩客は“これが楽しいから来ているんですよ”とルンルン♪ 大抵の人はスポーツフイッシングでキャッチ&リリース。持ち帰る人は、せいぜい2割くらい。言葉を交わした年輩客の場合、イワナだけは塩焼きが美味しいので持ち帰るそうな。

 

※“幻の魚”も登場^^

悠然と大物が~

中には体長40cmオーバーもいて、目の前を悠然と横切る!イトウです。1m以上に成長する魚で、かつて“幻の魚”とも呼ばれましたが、今では富士山麓など各地で養殖されているそうです。ルアー釣りのラインは細いので、このイトウが掛かると取り込むのがスリリングとか(^^)。

 

※釣り見物も楽しからずや♪

クラブハウスのレストラン

釣堀にはレストランも完備。寒くて震え上がった当日、暖かいコーヒーをすすりながらの釣り見物も乙なものです。レンタルの釣竿が用意されていてインストラクターも待機しているから、ビギナーが手ぶらで来ても釣りが出来るとか^^;;。

の~んびり、まったり♪

ルアー釣りなら私も船でスズキを釣ったことが何度もあります。しかし、金属製のメタルジグに大きなスズキがいとも簡単に掛かるので幻滅し、ルアー釣りはそれっきり。でも、沖釣りに行けないときなど、たまにはこんな釣堀で遊ぶのもいいかも(^^;;)

 

※“出所”しました^^

6人部屋の病室

きょう24日(火)、1週間ぶりに娑婆に“出所”しました(^^;;)。胃カメラで発見された病変を摘出すべく、17日(火)から都内の大学病院に入院していました。病変2箇所のうち、先ず大きなポリープを取り除く手術が無事終了、術後の経過も順調なので退院となりました。

“定宿”大学病院

この病院は3年前、大腸のポリープを摘出してもらった病院です。今回、大腸についても内視鏡で精密検査したところ、新たなポリープなどの異常は無いことが確認され、ホッとしました(^^)。

 

※寒さに負けず~

胃の病変の残り1箇所は、春先に折をみて、退治するつもりです。何はともあれ、当面心置きなく釣りに行けるのが嬉しい! 今は極寒、一年で最も寒い時期ですが、寒さにひるまず釣りに行けないものか、寄る年波にも負けずチャンスを窺うつもりです(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

コメント (6)

「野毛くじら横丁」はどこ?(^^)

2012-01-16 22:33:21 | 

 週末の15日(日)、横浜の野毛を探訪しました。釣りではありません。目当ては鯨です。この地区に「野毛くじら横丁」ができたというので、是非行ってみようと~。船釣りで金沢八景の「野毛屋」によく乗船しますが、実はその名が示す通り、野毛はこの船宿のルーツでもあります^^。

ここ数年、釣っても食べても美味しいフグにハマッていますが、もう一つの顔は鯨肉大好き人間。昔食べた鯨肉は郷愁を感じるくらい好きだし、当ブログでも自慢の鯨料理としてカレー風味の竜田揚げを紹介したことがあります^^。

横浜・野毛

横浜の古い面影を残す野毛。桜木町駅を挟んで、海側に林立する超高層ランドマークなどMM21とは対照的に今も大衆的な風情を感じる街並みだ。「くじら横丁」は、この地区で鯨料理を出す約30店が加盟したそうだが、横丁とは言っても、どうやら、加盟店はあちこち分散しているらしい^^。

 この暖簾が目印^^

ネットで検索した情報を頼りに探索したが、休日の昼下がりだからか、営業中の店が少なくて困った。やっと「野毛くじら横丁」という暖簾が見つかり、すがる思いでこの店に飛び込んだ(^^;;)。加盟店はどこもこの暖簾を目印に出しているらしい。開店直後の店先で~

たった今、午後1時に開店した、というこの店はTVの競馬中継を売りにしているようだ。

それはそれとしてメニューに注目すると、鯨料理は鯨のベーコンに刺身、ステーキ、竜田揚げの4種類だけ。「くじら横丁」に参加しているにしては、いささか物足りないが、値段の方は量が少ないせいか、大衆的だった(^^;;)。

店の鯨メニュー

竜田揚げ

一緒に探訪した嫁が注文したのは、こちらの竜田揚げ。わが家では鯨肉が手に入ると、竜田揚げをよく作るので、味比べをした嫁が小さな声で“うちのほうがよっぽど美味い”。私も口にしてみたが、わが家の竜田揚げとは申し訳ないけど勝負にならない(^^;;)。

恥ずかしながら、わが家自慢の竜田揚げを紹介します。

カレー粉と醤油で下拵え

 わが家の竜田揚げ^^

私が注文したステーキは結構良かった^^。ミディアムの焼き具合が程よく、軟らかくて美味しかったし、もっと食べてもよかったくらい(^^)。「野毛くじら横丁」の加盟店は他に幾つもあるから、また出かけてみたいが、夕方から営業する店が多いようだ。

鯨のステーキ

 

ちなみに、フグ釣りでお世話になっている金沢八景の「野毛屋」さんは、かつてこの近くで「黒川釣船店」として遊漁船を営業していたそうな。フグ釣りにしても鯨料理にしても、「野毛」というのは、私にはよっぽど縁のある名前らしい(^^)。

 只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

 ↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

コメント (6)

ブイヤベースも乙なもの(^0^)

2012-01-14 21:22:58 | グルメ

東京湾から持ち帰ったアカメを週末の本日(14日)、美味しく頂きました。釣ったのは「成人の日」でしたから、冷蔵庫に寝かせて、まだ5日間ですが、食いしん坊ですので少々フライング(^^;;)。

 

寒いから温かい鍋でも、と思ったんですが、嫁の発案で野心的にブイヤベースにチャレンジ!わが家のフグ料理で、洋風といえば、カルパッチョやジャークフグなどがありますが、ブイヤベースというのは初めてのレシピです。

アカメを計量

アカメは3尾は合計390g。野菜とのバランスを考え、分量も正確に測りました。ブイヤベースに使う魚介類は白身魚のほか、エビや貝が一般的ですが、フグの旨味をじっくり味わいたいので、アカメ一本にしました^^。他の材料は玉ねぎ、にんじん、インゲン、シメジ。

市販のブイヤベース

「ふらんす厨房 ブイヤベース」という市販のルー(調味料)を用意。「白身魚のだし汁と白ワインのうま味と香り」がキャッチフレーズです。

作り方はカレーと同じ要領で、①サラダ油で野菜を炒め、水を500ml入れて沸かす②沸騰したら、ペースト状のルーを加え、さらにフグを入れて煮込む。カレーより煮込む時間は短く、せいぜい5分間。

鍋で製作中♪

超簡単!あっという間に出来上がりです^^。アカメは食べやすいよう1尾ごとに2つ~3つに切り分けました。具沢山のスープ、味はパエリアによく似た風味で、ほんわか地中海の雰囲気♪ 

主食はパン^^

主役のアカメはさすがです。フグは白身の癖のない魚ですから、洋風料理にもピッタリ!オールマイティーです(^^)。夕食は温かいこのブイヤベースをメインディッシュに主食はパンにしました。

フグをフォークで~

初めて作ったフグのブイヤベースは上々の出来映えでした。フグ料理でフォークを使ったのも勿論初めてです。

先日釣ったアカメ5尾のうち、これで4尾平らげましたが、あと1尾を大事に熟成させています。アカメ釣りはさほど数が伸びませんが、大型が多いので何回もフグ料理が楽しめます。改めて海の幸に感謝しております♪(^0^)

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

 ↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (6)

こいつぁ春から縁起がいいや♪

2012-01-12 22:38:02 | 頑張れニッポン!

正月に入って先日、東京・渋谷の釣具店「Sスイ」でフグ釣りのカットウ仕掛けや替え針などの買出しをしました。湾フグは2年連続でアカメ(別名ヒガンフグ)が大ブレーク! かつての主役、ショウサイフグはどこへ行ったのやら、すっかり影が薄い。そんな訳で、フグ釣りマニアの私などアカメさまさま、アカメに足を向けて寝られません(^^) 

 お年玉のアカメです

※アカメ狙いは根掛かり多発!

アカメは食べても釣ってもgoodです。しかし、玉にキズなのは根掛かりが頻発すること。アカメは根周りに生息しているので、当然と言えば当然ですが、一日船釣りをしていると、カットウ仕掛けを34個欠損することもざらですから補充が欠かせません(^^;;)。

 

店頭のカットウ仕掛け

※こいつぁ春から縁起がいいや~♪

店頭で勘定を払ったら、“籤を引いて下さい”と声を掛けられました。それでは、と運試しに紙片を開けるとA賞でウインドブレーカーが当たりました。最高がS賞でイカ釣りの竿、次いでAE賞のうちの上等の賞だったので大喜び^^。

 

そのときの店員の話が面白かった。籤を引いた客の中には、運を使い切らないように、と控え目な人もいるとか。そうか、その釣り人心理も分かるなぁ~(^^;;)。でも、私はもっと欲張り。釣り現場でも運が欲しい!腕より運で釣っているんですから~(^^)

 

賞品のウインドブレーカー

これから2月までの一番寒い時期。釣りに行くときは、ポカポカのダウン・ジャケットは手放せないけど、春めいてきたら、このウインドブレーカーを重宝するつもりです^^。

※渋谷に新名所! 

釣具店からの帰り道、すぐ近くで見上げたのが、このビル。渋谷の新名所として期待を集める複合商業施設「ヒカリエ」です。

 「ヒカリエ」

お世辞にも良いネーミングと言えませんが、場所は渋谷駅東口。明治通りと青山通りに囲まれた一角です。かつての東急文化会館の跡地と言った方が通りがいいかも知れませんね(^^)。

 

 

ビルは地上34階、高さ約182m。地下3階から8階までの商業スペースは東急百貨店や飲食店などが入居、連休前の426日にオープン予定とか。次いでミュージカル劇場などが入る11階から16階が7月に開業するそうです。

 

ハチ公側から山手線挟んで^^

 “渋谷が進化する”、“新たな渋谷の玄関口”とか、周辺はそろそろ祝賀ムードも。渋谷駅は山手線のほか、地下鉄の副都心線でも新宿・池袋と直結し、便利になったが、期待通りに“人や情報が集まる、活力ある街へ”変身できるのかどうか注目です(^^)。

 

※ 右肩上がりへスクラムを!

復興元年とも呼ばれる今年、東京はこの夏、「東京スカイツリー」も開業予定です。閉塞感に包まれ、重苦しい世の中ですが、これら新名所の誕生も加えて、少しでも世の中のムードが右肩上がりになったら~、と願うばかりです(^0^)。

 

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

 ↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

コメント (2)

だからフグ釣りは面白い♪

2012-01-09 20:50:15 | フグ

一年で最も寒い時期を迎えましたが、「成人の日」の9日は気合いを入れてアカメ釣りへ。 折角の連休だし、風も穏やかで絶好の釣り日和。横浜・金沢八景の平潟湾を出ると、清々しい朝日が降り注ぎました。定宿「野毛屋」のフグ船は目の前に広がる八景沖に直行。

新春の朝日♪

例によって流し釣り。ひと流し目から早々と“型”を見て、船中次々とアカメが釣れ出しましたが、ヒットは圧倒的にトモ側に集中。昼前の干潮までトモ側が潮先になるので、席が空いておれば、と思ったが、さすがに殆ど塞がっていました。結局、釣り座は空いている左ミヨシの2番手にしましたが、ミヨシ側は左右どちらもさっぱり

本日の私のお初

長い沈黙のあと、9時半を過ぎた頃、ようやく竿先がざわつき、カットウ針にヒットしたのは33cmの良型でした! 釣り開始からもう2時間近くが経過していたので、お初にホッ(^^;)。

でっぷり太っちょ^^

後姿のこの方は?

今日は珍客が現れてビックリ! 私の隣り、左ミヨシのこの方は、以前釣り仲間だったTangaさん。一昨年の春、広告代理店を辞めて脱サラ、焼肉店店主にトラバーユしました。

「ほれぼれ」(開業時)

 

東京・調布の「つつじが丘」駅そばの焼肉店「ほれぼれ」は順調のようです。ご本人、好きな釣りは封印していましたが、開業以来初めて釣りに来られました^^。

Tangaさんとは、干潮のあと上げ潮に変わる午後がチャンス、と慰め合っていました(^^;;)。

2尾目

昼過ぎ、私に2尾目が来ました。標準サイズです。この直後でした。午前中オデコだったTangaさんに、待ち遠しかった第1号! “長かった~”、ついにオデコ脱出です。

人生初のアカメです^^

Tangaさん、人が変わったように何と怒涛の4連発!僅か20分余りに4尾ゲットです。きょうは後悔して帰るのかも、と心配していたそうですが、一転して“フグの神様が2年ぶりの釣りに恵んでくれた”と大喜び♪

あっという間に4尾!

花王迷人劇場好調!

Tangaさんの反対側、右ミヨシのこの方も午後は好転。Tangaさんの同僚だった花王迷人劇場さんです。ブログでもお付き合い頂いている花王さんは、午前中の2尾に続き、3連発などで6尾を追釣、8尾まで数を伸ばしました(^^)。

小型はリリース

さて、こちらは私自身の3尾目。見たところ、サイズは25cm未満のようですし、資源保護のため、海へお帰りいただきました(^^)。

 

このあと2時前後に2尾加えたあと、沖揚がりの直前にも、もう1尾がヒット! ちょっと大きそうだったので、船長にタモで掬ってもらいました。

本日最大!

取り込んだ5尾目は本日の最大の35cmでした。船長によれば、きょうは“つ抜け”が3人いて、船中釣果は1~15尾。正月の出船開始以来、一番好調に釣れたとか。

釣果5尾

干潮を境に、あれほど釣れ方が変わるとは!今更ながら目を見張りましたが、その微妙さもフグ釣りの面白さかも知れませんね(^^)。

我々3人も含め、大勢の客がニコニコ顔、楽しい祝日のアカメ釣りとなりました。Tangaさん、花王迷人さん、お疲れ様(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

 ↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (6)

妄想^^ふぐ人気ランキング♪

2012-01-05 21:36:41 | フグ

正月のおせち料理は元日に殆ど平らげた。レストランに特注の洋風おせちは、伊勢海老のテルミドールや真鯛のパエリア、車海老のうま煮、スズキ入りの伊達巻など、和洋コラボの品々が家族に好評。嫁も手造りの苦労から解放されて結構なことだった♪(^^)。

 洋風おせち

 

ふ~ん、こんなにも違うのか、と少し首を傾げた。三が日の最後、スーパーの鮮魚コーナーにふぐちり用の、白さばふぐと、とらふぐの二種類が並んでいた。片やふぐの最高級と言われるとらふぐ、片や大抵干物にされるさばふぐ、その二つが鍋用として肩を並べていたものだから、苦笑いしたが、値段の格差には目を見張った。

 

さばふぐ¥780、とらふぐ¥1780(^^)

下関の同じ業者の製品。だし、ポン酢、もみじおろし付きで量もほぼ同じだったが、白さばふぐの780円に対し、とらふぐは1780円。さばふぐは熊本産、とらふぐの方は長崎で養殖と表示されていた。とらふぐは養殖物でさえ、天然のさばふぐより倍以上の高値が付くのだ。さすがはとらふぐ!養殖物でも、これほど羽振りを利かせるのだから~(^^;;)

 とらふぐのてっさ

そのとらふぐのちり用と刺身用の値段比べも可笑しかった(^^)。ちり用の隣りにふぐ刺し用のとらふぐのパックが陳列されていた。同じ業者の製品で、こちらもポン酢、もみじおろし付きで、薄作りの刺身と皮のセットが1280円。

うん?とらふぐにしては割安では?、と一瞬思った。しかし、店員が明快な説明をしてくれて、なるほどと納得。

ちり用は量が100gだったが、刺身の方は、その4分の1足らずの僅か24g。ふぐ刺しは薄く引いてあるから、見た目より実際の量は少ないから、決して安くなかったのだ(^^;;)。

 

東京湾のさばふぐ

さばふぐは東京湾でも外道として釣れるし、干物にして焼きふぐにすると、結構美味しく食べられる。値段も割安だから、大衆的なふぐと言っていいかも知れない。ちなみに、店頭にあったさばふぐのちり用も当日、完売したそうな。

 新春のアカメ♪

さて、とらふぐとさばふぐの格差を見て、然らばアカメなら、どれくらいの値が付くだろうか、と思った。釣り人の間ではアカメはとらふぐより旨い!ともっぱら。でも、アカメの場合、小売りルートには殆ど出回らないから、店頭価格を想像したって仕方ないか!?。

 アカメのてっちり^^

アカメの美味しさは知る人ぞ知る、釣り人の秘かな楽しみでいいのかも♪。ま~、それはそれとして、独断と偏見で想像するのも面白い。あの店頭に同じ量を並べるとすると、天然物だし、養殖とらふぐをはるかに凌ぐ1パック20003000円あたりでどうだろう?(^0^)。

 

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

 ↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

コメント (2)

年の始めの試しとて♪

2012-01-02 21:44:05 | フグ

年の始めの試しとて、本日2日、東京湾へアカメ釣りに行ってきました。定宿の横浜・金沢八景「野毛屋」が出船を開始するのに合わせて、私も新春の釣り初めです。

これに先立ち、元日は近くの神社へ恒例の初詣。ご多幸や家内安全などの願いとともに、しっかりと沖釣りの豊漁祈願(^^)。

神社に初詣

長蛇の列に混じって社殿へ。一段とご利益があるように賽銭を奮発し、神妙に二礼二拍手、心を込めて願いを託しました^^。

 

さて本日2日の釣り初めです。船宿の方たちに新年の挨拶をして、早速釣り座へ。客は思ったほど多くはなく、私は左舷ミヨシの2番手。

八景沖

釣り場は八景沖~横須賀沖。小雨模様の天気は回復しましたが、風が強く、少々釣りづらかったですね。すぐ左隣りは、お若い“釣りガール”が東京・新宿から単独釣行。最近、フグ船に通い出して、34回目とか(^^)。

 

例によって流し釣りのひと流し目、船中で“型”を見たあと、ふた流し目で私の竿にも早々と当たり♪ 今回はスピニングリール仕様の新フグ竿を先発に起用。細かい揺れにすかさず合わせたが、空振り…。フグなら食ってくると、穂先に注目すると、案の定、また揺れ始めた。ここで会心の合わせ!…の筈が、かすりもしない。結局、食い逃げされ、エサはきれいに取られていました(^^;;)。

私のアカメよ!

そんな私を尻目に“釣りガール”が見事アカメをゲット!本人新年第1号にニコニコ(^^)。フグとツーショットの記念写真を撮らせてもらいました。

「健流」フグ竿

当たりが遠のいた時間帯に船長監修のフグ竿「健流」にスイッチ。前回、気分転換に竿を代えたとたん、第1号をゲットしたので、2匹目のドジョウを狙ったら、嘘のようにまたもヒット!自身新年の初物です。食わせの枝針に掛かったのはアベレージサイズの27cm。

新年第1

2

昼前にヒットした良型34cmのアカメです。強い引きを見せましたが、大きなエサ針に掛かっていたので、抜き上げても大丈夫だな、と思いましたが、駆けつけた健船長にタモで掬ってもらいました(^^)。

立腹でしょう♪

“釣りガール”が私のバケツを覗き込んで、“きっと怒っているんでしょうね”と言うので、私も“そりゃ~、ご立腹ですよ。腹をこんなに膨らましていますからね”(^^)

 

 

さて、午後は横須賀沖へ移動。しかし、風波はますます強くなり、海面は白いウサギが跳び始め、穂先の当たりが取りづらい。

スピニング新フグ竿

新フグ竿にも美味しい思いをさせようと、さかんに空合わせを繰り返すが食って来ない。船は波を避けて午後2時頃、住友ドックを目の前に見る本日最後のポイントへ。

住友ドック前

海が悪くなって午後2時半、早揚がりしましたが、釣り終了の直前、空合わせにガツン!新フグ竿に待望の重みが乗りました。カットウ針に掛かったアカメは、まずまずの30cm。最後の最後に新フグ竿にも釣らせることが出来て、嬉しかったですね(^^)。

新年3尾目のアカメ

釣り初めの釣果

釣り初めの釣果は3尾。まずまずと言うべきでしょう。ちなみに、船中の釣果は1~7尾。右隣りのミヨシの方は11時過ぎにおでこを脱出しましたが、驚いたのは反対側の右ミヨシの方。やはり11時半までは、おでこだったそうですが、午後の風波が強い中、連発モードで船中トップの7尾を記録したそうな。どういう潮時の巡り合わせなのか、地獄から天国への見事な脱出というしかありませんね(^^;;)

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

 ↓是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

いつも応援有難うございます(^^)

コメント (22)