東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

シーズン終盤のアカメ狙い出陣!

2019-03-04 23:00:37 | フグ

 ひなまつり前日の2日(土)、横浜・金沢八景の湾フグの定宿「野毛屋」へ。釣行は1月中旬の初釣り以来だから、1か月半ぶりだ。冬場は寒いので、年輩はつい出不精になる(^^♪。

京急の車内広告

地下鉄から上大岡駅で京急に乗り継ぐと、車内広告に目が止まった。「三浦海岸河津桜とまぐろ満喫の旅」とあり、魅力的な行楽ではあったが、当方のミッションはシーズン大詰めのアカメ狙い。アカメはトラフグに勝るとも劣らない絶品フグで、大型が掛かると重厚な引きが堪らない♪。

船宿「野毛屋」

午後フグ船「第三忠丸」は定刻の午後0時半に岸払い。当方は右舷トモ2番手に陣取り、ヤル気満々。

俊之船長

俊之船長の午後船は定刻に岸払いしたが、当日は八景沖でも本牧ふ頭を望む小柴・富岡方面へ出撃。この海域を小刻みに流して魚を探ったが、いつになく船中沈黙が続いた。

八景沖一帯

右舷の釣り客

※フグ竿のPE新調♪

PE新調のフグ竿

当日の竿は健流コンセプト5。道糸のPEが新調してから1年経ったので、D社のシリーズ「紅牙」から「メガセンサー」に切り替えた。アカメはたまに特大が掛かる。そんな大物はPEの高切れごときでバラしたくない(^^♪。

※沈黙破る船中第1号!

船中第1号

釣り開始から2時間近い午後2時半、右舷ミヨシ2番手がついに本命をゲット!待望の船長のアナウンスが流れた。船中では殆どの客が赤エビのエサが盗られず、仕掛けを上げるたびガッカリしていたが、第1号を釣った人は2連発!さらに3尾目は大型を仕留め、バケツに羨ましい本命が泳いでいた。

※癒しのイイダコ

当方、最後まで悔いのないよう誘いを励行したが、とうとうアカメとの遭遇は叶わず、沖揚がりを迎えた。反対側の左舷でもアカメを2尾釣った人が1人いて、船中での釣果は計5尾にとどまり、殆どは“おでこ”(涙)。当方、釣れたのはイイダコ1匹のみ。

※アカメ乗合はほぼ閉幕!

船宿の朝出船のフグ船「第一忠丸」は今週8日(金)からは大貫沖のショウサイ狙いに切り替えるとか。午後船も連日釣れないので今季のアカメ乗合はほぼ閉幕!

※イイダコで晩酌♪

当日は外道の方もムシガレイやサメなどで寂しく、海底でも季節が変わって来ているのを実感した。アカメの正式名称はヒガンフグ。春の彼岸の頃に産卵するので、その名が付いたとか。間もなく産卵の季節。種の保存活動が無事行われるよう祈りたい♪

イイダコの煮付け

フグ釣りにハマって13年目。フグの土産が持ち帰れないのは滅多にない椿事だし、唯一釣れた魚が外道のイイダコなどとは記憶にない。イイダコは5匹くらいまとまれば、土産にすることがあるが、今回は本日4日(月)、1匹だけのイイダコを有難く、晩酌の肴で頂いた(^0^)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 横浜の田園都市にも春が来た♪ | トップ | “ハマのアメ横”をぶらり散歩♪ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (もと)
2019-03-05 21:04:53
アカメも終盤に入り厳しい状況ですね。
オデコも結構出ていますからねぇ。

私も先月オデコになってしまい、27日に
リベンジして何とか1匹釣れましたが
厳しかったです。
もとさんへ (fu-goo-log)
2019-03-05 23:52:41
コメント有難うございます。苦戦は覚悟の釣行でしたが、エサが全く盗られないのでお手上げでした。

湾フグはこれから暫くは大貫沖に舞台を移し、4月の声を聞いたら今年もトラフグ狙いになるのかどうか注目したいと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フグ」カテゴリの最新記事