東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

「敬老の日」は何だか違和感(^^♪

2019-09-18 23:22:46 | フグ

 去る16日(月)は祝日{敬老の日}。国の推計によると、日本の65歳以上の高齢者は3588万人で過去最多を更新、総人口に占める割合も過去最高の28.4%で世界最高とか。一方、働く高齢者は去年現在862万人で、働く人全体に占める割合は12.9%で、こちらも過去最高を更新したという。かつては60歳が「還暦」という人生の大きな節目であり、職場の定年の目安とされてきたが、今やすっかり様変わりだ。

※敬老パスの更新

新規の敬老パス

今月、横浜市から新しい「敬老パス」が届いた。横浜市内なら民間のバスも市営地下鉄も、それに東京湾沿いに走るシーサイドラインも無料というのはとても魅力だ。古希の70歳に達した今年1月に敬老パスが送られて来たので、今回はその更新だった。東京湾へ釣りに出かける際は、京急「上大岡駅」まで市営地下鉄を利用するのでとても有難い♪。

横浜市営地下鉄

※「敬老」に戸惑い(^^♪。

さて、令和初の「敬老の日」のことだ。文字通り高齢の人たちの健康を祝う日だ。当方も今年古希を迎えたので昔流なられっきとした高齢者だったが、気恥ずかしいというか、我ながら違和感があった(^^♪。幼い頃に見た祖父や祖母は体が小さいのに威厳があった。三重県の田舎で長年、山林や田畑を耕して来たおじいさんとおばあさん。夏休みで孫が里帰りすると喜んでくれたが、当時70歳台の祖父母の顔や手の皺には長年の苦労が感じられた。翻って自分はどうか。毎朝、鏡に映るのは、ただの“おっさん”だ。祖父たちの苦労がどこにも見当たらず、孫として申し訳ない気もする。やはり、敬老の日はこそばゆい(^^♪

※70歳台もヤル気マンマン!

65歳以上で働いている人は働く人全体の12.9%とか。当方もその一人だろう。定年後、週に2~3回の仕事をして5年余り経ったが、まだまだヤル気マンマンだ。おじいさん、おばあさんのあの時代とは様変わりした日本。少子高齢化社会はこれから様々な困難に当面するだろうが、シニア世代も精一杯支えて行きたい(笑)。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^) 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の味覚サンマに赤信号!? | トップ | 結婚記念日はフグでお祝い♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フグ」カテゴリの最新記事