東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

梅雨に“白いダイヤ”を愛でたい♪

2019-06-14 21:12:51 | フグ

 関東地方も今月7日(金)に梅雨入りして以来、本日14日で1週間。昨日13日は珍しく梅雨の晴れ間で洗濯日和に恵まれたが、大抵この季節らしい空模様が続く。横浜市北部にある当地青葉区でも街角のあちこちをアジサイが彩っている。

住宅地のアジサイ

梅雨時は空の色はグレイで空気もジメジメ、鬱陶しい。しかし、年輩になり、東京湾の船釣りに繰り出しているうち面白い釣り物を発見♪。それがフグ釣りだった。釣り情報誌によく使われるキャッチフレーズ“釣って楽しく食って美味しい”魚の代表バッターだ。勿論、フグ刺しも旨いしフグ鍋も旨い!近年、東京湾のフグの世界はアカメが台頭して久しく、さらにここ数年は春にトラフグ乗合も出船するようになったが、本家本元は大貫沖のショウサイフグ。

ショウサイと白子

このフグは実に不思議だ。フグの仲間は大抵、内臓に毒を持っているがショウサイの精巣、“白子”は100%安全安心なのだ。産卵活動は梅雨時に五月雨式に行われるようだ。シーズンを控えて、“おませ”なオスたちは早々と春から白子を持ち始める

生の白子

白子の珍味はモテモテだ。中には“白いダイヤ”と激賞するマニアもいて、当方もその一人かも(^^♪。さて、この白子をどう食するか?基本は沸騰した熱湯で茹でることだ。茹で方は定宿、金沢八景「野毛屋」の健太郎船長が自身のブログで紹介しているので参考にして頂ければ幸いだ。

白子ムニエル♪

私自身の一番のお気に入りはムニエル。①茹でた白子に小麦粉をまぶし、②フライパンにオリーブ油かサラダ油を軽く敷いて炒める。③自分の好みでゴマなどをトッピング♪ 出来たムニエルは外はカリカリ、中はとろ~り♪。晩酌でこの白子ムニエルを賞味するなら、お酒はビールかホッピーが好きだ

冷酒とポン酢和え

こちらは茹でた白子のポン酢和え♪ 薬味はポン酢に、もみじおろしと刻み葱。こちらもビールやホッピーだってお奨めだが、当方はポン酢和えなら冷酒のオンザロックで決まり!生の白子をポン酢和えにしたらイケルのでは?と言われても、それは困る。試したことがないからだ(^^♪。

大貫沖の野毛屋フグ船

関東の梅雨明けは例年7月21日頃なので、これから1か月余りが白子シーズンの盛期。梅雨時に重なり、空模様が気懸りな季節だが、晴れ間に釣行、白いダイヤを愛でたい!

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ にほんブログ村 

 いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 懐かしきわが青春の徳山へ♪ | トップ | 「70歳のたしなみ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フグ」カテゴリの最新記事